480views

高品質のものを1円でも安くオーダーメイドウィッグ【ナチュレーヌ(Natureine)】

高品質のものを1円でも安くオーダーメイドウィッグ【ナチュレーヌ(Natureine)】

子供の頃から尽きない髪悩み

加齢と共にハリ・コシ・ボリュームが更になくなり、
まとまりづらく



女性用オーダーメイドウィッグ専門店
「ナチュレーヌ(Natureine)」

オーダーメイドウィッグナチュレーヌ|自然さと低価格にこだわりナチュレーヌの女性用オーダーメイドウィッグは高品質で自然さにこだわりながら、大手メーカーの約1/3という低価格を実現しました。髪色からクセ・艶までご自身の髪を忠実に再現します!自然な着け心地も魅力で口コミでも人気です。オーダーメイド医療用ウィッグもあります。natureine.com
友人が代表を努めていて、
ずっとFB投稿で気になっていて、
実際に試着体験できると伺い、早速行ってきました!

駅から約5分以内の試着スペース
(新宿、渋谷、池袋、青山一丁目、
二子玉川、五反田、上野、横浜、川越)
朝霞プライベートスペース、
出張試着(名古屋、大阪心斎橋、福岡博多、札幌)
でウィッグのご試着が可能。

元々、「パーティスタイルや盛り髪系の
ファッションウィッグを作らないか?」と声を掛けられたのが
きっかけで、この世界に飛び込んだという野本代表。
あまりの品質の良さにファションウィッグではなく
髪のボリュームに悩む方々向けにと商品開発に取り組み、
今では、20代~90代まで幅広い顧客を獲得しているのだそう。

医療用ウィッグとしてのオーダーを受けることも多く、
そもそも病院代で負担を強いられている姿に接し
『高品質のものを1円でも安く』という想いで、
店舗費用や広告宣伝費用を削減し、
消費者目線で取り組んでいるお話を伺い、
熱い想いに感動


ナチュレーヌの人工毛は、
最新技術を活かしたオーダーメイド。
人毛のようなキューティクルを再現した凹凸加工を施し、
自然な艶と輝きで不自然さは全くありません。

職人さんが1本ずつ植えているので、
地肌がホンモノの頭に思えて、
まるで人の頭を手で持ち上げているかのような
不思議な絵面

実際手にとってみるととっても軽くて、
シュシュより軽いんです!!!

頭に載せてみるとつけているのを
忘れてしまいそうになるほど。


毛材は選べる2種(通常/スーパーナチュラル)
スーパーナチュラルは、色を2~3色、毛の太さ3種、
ツヤ2種ミックスしていて、柔らかい手触りで、
通常の毛材よりハリ感が少なく、ツヤも落ち着いた加工。

180℃の耐久性もあり、アイロンやコテなど
気兼ねなく使え、形状記憶されるので雨や湿気に負けず
美しいヘアスタイルがキープできます。

普段の扱いも楽ちんで、市販のシャンプーで洗えて
乾くのも早いのだそう。
長く使えるよう徹底したアフターケア体制も素晴らしくて
LINEやメールで修理オーダーでき、
ダンボールにいれて送るだけ。
(他社品もOKというのだから凄すぎる!)


茶髪ぎみな私の髪色にも
ばっちりなサンプルがありました
髪量が多いと、なんかそれだけで若返りますね

とあるドラマでも協賛して、
大女優さんが数年前~っていう回顧シーンで
着用したこともあるのだそう。

価格設定も良心的で、大手メーカーの1/3以下

他社のように不要なサービスを元々込み価格にせず
シンプルにウィッグ単体のお値段にして、
長さ出しや特殊カラー、付け方アドバイスなどは
全てオプションとして後から選べるようにしてあります。
(白髪MIXもあり)

分け目ウィッグ
140,800円(税込)

つむじウィッグ
151,800円(税込)

全体用ウィッグ
162,800円(税込)

全体用ウィッグ(バッグシャンタイプ)
162,800円(税込)

フルウィッグ(医療用)
201,300円(税込)

安いウィッグで不自然すぎて、短期間で買い替えたり、
人毛だと扱いが面倒だったり、
大手メーカーのウィッグだと、メンテナンスの度に
いろいろ営業かけられて、長く使えば使うほど
出費もかさんだり、、、

そんな他社品で失敗した人が、
ナチュレーヌのウィッグと出会い
「もっと前からナチュレーヌを知っていれば、、、」と
後悔の声もたくさん耳にしているのだそう。
(←私も皆様も今回”ナチュレーヌ”の存在を知れてラッキー♪)

というわけで今回試着して、
薄毛とか悩んで余計に髪にストレス掛けるよりも
こうやってウィッグなどを活用して
毎日笑顔で過ごせるほうがいいなと感じました。


(まだウィッグ試着中)

あまりに自然すぎて、
このままつけて帰りそうになって
2人で大笑いしちゃった

人毛をあえて採用していないのは、
染色できるというメリットがあっても
月日が経つと褪色し、絡まりやすく、切れ毛も起こりやすいという
デメリットもあり、普段、乾かすのに時間もかかるから。
人工毛の唯一の欠点”不自然さ”を克服したナチュレーヌのウィッグは、
普段の扱いも楽で、耐久性があり、
ずっと美しい状態で使用できる、、、

あなたはどちらを選びますか?


たくさんのお客さんを通じて、
ウィッグの知識や実用例などすっごい詳しいので
お気軽にカウンセリングや試着など
問い合わせしてみてね。


@himemode @himemodejp

ブログを見る

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

カテゴリなし カテゴリの最新ブログ

カテゴリなしのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:7/17~7/23)

プレゼントをもっとみる