548views

「漢方ってなに?」皆さんの疑問にお答えします!~特長や西洋薬との違い編~

「漢方ってなに?」皆さんの疑問にお答えします!~特長や西洋薬との違い編~

 今回のブログでは、皆さんが感じていらっしゃる漢方の疑問や、よくいただく質問にQ&A形式でお応えしていきたいと思います。
 第1回目の今回は、そもそも漢方(漢方医学)ってなに?という質問から、漢方薬と合成された薬(西洋薬)やサプリメントとの違いに関する疑問にお答えしていきます。
「第2回「漢方ってなに?」皆さんの疑問にお答えします!~効果や飲み方~」について詳しく知りたい方はこちら

■ 漢方とは
Q.そもそも漢方(漢方医学)ってなに?
Q.漢方(漢方医学)の特長ってなに?

■ 漢方薬とは
Q.漢方薬と合成された薬(西洋薬)はなにが違うの?
Q. 漢方薬と生薬(しょうやく)はなにが違うの?
Q.ドラッグストアなどで買える漢方薬とお医者さんでもらう漢方薬はなにが違うの?
Q.漢方薬ってサプリメントとなにが違うの?
Q. 漢方薬ってどこで売ってるの?

■ 漢方とは

Q.そもそも漢方(漢方医学)ってなに?
A.日本独自で発展した日本の伝統医学です。
 現代医療で用いられている漢方医学や漢方薬は、中国の伝統医学である中医学を元に、約1400年かけ
て、日本国内の風土や気候、日本人の体質やライフスタイルに合わせて、独自の発展を遂げた医学です。「漢方」という名称は、西洋医学である「蘭方」と区別するために名付けられた と言われています。

Q.漢方(漢方医学)の特長ってなに?
A.ここでは3つの特長をご紹介します。
1、自然治癒力を高める
 漢方医学は自然治癒力を高めて体調を整える医療です。
そのため漢方薬は、患部だけでなく、全身の状態を改善することを目的としています。

2、個人に合わせたオーダーメイドの医学
 漢方医学は個人の自覚症状や体質をみて、からだ全体のバランスを整えていくオーダーメイドのよう
な医学です。
そのため、同じ病名でも患者さんによって飲む薬が異なります。
これを「同病異治」といいます。
 逆に、ひとつの薬がさまざまな病気に応用されることもあります。
これを「異病同治」といいます。
体質や病態に合わせた治療が基本となるのが漢方医学です。

3、心と身体はひとつと捉えます
 漢方医学では「心身一如(しんしんいちにょ)」という考え方があります。
「心と身体はひとつ」と総合的に捉えます。
漢方薬は身体だけでなく心も含めたからだ全体のバランスを整えることで、心身ともに健康へと導き
ます。

■ 漢方薬とは

Q.漢方薬と合成された薬(西洋薬)はなにが違うの?
A.漢方薬は多成分ですが、西洋薬は、基本的には単一成分です。
 漢方薬は複数のさまざまな成分が含まれている生薬(しょうやく)を組み合わせ、それぞれの生薬がはたらき合ってからだ全体を整えていくため、多様な症状に効果を発揮します。
 漢方医学は、患者の病状(訴え)や体質を重視し、それを見ながら薬を処方します。
そのため、体質に由来する症状(機能性の生理痛や冷え症、虚弱体質など)、検査に現れにくい不調(更年期障害の症状)などの治療を得意としています。
 西洋薬の多くは、起こっている症状に対処する有効成分を中心として作られています。
血圧を下げる、細菌を減らす、熱や痛みをとるといった目的に対して、ピンポイントに効く治療薬によっ
て、症状などを抑えるのに優れた効果を発揮します。
 西洋医学では、主に検査を重視し、その検査結果から病気の可能性を探ったり、治療法を考えたりしま
す。
検査結果や数値などにしっかり表れるような病気を得意とします。

Q. 漢方薬と生薬(しょうやく)はなにが違うの?
A.生薬とは漢方薬を構成する原料です。
 生薬とは、植物の葉、茎、根などや鉱物、動物のなかで薬効があるとされる一部分
を加工したものです。(加工とは、切る、乾燥する、蒸すなどをさします。)
 漢方薬とは、漢方医学の考え方にもとづき、基本的には2種類以上の生薬を定められた量で組み合わせた薬のことです。
 例えば、漢方薬である葛根湯(かっこんとう)は、7種類の生薬から構成されています。

Q.ドラッグストアなどで買える漢方薬とお医者さんでもらう漢方薬はなにが違うの?
A.ツムラの漢方薬(漢方製剤)は使われている生薬(しょうやく)や組み合わせは一緒ですが、効能・効果や用法・用量が異なります。
 薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている漢方薬(一般用漢方製剤)は、基本的に病院で処方される漢方薬(医療用漢方製剤)から用量を調節しています。これはドラッグストアなどで購入できる漢方薬は、お客様がご自身の判断で購入されるケースがあることから安全性を重視しているためです。
 また、病院でもらう漢方薬と市販の漢方薬では、処方の名前が同じでも、用いられる病気が違うことも
あります。

Q.漢方薬ってサプリメントとなにが違うの?
A.漢方薬は治療を目的とした、医薬品です。
 大きな違いは、漢方薬は病気の治療や改善に用いる医薬品であり、サプリメントや健康食品は
健康維持と健康増進に用いる食品であることです。
 漢方薬は原則として2種類以上の生薬を、決められた分量で組み合わせて作られたものです。
漢方医学に基づいて、用いる条件も細かく定められており、治療効果のある医薬品として正式に認めら
れています。
 一方、サプリメントや健康食品は、日常の心がけとして、健康の保持増進に用いられます。
健康食品のなかには、国が定めた特定保健用食品、栄養機能食品などがありますが、いずれも食品なので、病気の治療には用いません。

Q.漢方薬ってどこで売っているの?
A.市販の漢方薬(一般用漢方製剤)はドラッグストア、薬店・薬局などで販売しています。
 ツムラ漢方の取り扱い企業さまについては下記の一覧をご参考ください。
ツムラ漢方取り扱い企業さま一覧はこちら
 一部、お取り扱いのない店舗もございます。詳しくは、お近くの店舗までお問合せください。

「第2回「漢方ってなに?」皆さんの疑問にお答えします!~効果や飲み方編~」はこちら
【目次】
■ 漢方薬の効果・副作用
Q.漢方薬ってどれくらい飲めば効果があるの?
Q.漢方薬は副作用がないって本当?

■ 漢方薬の飲み方・飲み合わせ
Q.漢方薬っていつ飲めばいいの?
Q.飲み忘れてしまったら2回分一緒に飲んでもいいの?
Q.お茶やジュースで飲んでもいいの?
Q.漢方薬を2種類以上、飲んでもいいの?

■ 妊産婦や小児の服用
Q.妊娠中でも漢方薬は飲めるの?
Q.授乳中でも漢方薬は飲めるの?
Q.漢方薬って子供でも飲めるの?


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

ライフスタイル カテゴリの最新ブログ

ライフスタイルのブログをもっとみる