486views

玄米酵素 ハイゲンキ

玄米酵素 ハイゲンキ

コロナ禍で不安なニュースが日々続きますね。
これから冬にかけて咳の1つでもしたら・・・ドキッと自分も周りもする時期でもあります。
自分で免疫力を上げていくことが不安材料をなくす1歩。
良い睡眠を心掛け、適度な運動を行い、本物の発酵食品や有機の野菜や果物を毎日少しでも食べること。
抗生物質や薬を飲むと腸内の菌が死んでしまいます。
こんな時こそ発酵食品が有効です!
でも毎日ぬか漬け、納豆、玄米・・・お昼は食堂やレストランだし、なかなか実現できない・・・
そんな方は手軽な玄米酵素・ハイゲンキがおススメ。


新型コロナウイルスの感染と重篤化を予防する効果が「自然食」に見出せるとの研究報告が
ハーバード大学医学部とロンドンのキングズカレッジによって公表され、世界的に大きな話題と
なっています。とはいえ、「ワクチンが切り札」との見方に固執している日本政府にとっては
馬耳東風のよう。
今こそ、食生活を工夫することの重要性に目を向けるべきでは。
なぜなら、この研究はアメリカとイギリスの59万人を対象にした大規模な調査に基づいているから。
それによると、調査対象者の19%がPCR検査で陽性反応を示した。



ところが、いわゆる「プラントベースダイエット」(自然食)を実践しているグループと、
そうではないグループを比較したところ、自然食派はコロナの感染率が10%、
そして重篤化率が40%も低いことが判明したというのである。

要は、コロナウイルスを寄せ付けないための決定打は「プラントベースダイエット」であり、
野菜や果物など植物を中心とした食事が効果的という結論に他ならない。
加工が最小の果物や野菜、全粒穀物、豆類、ナッツ、ハーブなどを食事のメインにし、
赤肉、乳製品など動物性製品を除いた食生活のメリットが強調されている。


キングズカレッジで栄養学を専門とするベリー博士曰く
「健康食がコロナの感染を防ぐことを証明した世界初の研究になる」。
幸い、最近流行の肉類を一切受け付けない「ヴィーガン食」に拘る必要はないとのこと。
ある程度の肉や魚を食べてもOKだが、あくまで野菜と果物を主にし、
肉や魚は添え物にすることが肝心というわけだ。
イスラエルのテルアビブ大学が7万6,000人の感染者を対象にした調査でも
「ワクチンより自己免疫力のほうが重篤化を防ぐ」ことが明らかにされている。


 また、最近、発酵食品の研究で有名な東京農業大学は「納豆菌」が
コロナ感染に対する予防効果があるとの研究を発表し、これまた世界で大きく注目されている。
海外では医学専門誌などで取り上げられているのだが、日本国内ではまったくスルーされているようだ。

 こうした内外の研究は食生活の工夫でコロナを撃退する自己免疫力が高まるという朗報である。
ワクチン接種も効果が限られていることを踏まえ、先ず取り組むべきは身近な食生活の改善といえそうだ。自らが自分の主治医になったつもりで、ワクチンの必要性や自然な免疫力強化の在り方を
判断すべきであろう。
記事全文はこちら

良かったら全文ご覧ください。
今、何か出来る事、それが日々の食事で有効なら試さない手はありません。
これまで食生活に気を使って来ましたが、今後は更に納豆、野菜、果物が好きになりそう。
そして外食した際には玄米酵素・ハイゲンキを持参します!

無料サンプルもある公式ホームページはこちら



このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

健康食品・サプリメント カテゴリの最新ブログ

健康食品・サプリメントのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:5/17~5/23)

プレゼントをもっとみる