2016年6月16日 更新

あなたならどちらを選ぶ? 好きな人と、好いてくれる人

なかなかふりむいてくれない片思い中のあの人と、ずっと自分を好きだと言ってくれるあの人。前者は前途多難で後者はなんだか妥協なような気がして結局どちらも選べない! なんて経験ありますか?

2,475 view

経験した人にしかわからない悩み

周りの人からみたら贅沢な悩みでも・・・
「好きな人がいるけど脈ありの男性もいて、どっちを選んだほうがいいのか?」一見、贅沢な悩みにも聞こえますが、本人にとっては非常に悩みどころです。しかしメリットデメリットで恋愛は選ぶものではありません。自分の気持ちに正直になって進んでみましょう!

①まずは大好きでたまらない人に告白しよう

告白する
心の中でずっと想っていても何も変わらないから思い切って告白しよう! ただし相手の迷惑にならないようにね。
恋する乙女
大好きな人に会えるだけで嬉しい! 会話できたらもっと嬉しい! そんな乙女の気持ちを大切にすることはいいのですが・・・。
後悔しない人生を生きる
もし片思い期間が随分長く続いていてにっちもさっちもいかないようであれば自分から思い切って想いを伝えてみましょう。
片想いしている人に何も伝えずにその恋を終わらせることは不可能です。何年経っても後悔がつきまとう結果になるくらいなら、いっそキチンと想いを伝え、気持ちよくフラレたほうがよっぽど清々しいでしょう。仮に相手がOKだったらお付き合いしてみたらいいじゃないですか。大好きな人とお付き合いできる経験をしたほうがしていないよりよっぽどいいです!

②脈アリな人とお付き合いしてみる

何事も経験が大切
好きな人がいない、もしくは、好きな人に玉砕したなら、自分を好きだと言ってくれている人とお付き合いしてみよう。視点が変わっていいお付き合いができるかもしれません!
何故この人は私のことが好きなのだろう?
相手を通して自分を見つめるいいキッカケになるかもしれません。ゆっくりあせらずデートを重ね、相手とたくさん会話をするところから始めてみてください。
すぐにラブラブな関係になる必要はありません
まずは一番信頼できる友達になること、気を使わず素の自分であれるところから始めてみたいと彼に伝えてみてはいかがでしょうか。
自分を好きだと言ってくれる人を受け入れることはとても大切な経験です。相手が一体自分のどこを好きだと言ってくれているのかわかるまでお付き合いしてみることで、新たな自分の発見があるかもしれません。また、好きな人の前では緊張して自分らしくできなかった人は特に、緊張せずに付き合える相手は貴重な存在になるでしょう。

③両方とお付き合いする経験を通してわかることは?

頭ではなく心で感じるものを大切にしよう
杓子定規に並べれば判断できることもあるでしょうが、人の心とはそう簡単なものではありません。経験を通して心で感じることこそが真実なのです。
ずっと好きだった人
そんな人とお付き合いできたら最高に幸せでしょう。しかし数ヶ月、数年後にもその幸せは続いていますか? ここが大切なポイントです!
気がついたらそばにいた大切な人!
自分を好きだと言ってくれる人と、最初は相手のことをなんとも思っていなかったのに気づけばとても大切な存在になっていた! なんてこともあります。
人生とは一瞬一瞬の連続です。今という瞬間のトキメキは1年後にどうなっているのかなんて誰にもわからないことです。だからこそ後悔をしない選択をすること、何事も恐れずに経験を通して学ぶこと、感じる心に耳を傾けることが大切です。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
どういうつもりなの!? “思わせぶりな態度”をとる男性の特徴

どういうつもりなの!? “思わせぶりな態度”をとる男性の特徴

何度も会って連絡も取り合っていた気になる男性から、突然「彼女ができた」という告白。期待させないでよ!今回は、“思わせぶりな態度”をとる男性の特徴をご紹介してまいります。
Erica | 10,001 view
好き or 嫌い? 好き避けメールの見極め方HOW TO

好き or 嫌い? 好き避けメールの見極め方HOW TO

メールを送れば返してくれるけど返事が遅い。なんとなくそっけない。そんな経験のある方はいませんか? それはもしかしたら「好き避け」かもしれません。ここでは、好き避けメールの特徴についてお伝えしたいと思います。
ユサ179 | 1,029 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet