1138views

シャネル№5 100周年イベント “N゜5 THE RIGHT NUMBER”

シャネル№5 100周年イベント “N゜5 THE RIGHT NUMBER”

すっかり月1ペースのブログ投稿になっています。
(元々極めて気まぐれ投稿なので、また急にペースが上がったりするかもですが、自分自身でも明日の事すらわかりません←「カサブランカ」?笑)。

今月は上旬が真夏とそう変わらない蒸し暑さ(夜ですら。9月のほうがマシだったような?)と思えば気温湿度とも急落、一昨日は明け方が10度を切るという・・・本当についていけないです(+ω+)。

さて、本題。タイトルのシャネルのイベントに先日行ってまいりました。
インスタで予告しましたが(もうええっちゅうねんって感じと思いますが(笑))こちらにもアップしておきます。

今回、開催1週間前という急な告知、しかもまさかの地元開催に驚き即予約。
イベント名はN゜5 THE RIGHT NUMBER。

イベント概要の引用(CHANELBEAUTY公式サイトより)

誕生から100年を記念し、
シャネル N°5の観覧車が期間限定で登場。
特別なゴンドラに乗り、月に一番近い場所で
N°5の香りとともに思い出に残る体験を。

会場:
オオサカホイール(エキスポシティ内)
大阪府吹田市千里万博公園2-1
日時:
10月22日(金)- 31日(日) / 5:55 PM - 9:00 PM
事前予約制(無料)


シャネル№5仕様に装飾した観覧車に乗り、プチ(一部は豪華)ギフトが頂けるというものです。

大変、粋でお洒落なイベントで大満足でした。

各種媒体の告知によると100周年のフィナーレを飾るイベントとの事です。
観覧車1周、わずか18分間の体験でしたが、
いい歳どころじゃない歳ですし、さんざん高所の名所からの夜景を見慣れてるハズの私でも、今回のシャネルの演出による夜景観賞は感動。
なおオオサカホイールが現在日本一の高さの観覧車である事は今回初めて知りました(123m)。
(観覧車に最後に乗ったのは遠い昔のお台場パレットタウン、当時は高さ世界一だったと思います(115m)。その後観覧車にはとんと無関心でした。)

すでに行かれた方の各種SNSへの投稿(私も 笑)、あるいは各種オフィシャルサイトに公式な情報としてのイベント全貌もあまりにも多く上がっていて、ほとんど情報の価値はないですが、例によって個人的思い入れやらを加えた感想を記録的に記事にしておきたいと思います。
本イベントは開催中なのでまだ日数がありますので、予約されてる方で、当日までネタバレは避けたい方はこの記事ももちろん閲覧しない事をお勧めします。

撮影については外観はベストポジションを探る余裕がなく、ゴンドラ内部についてはガラス越しで、映り込み防止策等何も施さなかった事、18分間一発勝負すぎて等、ベストショットと言えるものが撮れなかったのは悔いでした。外観は期間中にもう一度撮りに行くかもしれません(笑)。
万全を期すならば事前に下見に行くべきでしたけど(できれば観覧車も通常乗車して撮影のタイミングや角度を予習すればベスト)、場所自体はあまりにも行きなれてるだけにかえって油断したなぁ(笑)

【万博記念公園駅(大阪モノレール)構内】

かなりのスペースを取っての№5の広告がズラリ。

イベントそのものの告知は無いですね。ホリデー仕様の二つの№5(EDPとロー)と、・・・マリオン・コティヤールが触れている巨大パルファムはもしかしてあの、2021mlのヤツですかね?世界55個限定、374万円の・・・(日本価格の設定があるという事は日本でも販売するのですね)
月をイメージしたビジュアル、とてもツボです!

