1057views

【保存版】仕上がりに差が付く!改めて見直したいドライヤーの使い方

【保存版】仕上がりに差が付く!改めて見直したいドライヤーの使い方

こんにちは。
haru企画担当の稲吉です(*^^*)

もうすぐ11月。
気温も下がり、だんだんと冬を感じるようになってきましたね。
この時季、空気の乾燥などで、どこか髪がパサついている…といった方も多いのではないでしょうか。

実はそのパサつき、ドライヤーの使い方を少し見直すだけでケア出来るかもしれません…!

そこで今回は、ドライヤーを使ったほうが良い理由、そして改めて見直したいドライヤーの使い方についてご紹介したいと思います。

★ドライヤーを使ったほうが良い理由



髪が濡れている時は、キューティクルが開いた状態になっています。
キューティクルが開いたままでいると、水分を吸いすぎて髪が膨れ上がってしまい、パサパサ・ゴワゴワの髪を作り出してしまう原因に…!

またキューティクルは摩擦に弱いので、 髪が濡れたまま寝ると、まくらや布団の刺激で、髪全体を傷めてしまうことにもなるんです。

そのほかにも、髪が濡れた生乾きのままでいると、頭皮に雑菌が増えてニオイやかゆみにつながったり、変なクセやうねりがついてしまい翌朝のセットが大変になってしまうことも。

つまり裏を返せば、ドライヤーで乾かすだけで、頭皮のニオイかゆみ、髪のパサつきやごわつき・うねりが気になる方は悩みがクリアになるかもしれないということ!
ぜひ本日から取り入れてみてくださいね。

★改めて見直したいドライヤーの使い方



ドライヤーを使うメリットがわかったところで、これからharuがおすすめするドライヤーの使い方をご紹介していきたいと思います。

1.ドライヤーを使う前にタオルドライをする

ドライヤーを使うのはおすすめですが、長時間熱い温風を当て続けるとダメージにつながるため、ドライヤーはできるだけ短い時間で一気に乾かしたいところ。
そのため、ドライヤー前にタオルドライでしっかりと水分を取っておくことがポイントです。

ドライヤーは暑くて苦手…という方も、タオルドライをしっかりしておけば、ドライヤーの時間短縮ができるので、ぜひタオルドライはされてくださいね。

タオルドライのときに大切なのは、ゴシゴシとこすらないこと。
髪の中間から毛先にかけては、タオルで髪をはさんで軽くたたくように、水分を取っていきましょう。


2.洗い流さないトリートメントやオイルをつける

トリートメントやオイルは、ドライヤーの熱や摩擦から髪を守ってくれたり、パサつきをおさえる機能があるので取り入れるのもおすすめ。

haruでも洗い流さない髪の集中美容液、髪だけでなく全身に使えるマルチオイルをご用意しているので、ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね♪


3.根元→中間→毛先の順番で乾かしていく
ドライヤーを使うときは、乾きにくい根元からしっかりと乾かしていきましょう。
頭頂部は根元からふんわり仕上がるように、髪を持ち上げて空気を入れながら乾かすとおすすめですよ^^

根元の次は、髪の中間を乾かしていきます。
キューティクルは根元から毛先に向かって重なっているので、髪を傷めないよう、ドライヤーも根元から毛先に向かって当てていきましょう。

毛先は特に傷みやすいので、ドライヤーはできるだけ短い時間で当てることがおすすめ

根元付近を最初に乾かすことで、その間に毛先は自然と乾いていき、ドライヤーを当てる時間を減らすことができるので、ぜひ根元~毛先の順番で乾かしてくださいね♪


ドライヤーを使うときのポイントは3つ!

①上から下に乾かすこと

下から乾かすと広がりの原因につながるため、必ず上から下に、根元から毛先に向かって風を当てましょう。

②頭から15cm離すこと

ドライヤーの吹き出し口はかなり熱くなっているので、ドライヤーと頭の間は、15cmほど離しましょう。
また、同じ部分に長時間ドライヤーを当てるのも避けましょう。
ドライヤーをこまめに動かしながら、まんべんなく乾かしてくださいね。

・ななめ45度から乾かすこと

ドライヤーの風を真横から当てると、風が下に流れていかないので、髪を乾かすのに時間がかかってしまいます。
中間から毛先を乾かすときは、髪に対して上からななめ45度の位置にドライヤーをもって乾かしていきましょう。



4.8割乾いたら、2割は冷風で

頭皮が乾いて、髪も8割方乾いたら、残りの2割は冷風を使って乾かしていきましょう。
冷風を使うことで、水分を髪に入れたままキューティクルを引き締めることができるので、ツヤのある美髪につながりますよ♪
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

いかがでしたでしょうか?
普段何気なくしているドライヤーも、使い方を少し見直すだけで仕上がりがぐんと良くなることもあります。

私自身「とにかく乾けばOK」と、てきとうになってしまうことがあったのですが、
タオルドライをしっかり行ったり、上から丁寧に乾かしていくことで時短+翌朝のセットで苦戦することが少なくなりました(^^)

ぜひ皆さまにもこの記事を参考にしていただけると嬉しいです♪


▼商品ページやクチコミへ


▼公式サイトへ



━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちょっとしたことを、ちゃんと。
がんばる女性のココロハレルを求めて。

haruオンラインショップ

LINE公式アカウント

Instagram公式アカウント

Twitter公式アカウント

━━━━━━━━━━━━━━━━━

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

ヘアケア カテゴリの最新ブログ

ヘアケアのブログをもっとみる