1032views

髪の毛がパサパサする原因とは?日常でできるヘアケアを紹介

髪の毛がパサパサする原因とは?日常でできるヘアケアを紹介


髪が乾燥すると見た目がパサついてしまうだけでなく、髪の毛がうねったり広がったりと手に負えない状態になってしまいます。これではやりたいヘアスタイルが決まらず、おしゃれもなかなか楽しめないですよね。
実は、シャンプーの使い方や髪の乾かし方といった普段のお手入れが、髪の毛の状態を左右します。
今回は、髪の毛がパサパサしてしまうメカニズムや原因、そして髪の毛の乾燥対策についてお伝えします。


なぜ髪の毛はパサパサするの?




髪の毛はなぜ乾燥するとパサついてしまうのでしょう?
まずは、髪の毛が乾燥するメカニズムについて説明します。

髪の毛はとても細いので、肉眼では1本の糸のようにしか見えませんが、実は3層構造になっています。中心の芯となる「メデュラ」、この周りを取り囲む「コルテックス」、もっとも外側にある「キューティクル」です。内側から外側に向けてメデュラ、コルテックス、キューティクルという順番で存在しています。 このうち、コルテックスとキューティクルが、髪の毛の乾燥に大きく関係しています。コルテックスは髪の毛の約90%を占めており、水分を保持する働きを持っています。
キューティクルはコルテックス部分の成分が外に流出しないように覆っているイメージです。

ドライヤーの熱やヘアカラー剤などの影響によってキューティクルが開いたりはがれたりすると、コルテックスに含まれる水分が蒸発してしまいます。その結果、髪の毛が乾燥し、パサパサしてしまうのです。



パサパサ髪をしっとり洗い上げる|シャンプー編




シャンプーにはいくつかの種類がありますが、そのなかから自分に合うものを選ぶことが大切です。 パサついた髪の毛には、保湿力の高いアミノ酸と髪の毛をすっきり洗ってくれる石けん成分がバランスよく配合されたシャンプーが合っているでしょう。
ほかにも、髪の毛を保護してやわらかくする植物性オイル配合のシャンプー、髪や頭皮への負担を考えたノンシリコンシャンプー、植物由来成分を使用したボタニカルシャンプーなどがおすすめです。

パサつきに潤いを|トリートメント・ヘアマスク編




トリートメントやヘアマスクは髪の毛を健やかに保ち、水分や栄養分の補給をするために用います。トリートメントは普段使いに、ヘアマスクは集中お手入れ用に週1~2回の使用が目安です。両方を同時に使う必要はありません。


髪の毛を刺激から守ってみずみずしい質感へ


髪の毛はカラーやパーマによるダメージだけでなく、ドライヤーやシャンプー、紫外線などさまざまな要因からキューティクルが損傷し、乾燥しやすくなります。 髪への負担を考えたシャンプーや、髪の内部まで浸透補修するトリートメント・ヘアマスクを使って、キューティクルを開きっぱなし、はがれっぱなしにしないことがとても大切です。普段何気なく行っているお手入れが、もしかしたら髪の毛の乾燥を進めているかもしれません。正しい乾燥対策を行って、パサパサ感のない、みずみずしい健やかな髪を手に入れてくださいね。


↓↓↓もっと詳しく知りたい方はこちらから↓↓↓
BOTANIST journalで続きをよむ

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

シャンプー・コンディショナー カテゴリの最新ブログ

シャンプー・コンディショナーのブログをもっとみる