1446views

【梅雨の雨や湿気で気になる】髪のうねり対策を4つ紹介☆

【梅雨の雨や湿気で気になる】髪のうねり対策を4つ紹介☆

こんにちは、haru企画担当の稲吉です(*^^*)

雨や湿気でジメジメするこの時季。
「せっかくストレートにしたのに、
目的地に着くころにはボサボサ」
「髪のうねりが目立つ・収まらない」

という方が多いのではないでしょうか?


私自身がまさにその通りで、
雨の日は【髪のうねり】や【広がり】で梅雨は本当に憂鬱でした(T_T)
でも、ヘアケアを少し見直しただけで梅雨でも悩みなく過ごせるようになったんです♪

そこで今回は、梅雨の時期特に気になる
髪悩みを少しでもクリアにできるよう、
おすすめのケア方法をご紹介したいと思います!
-------------------------------

①ドライヤーで根元までしっかりと乾かす



髪のうねりは
「ダメージによるキューティクルの剥がれ」「水分バランスの乱れ」が原因の一つといわれています。

そのため、しっかりとドライヤーで乾かして、キューティクルを守ることが大切!

キューティクルが剥がれた状態でいると、
ツヤの無いパサパサな髪に見えたり、
梅雨の湿気や汗で髪の毛1本1本の水分が均等にならずうねってしまうんです。

前日から丁寧に乾かすだけでも、翌朝の髪のまとまりが変わりますよ(^^)

過去にドライヤーの使い方をまとめているのでこちらも是非チェックしてみてください!
↓↓↓↓
【保存版!】改めて見直したいドライヤーの使い方
https://bb-blog.cosme.net/bid/1417/article-entry/preview

②お湯の温度をぬるま湯にする


シャンプーをするときは体温より少し温かいぬるま湯(だいたい37~38度)がおすすめです。

髪の毛は40度前後でキューティクルが開く性質があるため、お湯の温度が高すぎるとキューティクルが開き、髪に必要な水分が抜けてしまう可能性があります。

前述したように、髪のコンディションを保つには「水分バランスを整える」ことが大切!
是非今日のシャンプーから取り入れてみてください(^^)

◎頭皮環境を整える


他にも、うねりの原因として挙げられているのは「頭皮の毛穴ゆがみ」です。
毛穴が歪んでしまうと、そこから生えてくる髪もゆがむため、「うねり」になってしまうそう。
つまり「美しい髪を育むためには、まず土台である頭皮から整える」ことが重要なんです!

そこでおすすめしたいのが、

③頭皮マッサージ


頭皮をもみほぐして柔らかくすることで、
頭皮の血行がよくなります。

血行が良くなると頭皮と髪の新陳代謝もスムーズになるので、頭皮環境を整えるにはぴったり!

シャンプー中、手軽に取り入れることができるのでおすすめですよ。

以前に頭皮マッサージの方法を紹介した記事もあるので、是非チェックしてみてください♪
↓↓↓↓
今日からはじめられる!”ながらマッサージ”のすすめ
https://www.cosme.net/beautist/article/2382367

④頭皮ケアできるシャンプーに変えてみる


今ある悩みをクリアにするためには、お悩み合ったシャンプーに変えてみることもおすすめです!


haru「kurokamiスカルプ」は1本6役のオールインワンシャンプーです。
リンゴ果実培養細胞エキス、ハイブリッドローズ花エキス、カミツレ花エキス、ホップエキスといった頭皮を健やかに保つ成分が贅沢に配合されているので、頭皮ケアとしての機能も◎

合計33種類もの美容成分をたっぷり使っているので、頭皮環境を整えながら、きしみの無いさらさら・ツヤツヤな髪に導いてくれます。

-------------------------------
いかがでしょうか?
最後までご覧いただきありがとうございます。

日頃のケアを見直してみたり、季節やお悩みに合わせてケアすることで
1年中綺麗な髪を目指していきたいですね。
この記事で少しでも今の悩みがクリアになれば嬉しいです(*^^*)
-------------------------------

▼haruシャンプー(kurokamiスカルプ)
商品ページやクチコミへ


▼公式サイトへ




━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちょっとしたことを、ちゃんと。
がんばる女性のココロハレルを求めて。

haruオンラインショップ

LINE公式アカウント

Instagram公式アカウント
━━━━━━━━━━━━━━━━━


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

美容その他 カテゴリの最新ブログ

美容その他のブログをもっとみる

haru のブログ

haru のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