【観覧車の手前で】

EXPOCITY内「ニフレル」の辺りに、誕生100年を祝うショートフィルム『N°5. THE FILM』を常に映し出すモニターと、月旅行をイメージしたトランク等を載せた模造トレーラーが設置されています。
これは正直、あまり感じ入るものはないですが周辺にはスタッフが居て写真も撮って下さいます。
あ、フィルムはとっても好きです。
№5のプロモーションフィルムはいつも素敵で見入ってしまいます。

YouTube『N°5. THE FILM』


【外観】

№5の文字と、ココマークが入れ替わる電飾が施された外観。

電飾とライトアップが明滅する様子はSNS等に動画が沢山上がってますね。
是非実物のスケール感も体験してほしい・・・肉眼では本当に綺麗です。


【№5のムエット】

乗車直前にスタッフから渡されます。これはシトラスが爽やかだからローかな?
パルファムに本来用いられている封印、ボードリュシャージュ(紐と、封蝋風留め具)のモチーフ。
真ん中の線、無意識に折っちゃったかと思いましたが「紐」を表すエンボスでした(笑)。
今回、ホリデー限定のEDPとローの外装パッケージに、ボードリュシャージュを模した飾りがついているので、それでこのデザインでしょうかね。
香りをかぎつつ乗車体験というわけですね。


【まるでスペースシップ】

各ゴンドラは、窓ガラスにココマークと、“ASK FOR THE MOON”、星屑をイメージした装飾が施されています。
誕生100年を祝うショートフィルム『№5. THE FILM』の世界観に基づいた今回のイベント(観覧車内でも小さなモニターでフィルムが流れます)。
観覧車での上昇はテーマに本当にピッタリで、シャネル、本当にやるなぁと本気で感心(^^)。

ゴンドラの窓は、スポークに対して直角の両側の窓については、片側が見晴らしのいい側、もう片側が観覧車の中心を向いてホイールの骨組みが見える側になるんですが、私はむしろ

骨組みの見える方派で(笑)。

いつも申してますが、幾何パターンが本当に好きなので・・・。
しかも、今回のイベントではこれが何とも月旅行を思わすスペースシップ感炸裂です。
また、シャネルのココマークがまた、円と曲線を用いた完璧な幾何文様のため、直線的な幾何パターンと合わさると「もう完璧」という感じで私は震えるほど感動します((((゜゜@)))。。。。。。
両脇にちゃんと夜景も見えてます♪

(蛇足ですが頂点部分のみ、両側の窓とも見晴らしがよくなります。側面の窓はもちろん元より関係ありません、常に見晴らし◎です)

なお本来は床もシースルーのオオサカホイールですが、今回のイベントではカーペットが敷いてあります。足元を注視してしまうのは、イベントのコンセプトに相応しくないからでしょうね。


【太陽の塔と】

そして、今までもブログで散々大好きっぷりを強調してきた太陽の塔。
それを、この№5・100周年仕様ゴンドラから眺めているのがなんだか夢のようでした。

上昇し始め

頂点に近い位置から

【とにかく「好き」が詰まってる】

太陽の塔は、私の記憶の始まり(3歳)と、芸術というものに(しかも20世紀でも特級の)に触れた原初体験。更には、EXPO’70が開催された年はシャネル自身のプライベートフレグランス:№19が発売された年。その辺りも記事にした事がありますが・・・
とにかく、思い入れの深い象徴的な場所で、20世紀の香料芸術を代表するひとつであるエポックメイキング香水:№5のイベントを開催してくれた事、参加できた事は喜び以外の何ものでもないです。


【街は宝石箱、道路は光の河】

まぁ、月並みですけど、この表現につきますね。
ゴンドラ内は、画角の関係でより広角の使えるスマホで殆ど撮影しましたが、
一眼の方もF値の明るい超広角がやっぱり欲しいなぁって思いました。


【ギフト】

もう散々情報は出てますが、
ギフトには通常版と現品入り豪華版があります。
私は通常版。EDPミニミニボトル形式1.5mlサンプルと、缶バッジ。
観覧車のゴンドラ全72台(66台という情報もありどっちが正しいのかよく分からないです)の中で、4台は内装も豪華、ギフトもEDP現品+缶バッジも2種という、かなりの太っ腹企画です(こういう抽選形式は公平でいいですね)
18分1周、稼働時間を考えたら豪華版も結構な数が用意されてるのでは。
私は運を使い果たしたくないので(いや本当にそれが怖い 笑)通常版で満足すぎる位。EDPは持ってますしね。
しかし、今回のギフトはローの方かなって思ったら意外やEDP、ちょっと本格派に近づくきっかけに、という感じでしょうか。


