516views

【医肌研究所より】正しい保湿とは?肌の保湿力が低下する原因と対処法

【医肌研究所より】正しい保湿とは?肌の保湿力が低下する原因と対処法

毎日入念にスキンケアを行っているつもりなのに、洗顔後の肌につっぱりを感じたり、頬や口もとがカサついたり、ということはありませんか? 紫外線が気になるこの時期、正しい保湿ケアで肌のうるおいを守りましょう。

今回は、肌に起こるさまざまな症状の原因やメカニズムを発信する肌ケア情報サイト「医肌研究所」から、肌の保湿力が低下する原因と対処法についてご紹介します。


【医肌研究所より】肌の保湿力が低下する原因



肌のバリア機能が低下すると、肌から水分が蒸散しやすくなります。また、角層の保湿成分が減少することでも、肌の保湿力は低下します。それが起こる原因として、以下のようなことがあげられます。


◆季節や室内環境、紫外線の影響


気温が急激に下がる秋から冬にかけては、空気がとても乾くようになります。また冬以外でも、冷暖房が効いた室内は常に空気が乾燥しています。このような環境に長時間いることで、角層から水分が奪われて乾燥しやすくなってしまいます。

また、紫外線は肌表面に日焼けを起こし、角層から水分を奪って乾燥の原因となります。


◆間違ったスキンケア


メイク落としや洗顔のたびに肌をゴシゴシとこすったり、スクラブ洗顔や毛穴パック、ピーリングなどを頻繁に行ったりしていると、角層が傷ついて水分が逃げやすい肌状態になってしまいます。

また、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料で洗ったり、熱いお湯ですすいだり、洗顔の回数や頻度が多かったりすると、肌の保湿を担っている天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質、皮脂を洗い流してしまい、肌の保湿力低下につながります。

洗顔後、肌につっぱりを感じるようであれば、いつも使っている洗顔料や洗顔方法の見直しを検討しましょう。

ほかにも、肌の保湿力が低下する原因には以下のようなことがあげられます。
◎肌のターンオーバーの乱れ
◎年齢と乾燥

>>「医肌研究所」で詳細を見る


正しい保湿スキンケアとは?


肌の保湿力をはぐくむスキンケアの方法についてご紹介します。


◆洗顔はやさしく


洗顔の目的は、肌についたほこりやメイク汚れ、酸化した皮脂などを落とすことです。しかし、すでに説明したとおり、洗顔のしすぎは肌に必要な保湿成分を失うことにもつながります。

洗顔はまず手の汚れや油分をきちんと落としてから、洗顔料をたっぷり泡立て、泡をクッションにしてやさしく洗いましょう。すすぎは必ずぬるま湯で行い、洗顔料が肌に残らないようすみずみまで洗い流してから、清潔なタオルを肌に押し当てるようにして水気を拭き取ります。


◆洗顔・入浴後はただちに保湿を行う


洗顔後は肌が乾燥しやすくなっていますので、すみやかに基礎化粧品で保湿ケアを行います。まずは化粧水で肌に水分を補い、肌をやわらかく整えてから、美容液や乳液、クリームなどで保湿成分や油分を補いましょう。

化粧水や乳液は適量を守り、肌のすみずみまで行き渡らせましょう。コットンを使うと顔全体に化粧水をムラなく浸透させることができますが、コットンの繊維で角層を傷つけないよう気をつけましょう。

肌の状態によってはコットンが刺激になることもありますので、清潔な手のひらに取って直接なじませるのもよいでしょう。化粧水や乳液を手の熱で温めてから顔に伸ばしたり、保湿ケアの最後に両手で顔をやさしく包み込んだりすると、化粧品が浸透しやすくなります。


◆角層をすこやかに保つために保湿・保護成分を補う


角層をすこやかに保つには、角層そのものを育てて、成熟した状態に保つことが必要です。角層のうるおいと皮脂のバランスを整えることも大切。

保湿成分や、肌バリアの保護成分にはさまざまなものがありますので、自分の肌にあったものを選ぶようにしましょう。

>>「医肌研究所」で詳細を見る



このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

スキンケア カテゴリの最新ブログ

スキンケアのブログをもっとみる

イハダ のブログ

イハダ のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