2015年9月29日 更新

ひとりでも安心!「街コン」デビューしてみよう♪

興味はあるけどイマイチルールがわからない、やっぱり勇気が出ない…友達を毎回誘うのも難しい…なんて人こそ思い切って一人で出掛けてみて。ちょっぴり勇気を出して、街コンデビューしちゃいましょう!

496 view

街コンデビューの前に

周りは既に結婚ラッシュ!?
一人で遊ぶのも飽きたし、周りは結婚ラッシュ。彼氏とまではいかないまでも、趣味をいっしょに楽しめる相手が欲しい…などなど「出会いがない」って悩みは大きいものですよね。街コンなら、そんな悩みを解消してくれるかも!ハードルが高い、と言ってしまう前に、街コンデビューしてみませんか?

そもそも街コンってどんなもの?

どの様なスタイルがあるか予習
"街コン”と言うとちょっぴりハードルが高いけど、かんたんに言えば「パーティ」のような雰囲気。合コンやお見合いとは違って、人数が100人〜とかなり多いので、出会いもたくさんあります。形式には、マッチング形式と完全フリー形式がありますが、どちらも初心者でも楽しめる雰囲気を作ってくれています。

マッチング形式ではローテーションでさまざまな異性と話すことができます。恥ずかしがり屋さんや、ちょっぴり真剣に恋人募集中!って人におすすめです。合わないかも、と思ったら20〜30分でペアを替えることもできちゃいます。

もう少しカジュアルになるのが、完全フリー形式。たくさんの人とお話ししたい、自分から話しかけるのも得意、と言う人はこちらに参加するのがおすすめです。

かかる費用って?

予算が心配
街コンとなればおしゃれにもお金がかかるし、気になるのが費用ですよね。お店や規模によっても違うけど、男性は4000〜7000円前後、女性は3000〜5000円前後が主流です。総じて男性の方がちょっぴり高めにはなりますが、お店で食べ物や飲み物を用意してくれるのでこれ以上はかかりません。

昼型?夜型?どっちを選ぶ?

自分のライフスタイルに合せた時間を選んで
生活スタイルに合った出会いを見つけるために、大切なのは「時間」ですよね。街コンも、昼型と夜型があるんです。休日や平日など、開催日時も色々なので、自分のライフスタイルにぴったりの相手を探せます。ほとんどの場合、昼型は午後1時〜6時の間、夜型は午後5時〜11時の間で行われています。3〜4時間で終わるため、気になる人とそのままご飯へ、なんて使い方もいいですね。

参加年齢って?

気になるのはお相手の年齢
街コンは基本的に、20代〜制限無しとさまざまな年齢層で開催されています。20代限定、学生限定、30代限定、など、自分に近い年齢の人と知り合えるチャンスがいっぱい。「年上が好みなんだけど」「若い世代の子と友達になりたいな〜」なんて人は年齢差のある相手とマッチングしてくれる街コンもあるんです。

趣味で街コン!

趣味が合えば楽しさ倍!
年齢やライフスタイルも大事だけど、いっしょに趣味を楽しめるかどうかは気になるところ。「ロック好き限定」「村上春樹好き限定」なんて街コンもあるんです。引っ込み思案な人でも、趣味が同じなら話のきっかけも掴みやすいですよね。
出会いを求めているのはみんな同じ。だからこそ、街コンで出会う相手とは同じ気持ちで参加している人達なので、打ち解けやすいのも魅力のひとつです。勇気を出して、自分に合ったスタイルの街コンを選んで出掛けてみましょう♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
合コンのモテ服決定版! 男子ウケ最強の大人スタイルを伝授♡

合コンのモテ服決定版! 男子ウケ最強の大人スタイルを伝授♡

合コンで思うような成果が上げられない・・・と嘆くあなた。それは合コンで本当にモテる服装を意識していないからかもしれません。合コンでは非モテ要素を除き、あなたを最高に輝かせるスタイルで行くことが鉄則です!
Aki Hirano | 1,097 view
「やった♡ 」女性ばかりの職場でも恋愛のチャンスは掴めるらしい

「やった♡ 」女性ばかりの職場でも恋愛のチャンスは掴めるらしい

職場には女性しかいない。もう何のきっかけもない…。そう嘆かず、チャンスは自分で掴んでみませんか? 女性ばかりの職場でも恋愛のきっかけ作りはできるんです!
Ririingo | 770 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

biche biche