【無料だった】

オオサカホイールの通常料金は1000~1500円(特別席除く)ですし、
当日行くまで、乗車料金要と思ってた(先の引用にもある通り、予約要綱にはしっかり書いてあるので私がちゃんと読んでないだけ)ので、早めについたのでスタッフさんに「あの~、料金はどこでお支払いすれば?」と聞いてしまった私です(゚ω゚;)。
無料との返答に吃驚(笑)。
その衝撃(←おおげさ)は、例えるならば、かつて、京阪特急8000系の乗車に、追加の特急料金が不要と知った時のそれに匹敵するほどでした(注:現在はプレミアムカーの車両以外)。
すみませんものすごくどうでもよすぎる話で・・・(゜゜)。


【その他所感】

☆LINE予約なので多重予約を防げる事、現地で知らされたコードを入れないとチェックインできないシステムなどよく考えられているなと思いました。
一度、予約→乗車完了すると、もう予約画面自体に入れないシステムになってます。
意味はないけど今の空席状況を見てみようかと思いましたがもうできませんでした。

☆№5の100周年がまさか、コロナの世界的流行のさなかになってしまうとは・・・というところですが、日本においては今は小康状態のときでよかったです(油断はできませんが)。
なお、20世紀のスぺイン風邪(新型インフル)は1918~1920年が流行期との事ですから、№5の発表の前年に終息しているのですね。新型疫病も、歴史は繰り返すというところでしょうか。

☆余談ですがオオサカホイール(2016年開業)のようなハイテク観覧車に乗った後はふと昭和の素朴な観覧車が懐かしくなり、ネットで画像を検索してみました。なんなら窓ガラスもなくて(?笑)、ゴンドラが七色に塗装されているようなやつ。出てきた出てきた、百貨店の屋上ミニ観覧車とかも昔確かにあった気がし、とても懐かしかったです(^ω^)。


*・゚゚・*:.。..。.:*゚(゜ω゜)・*:.。. .。.:*・゚゚・*



ここからはイベント外の話。

【先日、パルファムを買いました】

ここ数年、試香のみで購入を後回しにしていた№5のP濃度ですが、
今年はやっぱり記念に購入しておかなくっちゃと買いました。
(会場では一切の製品販売はなく、別日に百貨店での購入です。
4分の1オンス:7.5mlの最小サイズですがPはかなり使えますよ。
P世代ではない人、親しんでいない人にはミニチュアサンプルに見えるかもですね。
   さっきのサンプルとはちゃいまっせ~ 笑

いやぁ、やっぱりいいです!!
円やかなフローラルブーケが、限りなくエレガントで、包容力を感じさせる香り。
鼻腔に残る余韻も素晴らしいのひとこと・・・。
なんだか年々好きになっていってるなぁ。
フラコンボトルのキャップ裏の突起でスタンプのように付ける方式・・・これも最高です。
キャップの封印は、外すのがちょっと難儀です(笑)
先述のボードリュシャージュ。
紐だけでなく、薄紙のようなものでの封はシャネル独特ですかね。
限られた職人さんにしかできない技らしいです。

こんなに褒めちぎってる№5ですが、私はかつて№5を始めとする古典香の数々は、40代前半までは全く鼻が受け付けず本気で無理でした。
徐々にというよりは突然、香りの嗜好が変わったんですよね。

香りと自分との関係は、とにかく不思議ばかりで、これからも謎のまま終わる気がします。

ちなみに、真に№5の100周年と言えるのは、エルネスト・ボーが創作したこのパルファム。しかしいずれにしても処方改変は繰り返されているようなので、あまり固い事を言っても仕方ないですかね。
Pの香りの素晴らしさにも今年というこの機会に触れてくれる方が多くいらっしゃればなと個人的には思っています。
もちろん、EDPとローもとてもいい香りですよ。

№5の逸話なんて今更すぎてここでは語りませんが、
ひとつ、伝説化している、№5について語るマリリンモンローの肉声をYouTubeから。

☆☆☆☆☆☆☆

またできれば別途記事にしますが、P濃度の概念ももはや変わりつつあり、香水の「旧き善き時代」(自分の基準で勝手に思ってるだけですが)は、本格的に遠ざかりつつあります。
私がクチコミで度々書いたPへのこだわりも、ほどなくして前時代人のたわごととなるのでしょう。
いつか書いたのですが、わずかに残る、

古典香プラス80・90年代の香りを自分の定番にして新規開拓はもうしない「進化の止まった旧い人」でもういいんじゃない?

