1199views

\夏バテぎみの方必見/実は冷えが原因かも!?現代の夏バテ攻略法

\夏バテぎみの方必見/実は冷えが原因かも!?現代の夏バテ攻略法

みなさま、こんにちは。
全国的にも梅雨が明け、暑さ厳しい夏の到来ですね。
連日、真夏日が続いておりますが、体調など崩されていらっしゃらないでしょうか?

昨年に引き続き今年もマスクが手放せない日々が続いています。
ぐれくれも熱中症には、お気をつけください。

さて、今回のブログでは、夏バテぎみの方へ症状を改善するための生活習慣や症状別におすすめの漢方薬をご紹介いたします。

■夏バテの原因は暑さだけ?

夏バテは夏の暑さによる体の不調として知られていますが、現代の夏バテは、ただ単純に夏の暑さによるものだけではなくなっています。
暑さに加え、冷房による冷えや外との寒暖差などによる自律神経の乱れ、冷たいものの食べ過ぎ飲みすぎによる胃腸機能の低下など様々な要因が複雑に絡み合って起こっています。

そのため、涼しくなる秋ごろになっても症状が改善されず、長引かせてしまうケースが増えてきているのが現代の夏バテと言われています。

■夏バテの症状とは?

□体がだるい
□疲れやすい
□眠れない
□食欲がわかない
□体のむくみ
□お腹の調子が悪い、下痢をしやすい
□立ちくらみ・めまい
□熱っぽい、体のほてり
□頭痛
□イライラする

上記の症状でお困りの方は、体がバテはじめているサインかもしれません。

では、夏バテを改善するためには、どのような事をこころがけていけばいいのでしょうか?

■夏にこころがけたい生活習慣

ここでは、すぐに実践できるポイントについて3つご紹介いたします。

1、 寒暖差に要注意!室内での防寒対策は忘れずに

室内外の温度差が5度以上になると、自律神経が乱れやすいと言われているため、理想としては、外気温との差を5℃~7℃以内には抑えたいものです。
しかし、オフィスや公共の場などでは、設定温度を調節するのが難しい場合も多いかと思います。

そこで、防寒対策として、すぐに羽織れるカーディガンひざ掛けなどを常備しておきましょう。
冷え対策として効率よく体を温めるには3つの「首」である
「首・手首・足首」を温めるのがよいと言われています。

オフィスでは、ストールアームカバー靴下などを活用するのもおすすめです。
温活グッズについて詳しく知りたい方はこちら

2、 夏でもしっかり湯船に浸かる習慣を!

夏の入浴は、ついついシャワーで済ませがちですが、冷房の効いた部屋で一日の大半を過ごしていると、体は意外と冷えてしまっていることも多いんです。

夜の入浴習慣で一日の冷えをリセットすることはとても大切!

体を温める基本の入浴法は、ぬるま湯&ゆったり
38~40℃のぬるめのお湯に10分以上、できれば30分程度つかりましょう。
ゆったり入浴することで副交感神経が優位になり、リラックス効果も深まります。

特に冷えを感じた日は、温浴効果を高める入浴剤の使用もおすすめです。
おすすめの入浴剤はこちら


3、冷たいもののとり過ぎは要注意!バランスの取れた食生活を

キンキンに冷えたジュースやビール、そうめん、アイスクリームなど冷たいものが食べたくなる季節ですが、冷たいもののとり過ぎは、内臓の冷えによる胃腸機能の低下を招き、夏バテを悪化させる原因にも。

みぞおちのところを手で触ってみて、手よりも冷たい場合は、内臓が冷えているサインです。

冷たいものは適量を楽しみ、温かいお茶スープと組み合わせるなど、一日の中で調整するようこころがけましょう。

そして、夏の暑さで体力を奪われている時期だからこそ、バランスのとれた食事が大切です。

バランスの良い食事とは、適正なエネルギー量で、体に必要な栄養素を十分に摂取できる食事のことです。
献立を主菜1品+副菜1~2品、または主菜1品+副菜1品+汁物1品にすると、自然に栄養のバランスがとりやすくなります。

一日冷房の効いた部屋で過ごすときは、お味噌汁やスープなどの汁物を取り入れるといいでしょう。
外食やコンビニでお弁当を買うときも、この献立ルールを意識して、チョイスしてみてください。

■漢方から考える夏バテの原因

漢方では、からだの不調の原因は、「けつすい)」のバランスが乱れているからだと考えます。

」とは生態を維持する3要素で、この3要素がからだを上手く循環することによって生命が保たれます。この3要素にはそれぞれ以下の様なはたらきがあります。


「気」:目に見えない生命エネルギーや精神エネルギー。「気」は呼吸や食物によって作られる。

「血」:血液そのものや血液によって運ばれる栄養、熱を表します。

「水」:体内の液体のうち、「血」を除いたもののこと。

夏バテは、夏の暑さによって、体のエネルギーである「気」の消費が多くなったことで、量が足りなくなり、エネルギー不足になった状態と考えます。
更に、現代の夏バテでは、冷たいもののとり過ぎや冷房によって、内臓の冷えを引き起こします。
すると、胃腸機能の低下によって、体のエネルギーである「気」が、充分に生産さず、エネルギー不足を引き起こします。
この状態を漢方では「気虚」といいます。

