2016年8月2日 更新

海外女子に大人気ツイストバン♡ 最新トレンドヘアの作り方!

海外女子の間で大人気のヘアアレンジ『ツイストバン』をご存知ですか? アレンジ方法も豊富で、ねじるだけなのにとってもおしゃれでこなれ感をあげてくれる最新のヘアアレンジです。今回は、ツイストバンの作り方からヘアアレンジをまとめてご紹介します。

4,251 view

いま海外のおしゃれ女子に大人気のヘアスタイル

おしゃれなツイストバンヘアにトライ
海外女子の間でも人気のヘアアレンジ『ツイストバン』をご存知ですか? なんだか難しそうなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ねじるだけで作れるとってもおしゃれなヘアアレンジなのです♡

今回は、ツイストバンの作り方と、おしゃれなツイストバンアレンジをまとめてご紹介したいと思います。三つ編みで作るツイストバンや、サイドツイストを加えたツイストバンなど、数パターンのアレンジ方法もあわせてチェックしてみましょう♪

ツイストバンとは?

ねじってまとめるエレガントなヘアアレンジ
ツイストバンとは、ねじってまとめたヘアアレンジのことです。とにかくねじりを加えればOK! なアレンジなのです。
無造作にまとめてもおしゃれ!
こんな素敵なふんわりアレンジも、ツイストバンならでは。ゆるやかなツイストバンならこなれ感もアップします。
ヘアアクセサリーをプラスして
パーティーや結婚式などのアレンジには、ツイストバンにヘアアクセサリーをプラスして♪ 華やかな席のアレンジにもおすすめなのです♡

簡単ツイストバンの作り方◆基本編

基本のツイストバンをまずはマスターしよう!
スタンダードなツイストバンの作り方は、ポニーテールを作り、毛束を分けて少しずつねじりながらゴムにくるくる巻きつけて固定します。しっかり or ゆるやか巻きは雰囲気に合わせて♪
サイドねじりも加えたおしゃれなアレンジ方法!
両サイドをねじってひとまとめにしておいたポニーテールからツイストバンを作るアレンジ。毛束をひとまとめにしてツイストしましょう。

”サイドねじりバン”で大人の格上げアレンジ!by吉田達弥 - YouTube

インスタグラムで人気のWay'sのスタイリストさんが作る、サイドのツイストバンの作り方。しっかりと動画でチェックしてみましょう♡

ツイストバンアレンジ◆応用編

1本の三つ編みでアレンジする方法!
ポニーテールの毛束を三つ編みにして、ぐるぐるとポニーテールの結び目にまきつけていくツイストバンアレンジです。崩れにくいアレンジなので初心者でも大丈夫。
ダブル三つ編みでツイストバンをアレンジする方法!
後頭部に2つのツイストを作りながら、ひとつのツイストバンを作るアレンジです。ゆるめのツイストでこなれ感もアップします♪
ダブルツイストを掛け合せたアレンジ方法
こちらもダブルツイストを掛け合せた大きめのツイストバンアレンジです。大きめのツイストバンにすることで、お嬢様風の仕上がりに♡

参考にしたい♡ シンプルおしゃれなツイストバン

シンプルだけど美しいツイストバン
シンプルなのに、とってもおしゃれなツイストバンアレンジ。つや感を生かせるストレートヘアの方におすすめです。
上品で大人っぽいツイストバン♪
ツイストしながら大きめにツイストバンを作った上品なアレンジ。ツイストバンを大きめに作ることで、大人っぽさと上品さがプラスされます。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
話題のヘアアクセに注目♡ アローヘアスティックの簡単アレンジ

話題のヘアアクセに注目♡ アローヘアスティックの簡単アレンジ

あの矢が刺さったような小物。ご存知でしょうか? 実はヘアアレンジに使える小物としてジワジワと話題になってきています。今のうちに自分のコーデに取り入れて流行りを先取りしてみませんか?
Reet | 15,233 view
無造作感がツヤっぽい! 海外トレンド「メッシーバン」ヘア

無造作感がツヤっぽい! 海外トレンド「メッシーバン」ヘア

今海外でセレブを中心に人気のヘアスタイル「メッシーバン」。程よい「スキ」を見せる無造作感が、色気のあるツヤっぽい女性を演出してくれます。そんな女度がアップするメッシーバンのヘアアレンジを紹介します♪
すな | 62,170 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

yummy yummy