っていうのは、今もたびたび思います(笑)。でも、好奇心でやっぱり新しい香りも(たくさん)買うんですけども。

香りそのものは、単純に感じて楽しむ、でいいんですけど、
香水文化・香料芸術ほど、私に何かを「考えさせる」存在はないんじゃないかと、この№5の100周年に改めて思いました。

では今回はこの辺りで。お読みいただき、ありがとうございました。


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(6件)

  • お久しぶりのブログアップ、嬉しいです( `ー´)ノ私もしばらく開いてなかったのですが、いつものメンバーさんがいらっしゃるとホッとします☆
    そしてそして、大阪でこんな素敵なイベントがあったのは知らなかったですーー! N°5の観覧車なんて豪華すぎる。発想がすごいですね( ゚Д゚)!!
    私もお写真で夢のような疑似体験をさせていただきました。ありがとうございますm(__)m
    マリリンモンローのこの肉声、私初めて聞いたときに胸が震えました。ああ、あの伝説は本当だったんだって。
    パルファム素敵ですね・・・♪100周年って本当にすごいことですよね。


    0/500

    • 更新する

    2021/11/2 20:31

    0/500

    • 返信する

    わきんぼうやさん、こんばんは!
    私も開けたり休んだりの繰り返しでよく分かっておらずなのですが、今また皆さんわりと記事アップされてる感じでしょうかね。
    今回のイベントはサプライズ企画に近くて、周りでも知らない人が多かったみたいです。
    本当に発想がすごいですし、シャネルは京都でイベントをする事が多いですが100周年のクライマックスにまさか大阪でと、色々と驚きました(゜゜)☆。
    一発勝負すぎて大した写真が撮れなかったのですが、貴重な機会ですしせっかくなのでアップしてみました。
    モンローの肉声、以前もシャネルの広報の別バージョンでYouTube見た事があるのですが私も感激しました。
    バルファムは見た目・香りとも最高です♪100年存続する香りって、本当に貴重です。

    0/500

    • 更新する

    2021/11/2 23:32
  • しべたんさん、こんにちは。
    シャネルのオオサカホイールのイベント行かれたんですね。私は気づいた頃には予約満了でした笑
    5番百周年なのはPなのに、限定品はローやEDPばかりで物足りないです(^^;2021mL374万の限定品なんて買えるわけないですし、ホントPの限定パッケージが欲しかったです。
    シャネルのPのフラコンはとても美しいですね。ガラスの質感が滑らかなんですよね。5番を時代に合わせて調香を微調整しながら現代まで保ってくれているシャネルには本当感謝です。

    0/500

    • 更新する

    2021/11/2 13:41

    0/500

    • 返信する

    新真昼さん、こんばんは!
    予約、あっという間に満席だったらしいですよね。直前かつ突然の告知でしたしね。
    今年の100周年限定は、全体的に意外な感じでした。ローとEDPのホリデーも、なんなら例年より地味な位で。そして肝心のPにしても、本当に。特別パッケージとかあればよかったですが・・・。Pに関しては、浅く広くよりも、2021mlで香水の歴史に簡単には他ブランドに破れない記録樹立のようなものを目指す方向に重きを置いたのかな、とも思いました。
    №5のフラコンは造形も完璧に近いですよね。香りもデザインもどの角度からもスキなしで、香水の象徴たる存在に相応しいものだと思います。

    0/500

    • 更新する

    2021/11/2 23:23
  • 私も観覧車に最後に乗ったのがいつだか覚えていません。観覧車について全く詳しくないのでオオサカホイールについても、それが日本一の高さということも全く知りませんでした。
    電飾が施された外観は豪華で素敵ですね!
    私は街の夜景が本当に好きなのですが、ホイールの骨組みとシャネルのマークが夜景に映えてこれはなかなか見れない光景(図案というべきでしょうか)ですね~。本来は床がシースルーなのですね(高所恐怖症ではないですが、足元スケスケはNGです)。。。
    太陽の塔(私も大好きです)が夜の遠景に入り込んだショットは最高ですね!星屑を散らしたような大阪の夜景も美しいですね~。シャネル仕様の観覧車に乗ってミニEDPがいただけるだけで大興奮のイベントだったと思います。お天気に恵まれて良かったですね。
    №5の記念イヤーにパルファム購入されたのは良い思い出になりますね。他ブランドですがパルファムの封を開けるとき私も手こずりました。本当に気に入った香りだったらやはりパルファムを購入すべきだと私も思っています(そもそも最近の香りはPがないものも多いですが)。
    イベントに参加したような気分にさせていただき感謝です!

