2017年11月7日 更新

今っぽいラフさが魅力♡話題のちょんちょんネイルって?

ちょんちょんネイルって知っていますか?実は最近、ラフでかわいいと話題になっているんです。今回はそんなちょんちょんネイルの魅力を徹底調査しました♡

3,481 view

アーティスティックでクール! 話題のちょんちょんネイル

爪先にラフなちょんちょん
ちょんちょんネイルってご存じですか?その名の通り、ラフにちょんちょんとマニキュアを置いただけのネイルのことです。無造作で自然なのに個性的なデザインが楽しめるということで、人気急上昇中。アーティストっぽい気まぐれな柄がとっても魅力的。自分の個性を自由自在に表現できるデザインでもあります。今回は、おすすめのちょんちょんネイルをご紹介します。

基本はクリアベースのネイル

A post shared by kaori (@tue_kaorin5) on

クリアネイルベースが基本
チョンチョンネイルはクリアネイルで使う人が多数。やはりラフ感が大切なので、ベースはクリアのようなシンプルなネイルに仕上げています。
規則的にちょんちょん
ほんのちょっとだけ点を打つようにレイアウトしたちょんちょんネイル。小さくさりげない柄がかわいいデザイン。

A post shared by @aaa_____yyy on

赤とグリーンでトロピカルに
ラフに塗った赤と緑のネイルにゴールドのパーツを合わせてエスニックなネイルに。南国のようなネイルです。

爽やかなブルーベース

ベースがブルーでもちょんちょん
淡いアイスブルーベースに指違いでラフなちょんちょんネイル。2色のネイルが一本の指を彩ります。

A post shared by Hidemi (@hidepoyo26) on

ブルー調にラメで海のようなグラデーション
少しラメが入ったブルー系ちょんちょんネイル。涼し気な夏のネイルにぴったりのネイルです。

やっぱり大好きピンクネイル

A post shared by おかな (@niji_okana) on

ピンクと紫でロマンティックに
ヌーディーなピンクでさりげなくちょんちょんネイル。指違いの単色はちょっと強めのピンクでインパクトを持たせて。

A post shared by mai (@sugar_peco) on

いちごキャンディのようなちょんちょんネイル
おかしみたいなピンク色に赤のネイルをひとたらし。赤いイチゴを思わせるちょんちょんネイルです。
ピンクベースに星屑のようなラメを
ピンクのネイルにしろとラメでちょんちょんネイル。ラメが無造作に乗っていて、ちょっと不思議な印象のネイルに。

キャンバスみたいなホワイトベース

ホワイトベースならではの鮮やかさ
白地をキャンパスのように使って思い描くマニキュアでちょんちょんのせたネイルは、色がくっきりとしてイメージアートのよう。

A post shared by saori hiro (@sao008) on

ネイビーのコントラストも魅力
濃い色は白地ベースとはコントラストが強くなります。はっきりとした模様がちょんちょんと描かれたネイルです。
元気良くカラフルに
白とイエローの指違いの中に白ベースのカラフルちょんちょんネイル。明るい色合いがさわやか。夏にもぴったりです。

フレンチ風に塗り方アレンジ

フレンチ風に爪先に
爪先にだけ塗るちょんちょんはフレンチ風になります。三色を縦にさりげなく入れたネイルもフレンチ風に。

A post shared by ari (@eri_ari3) on

赤と白で細フレンチ
紅白の交互にちょんちょんとさせたフレンチネイル。細フレンチなので、ちょっとした柄の変化が、シャープにはっきりと見えます。

A post shared by Satoko Takada (@stk_tkd) on

モノトーンも魅力的
モノトーンでチョンチョンネイルをフレンチ風に。小さな丸でのせたフレンチネイルは目を引くデザイン。

端まで塗らない無造作ネイル

A post shared by @mayucana on

ラメでカラフルネイル
爪の中央にちょんちょんとのせる端まで塗らない無造作なネイルです。カラフルなラメマニキュアで不思議な色彩。

A post shared by ゆい (@yuiko_0126) on

半透明ネイルにちょんちょんネイル
半透明のクリアネイルに、ラフで無造作なカラーを描いたネイル。カジュアル感とポップ感があるネイル。
中央にささやかに
真ん中に少しだけ塗るネイル。ちょっとすっぴんネイルに少し塗っただけの印象。さりげなく馴染むネイルは普段使いにも便利。

まとめ

ラフでかわいいネイルとして注目を集めているちょんちょんネイル。自分らしさを思い切り出して描きたくなります。誰かに見せたくなるような思い思いのお気に入りネイルを描いて、個性的なちょんちょんネイルの魅力を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事のキュレーター

Pheme Pheme