762views

漢方薬で“なんとなく不調”に『気』からアプローチ【KiiTa夏号のご紹介】

漢方薬で“なんとなく不調”に『気』からアプローチ【KiiTa夏号のご紹介】


 ドラッグストアの店頭で無料配布しているドラッグストア情報誌KiiTa夏号に漢方薬の特集記事が掲載されましたので、ご紹介いたします!

今回は、「なんとなく優れない」「疲れがとれない……」など、現代人に付きまとう〝なんとなく不調?
今回は、そんな不調に『気』からアプローチする方法をお伝えします。

■゛なんとなく不調 ”と『気』の関係性

 新型コロナウイルスの感染拡大が長引く中、ライフスタイルの変化が体調にも影響しがち。
病気というほどではない〝なんとなく不調?を抱える人が増えているようです。
「目の疲れや肩こりは、コロナ禍のストレスや運動不足で、血流が悪くなっていることが原因かもしれません。特に女性の〝なんとなく不調?には、カラダの冷えが大きく関係しています」
と話すのはイシハラクリニック副院長の石原新菜先生。
「昔から『冷えは万病のもと』と言われるように、『血』の巡りが悪くなると、心とカラダを動かすエネルギーである『気』の巡りも悪くなります」
『気』が乱れるとカラダにどんな影響があるのでしょうか。
『気』が乱れると寝つきが悪くなり、睡眠の質が低下します。不眠は自律神経の乱れを引き起こすため、その他の゛なんとなく不調 ”を招いてしまうことも」
ランキングを見ると約2人に1人は眠りに悩みを抱えているという結果が。睡眠の質を上げる方法はあるのでしょうか。
「ウォーキングなどの軽い運動、カラダを温める入浴、生姜やシソ、シナモンといった『気』を巡らせる食材もおすすめです」
自分に合った方法を取り入れてみましょう。

イシハラクリニック 副院長
石原新菜 先生
食事指導、漢方薬の処方を中心とした診療を行う。
わかりやすい医学解説と親しみやすい人柄から、講演やメディア出演も多数。
さらに、執筆活動も行うなど幅広く活動中。

■ こんな方には、漢方薬という手も!


1、心とカラダを一緒に改善したい
漢方薬では、心とカラダは一体とみなし、カラダに出る症状だけでなく心の症状も同時に改善するのが特徴です。不安や心配事が多く、気分が落ち込んだり、イライラしたりと気持ちが落ち着かない方や、心身共に疲れきっているのに眠れない方にも。

2、複数の症状を同時に改善したい
体力の低下を伴う倦怠感、消化能力の低下、寝汗など……、一見バラバラに見えますが、これらは同じ漢方薬で対処することがあります。漢方薬では、異なる症状でも同じ漢方薬を使用できるので、複数の症状で悩んでいる方とも相性◎。

3、明らかな異常はないのに不調を感じる
心臓が悪くないのに動悸がする自律神経失調症気味の方、いつも手足が冷たく、しびれている方などは、病気とは言えないけれど健康ではない状態。そんな原因がよくわからない不調にも漢方薬を。病気一歩手前の段階で使用できるのも特徴です。

『気』を整える漢方薬を pick up

気持ちが落ち着かず、眠れない……
ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒(第2類医薬品)
 疲れやすく、イライラしがちで、気分が不安定になりやすい方に。
神経を安らかにして、血の巡りを良くする働きを持つ漢方薬です。
体力が中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、時に便秘傾向のある方の冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、不眠症などに。

なんとなく疲れが残っている……
ツムラ漢方補中益気湯エキス顆粒(第2類医薬品)
 疲れやだるさがとれず手足が重く、食欲がわかない方に。中(胃腸の働き)を補い、気(元気)を益す(増強する)という働きが処方名の由来。
かぜが長引いたり、病後の回復が思わしくない時にも。
体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすい方の虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振などに。


■ 選ぶポイントにもなる素材の「質」

 漢方薬は食材と同じく、素材の「質」に注目することが大切です。自然の植物や鉱物からなる漢方薬は、栽培する時期や環境によって成分に「ばらつき」があります。
しかし、ツムラでは“漢方の品質は畑から”をモットーに、厳しい基準を定め、それに合格した生薬のみを使用。
さらに独自の製造ノウハウによって、ばらつきのない均質性の高い漢方薬を製造、出荷しています。


詳しく知りたい方はKiiTaオフィシャルサイトをチェック
電子書籍でKiiTa夏号の閲覧が可能です。


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

美容その他 カテゴリの最新ブログ

美容その他のブログをもっとみる