【気虚の代表的な症状】
□ 疲れやすい、やる気が起こらない
□ だるさ、けん怠感を感じる
□ 日中や食後に眠くなる
□ 食欲がない
□ かぜを引きやすい

また、冷たいもののとり過ぎは体に余分な「水」をため込み、バランスを崩す原因となることも。
漢方ではこの状態を「水毒」といいます。

【水毒の代表的な症状】
□ 下痢をしやすい
□ からだのむくみが気になる
□ めまいや立ちくらみがする
□ 頭痛や頭重感(頭がダル重い)が多い
□ 耳鳴りがする
□ 冷え症である

■タイプ別のおすすめ漢方薬

ここからは、それぞれのタイプ別におすすめの漢方薬をご紹介していきます

▼タイプ一覧
「気虚さんタイプ」
・疲れやすい、だるさが取れない
・胃がもたれて食べられない

「水毒さんタイプ」
・冷たいもののとり過ぎによる下痢
・特に下半身のむくみが気になる

「気虚さんタイプ」

疲れやすい、だるさが取れない
ツムラ漢方 補中益気湯<ほちゅうえっきとう>エキス顆粒(第2類医薬品)

こんな漢方薬です
胃腸の働きを整えて、だるさや食欲不振などを改善する漢方薬です。
過労や暑さなどで胃腸の働きが衰えると食欲が落ち、栄養分をきちんと消化・吸収できなくなります。
からだのエネルギーである「気」は食べ物の栄養分を元につくり出されるため、胃腸の機能が低下すると、「気」が十分に産生できなくなり、だるい、疲れやすい、やる気が出ない、日中眠くなるといったさまざまな症状が現れます。
補中益気湯は衰えた胃腸の働きを高め、食べ物から栄養分を十分吸収できるようにすることでからだのエネルギーである「気」を増やします。

効能・効果
体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:
虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒
補中益気湯について詳しく知りたい方はこちら

胃がもたれて食べられない
ツムラ漢方 六君子湯<りっくんしとう>エキス顆粒(第2類医薬品)


こんな漢方薬です
胃腸の働きを整え、食欲不振や胃もたれなどを伴う胃炎を改善します。
生命エネルギーである「気」を補って胃腸の働きを高める「四君子湯(しくんしとう)」と、「気」「水」を巡らせ、胃腸の働きを高め、吐き気や胃部不快感を取る「二陳湯(にちんとう)」を加えた漢方薬です。
やせ型の高齢や女性、みぞおちがつかえて、疲れやすい方の胃腸症状に適しています。
六君子湯は胃腸の働きを助け、「気」を補うことで、食欲不振や胃腸の不快な症状を改善していきます。

効能・効果
体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:
胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐
六君子湯について詳しく知りたい方はこちら

おすすめ食材~プチ食養生~
「気」を補ってくれる食べ物を日々の食事に取り入れてみましょう!
米(うるち米)、鶏肉、えび、カボチャ、山芋

「水毒さんタイプ」


冷たいもののとり過ぎによる下痢に
ツムラ漢方五苓散<ごれいさん>料エキス顆粒(第2類医薬品)

こんな漢方薬です
体内をめぐる「水」のバランスを整える漢方薬です。
体内の「水」の流れが滞ると、のどが渇き、腸からの「水」の吸収が悪くなり、下痢や吐き気などが起こります。
また、「水」が頭にたまっている場合はめまいや頭重感、頭痛といった症状が現れます。
五苓散は「水」が滞っている部位からは排出を促し、足りない部分には補うことで、体内をめぐる「水」のバランスを整えます。
五苓散は、冷たいもののとり過ぎなどにより、「水」のバランスが崩れて起こった下痢の他、天候の変化や二日酔いによる不調(下痢、頭痛、むくみなど)などにも適しています。

効能・効果
体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:
水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹※)のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔
※しぶり腹とは、残便感があり、くり返し腹痛を伴う便意を催すもののことである。
五苓散について詳しく知りたい方はこちら

特に下半身のむくみが気になる
ツムラ漢方 防已黄耆湯<ぼうぎおうぎとう>エキス顆粒(第2類医薬品)

こんな漢方薬です
体内をめぐる「水」のバランスを整える漢方薬です。
関節や皮膚、筋肉などにたまった余分な水の排出を促すことで、むくみや水太り、多汗症を改善します。
身体が重く、体重がかかって膝が痛む方、膝に水がたまり、腫れて痛む方にも用いられます。

効能・効果
体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:
肥満に伴う関節の腫れや痛み、むくみ、多汗症、肥満症( 筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)
防已黄耆湯について詳しく知りたい方はこちら

おすすめ食材~プチ食養生~
「水」のめぐりを良くする食べ物を日々のお食事に取り入れてみましょう!
カボチャ、トウモロコシ、大豆、小豆、キュウリ、スイカ

ぜひ取り入れられそうな習慣から取り入れて、今年の夏を元気にのりきりましょう!

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

フード&ドリンク カテゴリの最新ブログ

フード&ドリンクのブログをもっとみる