    0/500

    • 更新する

    2021/10/27 00:07

    0/500

    • 返信する

    AtIiさん、おはようございます!
    お返事が遅くなってすみませんm(__)m。
    観覧車、私も大人になってからは全然で、お台場が高さ1番の昔から情報が全然アップデートしていませんでした。
    冷静に考えたらわりあいシンプルな装飾なのにとても豪華に感じたのがシャネルマジックと感じました。
    骨組み方向は本当に絵になる(アート的+かっこいい)ので、やはり世間でも写真のアップが多かったですね。また、シャネルのイメージと不思議なほど合います。
    通常運行では、足元シースルーが苦手な人にはマットを敷いて下さるらしく。透けてると落ち付かないですよね(笑)。
    太陽の塔お好きなんですね!なんだか私まで嬉しいです。№5同様、20世紀の中でも、世界レベルで見ても白眉の偉業と思ってて、岡本太郎氏は存続にも尽力されたとの事ですが本当に感謝と思ってます。
    天気、直前に雨が降りショックだったのですが運行時刻には晴れてくれて本当に嬉しかったです^^。
    紐で封印のPは、開けにくいですよね。これも文化の継承ですが、色々使ってきましたが各社少しずつ方式が違うようで興味深いです。昔からあるPの深みは別格ですよね。

    0/500

    • 更新する

    2021/10/29 10:33
  • おはようございます。
    優雅で豪華なシャネルの夜を過ごされましたね。
    観覧車で香りを楽しむなんて、本当にすごいアイディア。
    お天気が良かったので、夜景も美しくて一緒に観覧車に乗っているような
    感じを味わえました^^
    月に一番近い場所でシャネルを感じるなんて、絶対思い出になりますね。
    NO.5の香りはずっと苦手意識がありましたが
    年齢により、苦手だった香りが好きになったりするので
    今試香したら違った感じになるのかな~と思っています。
    素敵な夜でしたね^^

    0/500

    • 更新する

    2021/10/26 09:31

    0/500

    • 返信する

    ranmaruさん、おはようございます!
    お返事が遅くなってすみませんm(__)m。
    シャネル仕様の観覧車、突然だった事もあり、いきなり夢の世界で酔わせてもらったという感じで、とても良かったです。景色も絶景でしたね。体験の感じが伝わっているとの事、私も嬉しいです。
    シャネルのアイデアやセンスは本当にすごいと思いました(^^)。
    今年はフレグランス関係で色々と思い出になる事が多い印象的な1年となりそうです。
    №5は、ここ日本ではというか、大元が本当に古い香りなので賛否両論で苦手な方も多いですよね。私も長年そうでした。子供時分~大人になってもしばらくは「?」で(笑)。好きになってまだ10年経ってないと思います。
    仰る通り、香りの好みは年月によって変化しますので、機会があればぜひまた試香してみてくださいませ。

    0/500

    • 更新する

    2021/10/29 10:19
  • しべたんさん、こんばんは!シャネル、すごい。
    シャネル観覧車、うらやましいです~私も骨組みのみえる方派です!
    ものすごくゴージャスなスペースシップ乗車ですね、シャネル№5香り付きで。
    18分って、短いけど長いようにも思います~夜景、香り、照明、スポーク見たり写真撮ったり忙しいけど、いろんな感情押し寄せてきそうです~^^
    香りと感情とか、その時の情景って結びついていますよね。
    さっきのサンプルとはちゃいまっせ~(笑)こんな風に話すしべたんさんと直接会話できたら楽しいだろうなぁ~ってPCの前でニヤニヤしちゃいました^^
    私は無謀にも20代で、「サンプルとはちゃいまっせ」の15ml位の持ってました。
    見た目はすきなのに香りは微妙、こんなこと言ってはいけないのですが、
    母親位の年齢以上じゃないと似合わない~
    でも案外イイ匂いかも、なんて思って使っていました。
    私の初めてのコスメはシャネルで、母親にいろいろ揃えてもらいました。
    母は皮膚が弱く大手国産メーカー2社で皮膚が赤くなり使えないのに、なぜか刺激が強そうなシャネルは大丈夫だったのです。
    P濃度が私も好きです・・・嗅覚に自信がないけれど(笑)

