510views

ミントベージュスキン、という新しい概念

ミントベージュスキン、という新しい概念

長い間、合うファンデーションの色が存在しない問題にずっと悩まされてきた。
どれを買っても顔だけ赤かピンクか黄色かオレンジか黄土色になる。

私がファンデーションに求めている色は
赤でもないし、ピンクでもないし、黄色でもないし、ピーチでもないし、オリーブでもない。

市販品で一番近いのは低彩度のニュートラルベージュだけれど、
ブランドによって色展開が存在しないことも多い。
少なくともCHANELには色の合うファンデが存在しない。

一体いつになったら首と色が合うファンデが出るんだと。
そんなこんなでもう諦めて、日焼け止め+コンシーラー+お粉で済ましていた。


で、最近何となく買ったミント下地で覚醒した。





赤み消しとして売られているコントロールカラーなのは承知の上ですが、
私の肌色の場合、保湿によって首よりも暗くなっていた顔色が
綺麗に元の色に戻って首とピッタリ繋がる。

今まではこんなメルヘンな色を自分の顔に乗せるのにかなり抵抗があって。
なんなら「これって人間の顔に付ける色として正解なの?」とすら思っていたし。



例えば、トーンアップが目的なら白浮きする日焼け止めを塗ればいいはずですが
それだと顔と首のベースの色が合わず、顔だけ白いので違和感がある。

水色の下地では死にそうな顔色になり、
ラベンダーの下地では形容しがたい地獄のような顔色になり、
ピンクの下地では顔だけピンク豚になり、
イエローの下地では顔だけ黄色いヤバイ人になる。

しかしミント下地は付けて伸ばすと素肌と完全に同化する。
むしろ同化しすぎて付けていることすら忘れてしまう。
試しに多めに顔に塗っても違和感がない。


オリーブではなく「ミントがベースのベージュ色」という肌色の概念があるんだなあと。

自分の肌にはミントのコントロールカラーをファンデーションとして使って
CHANELのプードゥルユニヴェルセルリーブルで仕上げるのがベスト。
目から鱗。なんで今まで気付かなかったのだろう。


コンシーラーを使う場合、そのままでは色が合わずおかしなことになるので
ミント下地を混ぜてから綿棒で付けてぼかしたら綺麗に隠れた。





そして顔と首の色が綺麗に繋がったお陰で、
このハイライトが滅茶苦茶ナチュラルに映えるようになった。




指でトントン付けてぼかすだけで超自然。やっと自分の肌色を手に入れた。
ピンクの部分は使わずにグリーンとブルーだけを混ぜている。
肌色が整ったお陰でリップなどの色物も映える。




_________________


ナチュラクターメイクアップベース#グリーンは色もつき方もバッチリだけど
問い合せたところ、「SPF効果はないから日焼け止めも買ってくれ」と返信を頂き、
おまけに香料が強く、付けている間中ずっと頭痛がするので他のメーカーも試すことに。

ちょっと前に
コーセー/サンカットトーンアップUVエッセンス#ミントグリーンも買ったのですが
あちらも香りが強く、マスクをすることで香料責めに遭うので顔面への使用は無理だった。



で、@cosme shoppingが楽天でもポイント10倍やってたので
試したいミント下地を3つ注文しておいた。





ショップ内検索で出てきたものを4,000円分買っとこ、ってことでこの3つに絞った。
イベント繁忙期っぽいのでいつ届くかわからないけど。

買う前に成分表と製造国と@cosmeのクチコミは確認。
成分表にエタノールが上方に書かれているものは全部除外。

選択肢に一応(ミント下地の品揃えが多いので)韓国コスメもあったのですが、
一度も買ったことないのでネットで気軽に買うのは止めておこうと思い、
そちらも今回は除外とした。


で、爆速で到着。
金曜夜に注文して日曜の朝に支払いしたら月曜朝に届いた。

アットコスメショッピングさん、日曜日も働いてる…。






また苦手なブランドごちゃ混ぜ画像。


CHANELさん、頼むからミント下地出して。
CHANELが出さないから私の持ち物がどんどんカオスになっていく。






ミント下地と言ってもメーカーによって色合いは様々で面白かった。





全顔をパーツ分けして3つに分けて塗って1日様子をみた。
結果、今回アットコスメで購入した3つは全部当たり。

無香料が1つ、
ラベンダー精油香料(ほぼ感じない)が1つ、
フローラル系合成香料付きが1つだったけれど、
どれも香りは全く気にならなかったし、色も自然で良かった。

手持ちの基礎とも相性が良く、どれもモロモロが出ることはなかった。
3つとも日焼け止め効果も表示されているのでもう顔用の日焼け止めもいらない。
メイクを落とした後もどれも肌ダメージがなかったのでひとまずこの3本は当たり。


「舞妓はん」という名前のやつと「毛穴パテ職人」という名前のやつは
どちらも株式会社ノエビアが作っているものだった。

舞妓はんの方はラメが少し入っていて微妙にキラキラ光るのでちょっと蛇足かなあと。
あまり気にならないので特に不満はない。





長年の疑問だったので自分で納得出来て本当に良かった。

同じ悩みを抱えている同じ肌タイプの方が目にしてくれたら良いのですけど。
私のように自覚が無い人も結構いるのかも。






このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

美容のお悩み カテゴリの最新ブログ

美容のお悩みのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:6/17~6/23)

プレゼントをもっとみる