2015年8月21日 更新

あなたの使い方は間違っているかも?!コテを正しく使ってダメージ知らず♪

コテの使い方を間違えると乾燥や切れ毛などのダメージを与えてしまいます。髪が傷まないコテの使い方を知って、あなたも今日からダメージ知らずの綺麗な髪を目指してみませんか?

2,315 view

コテのNGな使い方とは?ダメージ知らずの美髪になる方法

一人1本は持っている?
女の子にとっては必需品のコテ。その使い方を間違えば切れ毛や枝毛などのダメージヘアを作ってしまうんです。コテのNGな使い方とは?美髪になるためのコテの正しい使い方をご紹介します。正しく使って髪へのダメージをなくしましょ♡

高温で巻いていませんか?

高温は危険!
カールやストレートをしっかり長持ちさせたいから、高温でコテを使っていませんか?180度以上の高温でコテを使ってしまうと、パサつきや乾燥などのダメージを作る原因になってしまいます。高温過ぎると髪の毛が焼けて縮れたり、キューティクルが剥がれてしまう原因に。その結果、切れ毛や枝毛も増加してしまうのです。

コテを長時間当てていませんか?

3秒以上は禁物!
高温に気を付けていても、コテを長時間髪にあてていてはダメージの原因を作ってしまうことに。あなたは3秒以上コテをあてていませんか?長時間あて過ぎると高温のコテを使った時と同じように髪が焼けてしまいます。一ヶ所、3秒以内にとどめて、コテを使うようにしましょう。うまく巻けない場合は、1回に挟む毛束の量を減らして巻いてみて♪

濡れた髪にコテをあてていませんか?

濡れた髪はNG!
洗った髪を良く乾かさないままコテを使っていませんか?しっかり乾かしていても、コテをする前に付けるケアスプレーによって濡れた髪にコテをあてるのも危険なんです。髪が濡れたままの状態でコテを使うと、髪の毛の内側の温度が上昇してしまい髪にとって必要な水分まで飛ばしてしまうことになります。その結果、髪がパサついたり乾燥しやすく広がりやすい髪になってしまいます。ヘアスプレーやオイルもきちんとドライヤーで乾かしてからコテを使うように心がけましょう。

コテの正しい温度は?

髪のダメージを減らす温度設定とは?
コテの温度を正しく設定して使えば、ダメージを減らすことができます。
◆カールアイロンの場合
カールアイロンは髪に巻きつけてからカールをつけるまで10~15秒と長い時間あてるため、温度は130度以下に設定しましょう。135度以上で長時間コテをあてるとダメージの原因に。

◆ストレートアイロンの場合
まっすぐ滑らせながら伸ばしていくストレートアイロンは、1ヶ所に2~3秒と短時間なので170度以下に設定しましょう。上から下に向かって滑らせるように短時間で使うよう心がけて♪

トリートメント剤で髪を保護しましょう

使用前にトリートメント剤を♪
髪を熱のダメージから守るために、コテを使う前に洗い流さないタイプのトリートメント剤やヘアオイルなどをつけましょう。髪の毛をコーティングすることによって熱からのダメージを守ると同時に、しっかりとカールやストレートをキープしてくれます。トリートメント剤やオイルはしっかり乾かしてからコテを使って。濡れた状態でコテを使うと髪のパサつきの原因になるので注意しましょう。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
ダメージヘアが蘇る!? リバースケアでうるツヤ髪に変身♡

ダメージヘアが蘇る!? リバースケアでうるツヤ髪に変身♡

あなたの髪の毛は傷んでいませんか? いまの時期はとくに髪の毛がダメージを受けやすいといわれています。パサパサになってしまった髪をうるツヤ髪に蘇らせてくれる、「リバースケア」についてまとめました。
sayamimi | 2,829 view
美容院帰りの髪をセルフで再現♡ 髪の毛をサラサラにする方法

美容院帰りの髪をセルフで再現♡ 髪の毛をサラサラにする方法

指通りの悪い髪の毛だとテンションが下がりますよね。まるで美容院帰りのようなサラサラな指通りをセルフで手に入れましょう! 髪の毛をサラサラにする方法とコツを伝授します。
Ririingo | 16,183 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

yummy yummy