    0/500

    • 更新する

    2021/10/26 01:24

    0/500

    • 返信する

    sulisさん、こんばんは!
    わーい(^^)sulisさんも骨組み派ですか♪嬉しいです。思うに、鉱物好きと何か通じるところありますよね^^。
    このイベントは一回限りの利用が徹底されていて、もちろん公平でいいのですが、理想は2回乗れたら最高だろうなって思いました。1回はとにかく肉眼での鑑賞に、もう1回は撮影に集中できたらなぁと。
    今回のシャネルの粋な演出は、センスと資金力がさすがすぎて恐れ入りましたという感じです。
    私生粋の大阪の人間なんでもうコッテコテですよ(笑)。いつか、石と香水とコスメのお話が直接できたらいいですね♪。コロナが終息したら首都圏へ鉱物展+大阪に無い香水探訪を再開したいのでいつか機会があるでしょうか。
    さすが、20代でミツコだけでなく№5もしっかり押さえてらっしゃったのですね。その当時でも古典香水はとてつもないほど「昔の香り!」って感じでしたよね。
    お母様がシャネルなら合うというお話わかります。私も真正敏感肌時代は国内ものがほとんどダメでほぼ外資しか合わなかったので。
    大手のP濃度は本当に絶滅の危機ですが、私もPがいいです。7.5mlが現存する№5は貴重ですね。

    0/500

    • 更新する

    2021/10/26 19:58
  • こんにちは~!インスタのポスト見て、なんだこれ?!うらやましい~!!と思っておりました。わたしもCHANELの観覧車、乗りたい!!
    そして豪華なお土産もいいですねえ~。CHANELのミニサイズは現品をそのままミニチュアにしたようなものが多くて、これだけでも満足感がものすごく高いですよね。
    今年はCHANELのNo.5のアニバーサリーとあって、いろんなものが出ていますがバカラとコラボした2021mlボトルは大きさにもお値段にもおったまげました。(笑)
    わたしも実はまだNo.5の良さがいまいちわかれてない一人で、これから鼻が変化していったら挑戦してみたい憧れのフレグランスのひとつだったりします。
    コフレもひとつくらい何か買おうかなあと思ったのですが、いまいちピンとこず放置中ですが、やっぱりCHANELは世界観やイベントも含め、素敵だなあと改めて思いました。

    0/500

    • 更新する

    2021/10/25 16:01

    0/500

    • 返信する

    aoiさん、こんばんは!
    シャネル観覧車、発表が開催の1週間前というサプライズイベントでびっくりでした。大阪開催もむしろCHANELの余裕かなとも。イベント、ギフトの良さも含めて本当に良かったです。
    No5の百周年は、何か余程のものが出るかと昨年から期待していたのですが、夏のFACTORY5がわたし的にはちょっと違う感じで。ホリデーも、2021mlのバカラのPはあれは話題を撒くためのものだし(どっちにしても無縁ですが、1リットルの特別品なら他ブランドでもよくあるので、シャネルと№5の威光を知らしめる為にあのサイズなのかなと。笑)、
    EDPとローの限定はわりと普通だなと思ってうーん・・・と思ってたんですが。
    結果、突如のこのイベントが特大級のツボで、思いもかけぬオチにいい意味でびっくりでした。
    No5、若いうちは多分大半の方が苦手かなと思います。私もそうだったんですが、なぜか今や苦手だった時の感覚がもう思い出せず・・・香りの好みの変化は本当に不思議です。
    aoiさんも、あと10年、20年経つと好きになるかも。№5は廃番にはならないと思うのでぜひ先の楽しみにお待ちください(^^)。

    0/500

    • 更新する

    2021/10/25 22:16
  • もっとみる

香水 カテゴリの最新ブログ

香水のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:12/1~12/8)

プレゼントをもっとみる