2015年9月2日 更新

なってからじゃ遅い?30歳になるまでにやるべき6つのこと!

まだ大丈夫かな?そんなに焦らなくても平気だよね。そんな考えでは、気づいた時には手遅れかも?30歳になるまでに30歳手前のアラサー女子がやっておくべきことをまとめてみました!あなたに足りないのは余裕?婚活?しっかりチェックしてみましょう!

4,785 view

30歳までに出来ることはたくさん!

自分をもう一度見つめ直してみませんか?
まだ20代だからと言って、何もしないままだとあっという間に30歳になってしまいます。
20代だからこそ出来ることもありますし、「20代の頃にもっとこうしておけば良かった」と後悔しても後の祭りです。
婚活、自分磨き、遊びなど、やるべきことはたくさんあるのです。
30歳になる前に、自分をもう一度見つめ直してみませんか?

恋愛面を見つめ直そう

婚活しよう
今恋愛をしていますか?女性は、恋愛をすることで美しくなります。
好きになってもらう、又は好きでい続けてもらうために、キレイになる努力をしますよね。
美容面でももちろん、恋愛をすることは女性にとってステータスです。
恋愛をしていないあなた。婚活はしていますか?
婚活でも有利なのは30代より20代です。
若い方の方が男性からの人気がありますし、選択肢は多いほうが良いですよね。
まだ結婚なんて早い。と思っていると、あっという間に婚期を逃してしまうのです。
アラフォーの婚活かあ‥女性の方は男性とは比較にならない難易度だろうな。

自分磨きを見つめ直そう

自分磨き
自分磨きって何をすれば良いのかよく分からない。という人は意外と多いようです。
自分磨きとは、その名の通り自分を磨くわけですが、

・目標体重を決めてダイエットをする
・キレイになるために肌ケアをする
・人に優しくできるように意識する

外側も内側もキレイになることが大切です。
年齢と共に代謝や肌の衰えを感じていきますよね。今は良くても、30歳を過ぎた頃にシミやシワが気になって、20代の頃にケアしておけばこうならなかった。と思うのは避けたいですし、ダイエットも30歳を過ぎると20代の頃に比べれば代謝が下がっていきます。20代の頃にやっておいたほうが断然良いのです。
ダイエットは究極の自分磨きだと思うんですよね。

金銭面を見つめ直そう

お金を貯めよう
アラサーは、社会人になって何年目かで少しずつ余裕が出てきて、同時にお金にも余裕が出てくる時。
ほしいものを我慢せずに買えますし、ちょっとした贅沢もできます。
ですが、同じように貯金をするにもベストな年齢です。
結婚をして子どもができればお金が必要になりますし、余裕がある時期に貯めておかないと、お金が足りなくなってからでは困りますよね。

欲しいものはほどほどに、しっかりと貯金しておきましょう。
アラサーだから貯金もしなきゃだよ

家庭面を見つめ直そう

料理をしよう
女性は家庭を守って、男性は仕事。少しずつ時代は変わって、今はそれほど形にこだわらなくなりましたが、それでも料理ができる女性に惹かれる男性は多いです。
美味しいご飯が食べられるだけで幸せを感じますし、感謝の気持ちも生まれます。結婚を考えた時、料理が出来ないのは結構困ってしまうものです。

掃除や洗濯も同じで、しっかりとこなせる女性は魅力がありますし、家がキレイだと心もすっきりとします。
20代の頃からしっかりと腕を磨いたほうが良さそうです。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
あなたはいくつ当てはまる? 結婚できない女性の特徴まとめ

あなたはいくつ当てはまる? 結婚できない女性の特徴まとめ

周りはどんどん結婚してるのに、なぜか自分だけできない。そんな人だけに共通する特徴があるのはご存知でしたか? 今回はそんな結婚できない女性のポイントをまとめました。
Reet | 3,522 view
今から始める自分磨き。素敵な30代女性になるために必要なこと

今から始める自分磨き。素敵な30代女性になるために必要なこと

女性が30代になってから輝くために、20代の今からしておいたほうがいいことや、心がけるべきことがあります。何をすれば魅力的な大人女子になれるのか、今からできることをお伝えします。
cocotan | 3,945 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

きいろ きいろ