2016年3月3日 更新

足元まで気を抜かないで☆意外と知らない結婚式の靴のマナー

結婚式に出席するとき、ドレスやヘアスタイルは気を遣うけど、靴のことが疎かになっていませんか?後回しにしてしまいがちな結婚式の靴のマナーをしっかり覚えておきましょう!

これってマナー違反なの?覚えておきたい結婚式の靴選び

意外と知られていない足元のマナー☆
友達や親戚の結婚式に出席するとき、大人の女性としてTPOに相応しいファッションを意識したいものですが、意外と知られていないのが靴のマナー。知らず知らずのうちにマナー違反をして恥ずかしい思いをしないように、靴のマナーを身につけて足元まで完璧にコーディネートしましょう!

結婚式に相応しい靴の種類とは?

爪先が隠れるプレーンなパンプスを♡
女性の靴はいろんな種類がありますが、結婚式用に選ぶならプレーンなハイヒールがベストです☆バックストラップはOKですが、なるべく露出の少ないものを選んでください。色やデザインで個性を出して、結婚式のファッションを楽しみましょう♪

ヒールの高さや形にも注意が必要!

細めで3cm以上のヒールを選んで♪
結婚式用の靴で気をつけなければいけないのは種類だけではありません。ヒールの形にも気を配りましょう。ヒールが太いとカジュアルな印象を与えてしまうので、女性らしい細身のヒールで、高さは3cm以上のものを選んでください。

ストッキングにも気を配るのを忘れずに!

肌色のストッキングを必ず履きましょう!
結婚式では必ず肌色のストッキングを履きましょう。お葬式のときに履く黒いストッキングや生足はNG!編みタイツやカラータイツも避けた方が無難です。華やかさを出したいときは、肌色のストッキングに控えめなラメが入っているタイプを選ぶのがおすすめです!

全体のバランスを考えたコーディネートを☆

トータルコーディネートを意識して♪
フォーマルなドレスや靴は、つい無難な黒を選んでしまいがちですよね。結婚式で黒いものを身につけてはいけないということはありませんが、全身真っ黒ではまるで喪服です。黒いドレスを着るときは靴は華やかにするなど、お祝いの席に相応しい華やかなトータルコーディネートを心掛けましょう。

結婚式にはNGな靴の種類

露出の多いサンダルやオープントゥは避けましょう☆
結婚式では露出の多い靴はマナー違反です。どんなにデザインがかわいくても、サンダルやミュールはNG。また、露出が少なくてもオープントゥの靴は、「妻が先に出る」ということから結婚式では縁起が悪いとされています。さらに、カジュアルな印象を与えるブーツやフラットシューズも、フォーマルな席では避けましょう。

プレーンなパンプスでもこんな柄はNG!

アニマル柄やバイカラーは結婚式ではマナー違反!
プレーンなパンプスならなんでもOKというわけではありません。殺生を連想させるアニマル柄は結婚式では縁起が悪いのでダメなんです。また、2色に分かれたバイカラーも別れをイメージさせると考える人もいるので、できれば避けたほうがいいでしょう。
結婚式でマナー違反をしてしまうと、自分が恥ずかしい思いをするだけでなく、招待してくれた新郎新婦の気分を害してしまいます。特に会社関係や年配の親族が多く出席している結婚式ではマナーに厳しい人も多いので、足元まで気を抜くことなくバッチリきめて新郎新婦をお祝いしてくださいね♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
知らないと恥ずかしい…。結婚式用バッグのマナーと選び方

知らないと恥ずかしい…。結婚式用バッグのマナーと選び方

結婚式というフォーマルな場所では、バッグ選びひとつとっても気をつけたいマナーがあるんです。意外と知らない結婚式用バッグを選ぶときの注意点をご紹介します。
結婚式には何を着て行けばいい? 知っておきたいドレスマナー

結婚式には何を着て行けばいい? 知っておきたいドレスマナー

ジューンブライドとも言われるように、これからの季節結婚式に出席する予定がある人も多いのでは? 直前になって焦らないように、ドレスマナーをチェックしておきましょう!

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

myunon myunon