2401views

「とり過ぎタイプ」さん「ため込みタイプ」さん、あなたのタイプはどっち? タイプ別ワンポイントアドバイスとおすすめ漢方薬

「とり過ぎタイプ」さん「ため込みタイプ」さん、あなたのタイプはどっち? タイプ別ワンポイントアドバイスとおすすめ漢方薬

4月は新しいことをスタートする方が多い季節ですね。
新社会人や新入生、ご家族の皆さま、おめでとうございます!
そしてこの時期は、薄着になる夏に向けて、冬に蓄えてしまった余分な脂肪をどうにかしなくては…とダイエットを意識しはじめる女性も多い季節もあるのではないでしょうか?
そこで今回は、ダイエットにチャレンジしたいと考えている方に、知ってほしい「太りやすさのタイプ」とワンポイントアドバイス、タイプ別のおすすめ漢方薬をご紹介いたします。
ぜひダイエットの参考にしてみてくださいね!

■あなたのタイプはどっち?

体重が増加する原因は、大きく分けて、食べる量が多い「とり過ぎタイプ」か、食べた物を体内でうまく利用できない、排出できない「ため込みタイプ」のどちらかだと考えられます。両方のタイプが絡み合ってより太りやすくなっているケースもありますが、それぞれの体質に合った改善方法を取り入れることが大切です。

それではまず、ご自身が「とり過ぎタイプ」なのか「ため込みタイプ」なのかチェックしてみましょう。

【とり過ぎタイプ】

□ 体力がある
□ 肉づきが良い
□ のぼせやすい、顔が赤い
□ 胃腸が強い(よく食べる)
□ おなか周りの脂肪が気になる
□ 便秘がち
□ 冷たい物を好む

【ため込みタイプ】

□ 体力がない(疲れやすい)
□ 下半身に脂肪がつきやすい
□ 食べなくても太る
□ 若い頃は痩せていた
□ 胃腸が弱い(消化が悪い)
□ 暑くもないのに汗をかく
□ 色が白い
□ 温かい物を好む

【とり過ぎタイプさんへのワンポイントアドバイス】


■運動■
比較的体力があるので、アクティブに動くことを習慣にするのが良いでしょう。たとえば、通勤で長めの距離を歩いたり、駅の階段を利用したりと、とにかく毎日体を動かすことが大切です。好きなスポーツやランニング、筋トレなどを習慣化できるとなおいいでしょう。
おうちスペースで筋肉トレ! -いつでも温めエクササイズ-

■食事■
カロリーの高い、ご飯やパンなどの炭水化物、甘いものを食べ過ぎないようにしましょう。食べる順番を意識するだけでも変わってきます。まずは、野菜や汁物を。次に肉や魚などのおかず、最後にごはんなどを食べるように工夫してみましょう。また、辛い物や味の濃い物は食欲を増進してしまうので、味付けはあっさりめがおすすめ。ゆっくりよく噛んで食べることでも満腹感が得られやすくなります。

■おすすめ漢方薬■
ツムラ漢方 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)エキス顆粒(第2類医薬品)
■便秘ぎみ、脂肪太りタイプさんに■
効能・効果
体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:
高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症
こんな漢方薬です
この漢方薬は、便通を良くしたり、脂肪の代謝を高めたりすることで、肥満症の薬として知られています。体力があって、暴飲暴食など、食べ過ぎが原因で、おなか周りの脂肪がとくに気になる人、便秘がちな人に向いています。便秘がない方が飲まれると下痢になってしまうケースもあるため、注意が必要です。
防風通聖散について詳しく知りたい方はこちら

【ため込みタイプさんへのワンポイントアドバイス】


■運動■
代謝が悪いため、エネルギー不足になりがち。エネルギーを消耗するような激しい運動よりも、ストレッチやヨガなどで筋肉を伸ばしたりほぐしたりすることで、血行を良くし、じっくり代謝を高めましょう。このタイプは下半身に脂肪がつきやすいので、スクワットなど太ももやふくらはぎの筋肉を鍛えるといいですよ。また、むくみが気になる方はむくみ対策をする事で、体重にも変化があらわれるかもしれません。
体重増加の原因は水分かも!?むくみによる水太りの改善方法をご紹介します!

■食事■
バランス良く3食をきちんと食べ、消化を良くする食事を心がけましょう。
厚生労働省も、「栄養3・3運動」という運動をすすめており、1日に必要な栄養素を摂取するには1日3食を理想としています。エネルギー代謝アップのために、特にたんぱく質を欠かさないようにしてください。少量でも3食しっかりと摂るのがコツ。カロリーだけを気にして、ひとつのものだけを食べ続けたり、食事の代わりに甘い物だけを食べたりするのは、栄養バランスが偏るためおすすめできません。献立は主菜1品+副菜1~2品、または主菜1品+副菜1品+汁物1品にすると、自然とバランスをとることができます。

■おすすめ漢方薬■
ツムラ漢方 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)エキス顆粒(第2類医薬品)
■とくに下半身のむくみが気になる、水太りタイプさんに■
効能・効果
体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:
肥満に伴う関節の腫れや痛み、むくみ、多汗症、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)
こんな漢方薬です
この漢方薬には、体内の余分な「水」を体外に排出させたり、体内の「水」のバランスを調整したりするはたらきがあります。色白で筋肉がやわらかい、いわゆる水太りタイプの方に適しています。疲れやすく、暑いわけでもないのに汗をかきやすい、足がむくみやすいといった人におすすめです。下剤の成分は入っていません。
防已黄耆湯について詳しく知りたい方はこちら

あなたはどちらのタイプでしたか?
ぜひ取り入れられそうな習慣から取り入れてみてくださいね!

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

ダイエット カテゴリの最新ブログ

ダイエットのブログをもっとみる