401views

【夏本番!】日焼け止めの塗り方について

【夏本番!】日焼け止めの塗り方について

こんにちは、haru企画担当の稲吉です(*^^*)

梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。

みなさん、まだまだお家で過ごすことも多いと思うのですが、UVケアはしっかりできていますか?
私は先日、少しならいいかと日焼け止めを塗らずに外を歩いたんですが、
すぐに肌がヒリヒリして、改めて7月の紫外線の強さに驚きました(@_@;)


紫外線は日焼けするだけでなく、
肌の奥深くにあるコラーゲンやエラスチンなどのハリ成分に悪影響を及ぼし、たるみやしわを引き起こします。
また、メラニン色素を過剰に生成させることでシミの原因にもなるので、日頃のUVケアが重要なんです。

そこで今回は、紫外線による肌トラブルを少しでも軽くするべく、日焼け止めの塗り方について紹介いたします(^^)

-------------------------------
①正しい量を使用する。
日焼け止めは十分な量を塗らなければ効果がないため、 少し多いと感じても既定の量を塗ることが大切です。
適量をしっかりと馴染ませることで、紫外線からお肌を守ってくれます。

②顔や体全体にムラなくなじませる
日焼け止めは、顔や体全体にムラなく塗ることが大切です。
顔に塗るときは、まず両頬・額・鼻・顎の5点に日焼け止めをのせます。
中心から外側に塗り広げて、特に焼けやすい鼻や頬には重ね付けがおすすめです。
ポンポンと優しく叩きながらムラなく伸ばしていきましょう。
顔を塗り終えたら、うっかり日焼けしてしまうことが多い、首やフェイスライン・耳にも塗ってくださいね。

③2~3時間に1回は塗り直す
一般的な日焼け止めは、汗で流れてしまうため2~3時間に1回は塗り直しましょう。
こまめに塗り直すことでしっかりとUVケアできます。
もし中々塗り直す時間が無いときや、プールなどの日焼け止めが落ちやすい活動をする時は水や汗で落ちにくいウォータープルーフタイプを使用するのもおすすめです。

④毎日、日焼け止めを塗る習慣をつける
紫外線は、曇りや雨の日でも降り注いでいます。
また、窓を通して家の中にも入ってくるので、お出かけしない日でもケア欠かさないことが重要です。
例えば歯磨きと同じように、習慣になれば無理せずできそうですね♪

-------------------------------
いかがでしょうか?
紫外線は、様々な肌トラブルを引き起こすといわれているので、
毎日のケアの積み重ねが大切です。
面倒だなと思うことがあっても、これからのお肌のために習慣にしていきたいですね。

最後に、haruでは“スキンケアしながらUVケアもできる日焼け止め”
「スキンレストUV」を発売しています。


SPF50+、PA+++としっかり紫外線をブロックしつつ、100%天然由来、10の無添加

でお作りしているので、優しくて軽い付け心地の日焼け止めです。

※シリコン・合成ポリマー・カチオン界面活性剤・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸収剤・合成防腐剤・合成保存料は無添加


気になる方は是非オンラインショップをご覧くださいませ(^^)

▼商品ページやクチコミへ


▼公式サイトへ


━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちょっとしたことを、ちゃんと。
がんばる女性のココロハレルを求めて。

haruオンラインショップ

LINE公式アカウント

Instagram公式アカウント
━━━━━━━━━━━━━━━━━


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

日焼け・美白 カテゴリの最新ブログ

日焼け・美白のブログをもっとみる