8086views

コスメの使用期限。

コスメの使用期限。

フルメイクをミネラルコスメに移行して、もうすぐ1年。春はコスメの使用期限ラッシュを迎える。




↑これが今現在のメイクの全て。




愛用しているエトヴォスでは使用期限を開封前3年・開封後1年としているけど、まあ、使い切れそうにないよねー。


アイシャドウは底が見えてないし、口紅は半分以上残ってる。


で、コスメの一般的な使用期限について調べてみると、




化粧下地…1年

ファンデ
パウダー…1年
リキッド・クリーム…半年

チーク
パウダー…1年
クリーム…半年

アイシャドウ
パウダー…半年
クリーム…3ヶ月

マスカラ…1ヶ月




情報の出所によって違いはあったけど、大体こんな感じ。


やっぱり水分の多いもの(リキッド・クリーム系)とマスカラは、雑菌の温床になりやすいんだね。


にしても、うーん。パウダーアイシャドウが乾き物のわりに使用期限が意外と厳しい。目のキワに塗る際チップやブラシに涙が付いて、それでプレスト表面を撫でるから不衛生になりやすい、らしい。





肌トラブルのリスクをできるだけ排除しておきたいから、メーカー側が指定してる使用期限を過ぎたものは使えない。


だからアイシャドウの色を増やすのに抵抗があるんだよねー。ますます余るから勿体無いじゃん。


ああ、まるで干物女のような考え方。やってること自体は美しい肌に導いてるのに。笑


ミネラルコスメに移行してから、色を楽しむワクワク感は二の次。はあ。


や、色をセンス良く楽しめるほどのメイク上級者でもないんだけど、ケミカルでないと出せないような鮮やかな色は諦めてるよね。所謂ところのデパコス。





ケミカルの良さは肌を綺麗に見せたり、使いやすさや発色の良さだけでなく、ブランド力も含め化粧品そのもので高揚感を得られるところにもあって。


シャネルとかディオールとか、ああいうブランド力はけっこー評価してる。ノンケミオンリーの私だって、ハイブランドに人並みの憧れを抱いてるし。


だってさー、女にはプラセボ効果があるじゃん。気持ち次第で若々しく美しくなれるのが女という生き物。シャネルの口紅にときめく乙女心は、確実にその人を女性らしく美しくしていく。


って信じてるから、ノンケミに偏り過ぎたくないんだよねー。通常はノンケミ(守り)だけど、ここぞという日はゴリゴリのケミカル(攻め)で、いつもと違う自分を楽しまなきゃ。


連日ゴリゴリのケミカルでバッチリ決めてたせいで汚肌に転落した私なりの結論。




メイクアップアーティストとか美容家とか、メイクに携わる仕事をしてない限り、メイクは生活のほんの一部じゃないですか。それが身なりを整えるためであっても最大の趣味であっても、あくまで生活の一部であり全部にはできないでしょ。


そりゃね、仕事とか恋愛とか全部のための一部なのは確かだけど、その一部に対しての考えが偏り過ぎると遊びがなくなるからねー。


こんだけ文明が発達してる国に住んでるんだから、受けられる恩恵はありがたく受け取る。でも受け取り過ぎると毒になるから、自分のために自分自身で考えた上で選ぶことも忘れずに。


と、自分に言い聞かせる。笑




で、結局今回のテーマは何だったんだっけ?まあ、いいや。笑





このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

メイクアップ カテゴリの最新ブログ

メイクアップのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:1/17~1/23)

プレゼントをもっとみる