2015年10月15日 更新

肌触りが悪いと肌が荒れちゃう!肌触りのいいタオルを教えちゃいます♡

毎日使うタオル。あなたはどんなものを使っていますか?実はタオル1つで肌質が悪くなることもあるくらい、肌触りは大事!やっぱりふわっふわで、肌に優しいのがいいですよね♪今回は気持ちいが良いおすすめのタオルとブランドをご紹介します。

4,690 view

肌触りが命!

毎日使うものだからこそ、こだわりたい!
私達が毎日使うタオル。色々な素材で、肌触りも様々ですよね。
今回は5ブランドのタオルをご紹介しますので、ぜひ参考にしてお気に入りのタオルをみつけてくださいね♡

【コンテックス】質にこだわったタオルブランド

シックでお洒落なタオルケット
厳選した素材を使い、日本国内で安心・安全な生産加工をすること。

全商品を自ら使って、使い心地が良いかを確認する事。
お客様の御意見を積極的に取り入れていき、商品の改良をするなど、様々なこだわりを持って作られている、ブランド「コンテックス」。
今回ご紹介するコンテックスのおススメタオルはこちら!「Lana」です♪
ラーナはイタリア語で、毛織物を意味するLanaから名前をつけたタオルで、ニットのような風合いと心地良いフィット感が特徴です。
コンテックスオリジナルの糸を使用し、落ち着いた色使いの中にも独特な深みがあり、タオル表面の細かい凹凸が、滑らかな肌触りを感じさせてくれます。
弊社のスタッフは、
Mサイズを洗顔時にお肌を傷つけることなく優しく水分をふき取ってくれるので、洗顔用のタオルとして。
Lサイズを出張時のスーツケースに入れて枕カバーとして。
XLサイズをショールのように肩からかけてファッションアイテムとして。
XLサイズをベビーのおくるみとして。
使用しています。
とのこと♪

ベーシックなデザインなので、女性のみならず男性へのプレゼントとしても重宝しそうですね。
このタオルの口コミもご紹介します。参考にしてみて下さいね♪
いただて使用してみて肌触りが気に入って購入しました。色もすきです。少しずつ増やしていきたいと思います。
内祝いで頂いたことがあり、大変気に入りました。今回、クラー対策の膝掛けとしてXLサイズを購入。ちょうどよい大きさで、肌触りも最高!!いつかはXXL、欲しいなー。

【ヒポポタマス】オーガニックタオルの歴史を変えたタオルブランド

オーガニックコットンとエコ素材の再生竹繊維をバランスよく交織
ヒポポタマスがデビューした2005年頃まで、オーガニックタオルは淡いベージュや白などの色しか作れず、色鮮やかな物はありませんでした。
そんな中、自社で研究を重ねたヒポポタマスは「オーガニックなのに色鮮やかなタオル」を発売。
瞬く間に話題になり、時代のセンセーショナルとして人気を博したそうです。

オーガニックタオルの歴史を変えたといっても過言ではありませんよね♪
お勧めしたいのがこのバスタオル!
輸出規格サイズですので、通常より大きめです。有機栽培綿と再生竹繊維の交織は、吸水性が高く防臭抗菌効果もあり、爽快に身体を拭けます。
また、再生竹繊維(東レ「爽竹」)が織り込まれているので、見た目のボリュームに比べしなやかで軽く、ほどよく身体にまとわりつくので、身体全体を素早く爽快に拭ききれます。
半分に折って正方形にするとあかちゃんのおくるみとしても使える優れもの♪

ぜひこのタオルの肌触りを体験してください♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
いい香りにおしゃれな見た目♡ 新作ディフューザー4選

いい香りにおしゃれな見た目♡ 新作ディフューザー4選

じわじわ人気を博している「ディフューザー」。お部屋をいい香りにしてくれるのはもちろん、おしゃれなインテリアにもなるので、気になる女子も多いはず。今回はそんなディフューザーの新作をご紹介します。
Erina | 5,880 view
今年もしまむらでハリスツイードが買える! 狙い目商品をチェック

今年もしまむらでハリスツイードが買える! 狙い目商品をチェック

ハリスツイードのアイテムがリーズナブルな価格で手に入ると、毎年人気のしまむら×ハリスツイードのコラボ。今回はそんなしまむらとハリスツイードのコラボについて紹介していきます。
赤井れん | 2,766 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

綾美 綾美