2016年5月9日 更新

もっとおしゃれに! 目でも楽しむワンプレートご飯のアイデア集

カフェみたいなワンプレートご飯を、家でも作りたい! でもステキに盛り付けるにはコツが必要です。ちょっとした工夫でおしゃれ感アップのアイデアをご紹介します。

832 view

食べ過ぎも防止する、おしゃれなワンプレートご飯

いろいろな料理をバランスよく盛り付けましょう☆
1つのお皿に主食と主菜、副菜などをのせた、ワンプレートご飯。カフェご飯っぽくておしゃれな上に、盛り付けられる量に限りがあるので食べ過ぎ防止になります。このワンプレートご飯を楽しむには、盛り付けのコツや料理の組み合わせ方を知っておくべき。プレートの上にどう展開するかは、あなたの腕の見せ所です!

ワンプレートご飯の盛り付けのコツ

おかずとおかずの間隔をとること♪
ワンプレートご飯の盛り付けのコツは、なるべく大きなお皿を使うこと。おかずをたくさんのせてしまうと、見た目がきれいではない状態になるからです。見た目を重視するなら、ちょっとボリュームダウンして少なめに盛り付け、おかずとおかずの間に隙間ができるように配置しましょう。

洋食はシンプルなプレートで

色付きのお皿などで遊んでみても
洋食ならば、こんな色付き陶器皿で遊んでみては? このワンプレートご飯ではスコーンを主食に乗せていますが、地味にならないよう、サラダの緑で彩りを添えています。ココット型に入れた卵もおしゃれ。ココット型はシチューやスープを乗せる時にも便利です。

和食はこんなワンプレートで

和食なら木製プレートも似合います
おにぎりをメインにしたワンプレートご飯。和食ならこんな木製プレートなど、自然素材のプレートが雰囲気を盛り上げてくれます。他のおかずに匂いがつきやすいお新香は豆小鉢に入れる配慮も。おかずの種類をたくさん作るのは大変なので、普段からきんぴらや煮豆などの常備菜を用意しておくと便利です。

アジアごはんはこんなワンプレートで

れんげを利用した盛り付けも
アジアごはんは炒め物が多く、見た目がごっちゃりしがち。そんな時は野菜やフルーツを飾りにしてみましょう。また主菜はわざと大き目にして中央や手前に乗せ、メリハリをつけるとうまく盛り付けできます。れんげを盛り付けに使ったり、エスニック柄のランチョンマットを敷いたりと、アジアン気分を盛り上げて。

小鉢や小皿を活用して

小鉢や小皿を大皿に乗せて
洋食でのココット型、和食での豆小鉢のように、小さい食器を活用してみましょう。スープやシチューを盛り付ける時に使えるのはもちろんですが、それぞれのおかずの味が混じらないよう配慮されていると、より美味しくいただけるというもの。無地のお皿に、色付き・柄付きの小鉢や小皿を乗せると、おしゃれなアクセントにも。
いかがでしたか?ところでワンプレートご飯は、お皿に盛らなくてはならない決まりはありません。パンのカッティングボード、寿司桶、塗りのお盆、撥水加工がしてある紙でもOK。きれいに洗ってあるならば、落ち葉や植物を飾るのもステキです。あなたのアイデアで、おしゃれなワンプレートご飯を目指しましょう!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
朝食はコレにきまり♪おしゃれで話題の「くり抜きトースト」

朝食はコレにきまり♪おしゃれで話題の「くり抜きトースト」

おしゃれでおいしい♡と話題のくり抜きトーストをご存知ですか?朝食にもピッタリのかわいいくり抜きトーストの全貌をご紹介いたします。
mayu♡ | 1,889 view
100均でも手に入る♡ シリコン型でおしゃれスイーツを作ろう

100均でも手に入る♡ シリコン型でおしゃれスイーツを作ろう

どこの家庭にもあるシリコン型。そんなシリコン型は思ってる以上におしゃれにかわいく料理ができる使い方があるんです。今回はみなさんの知らないシリコン型の便利な使い方を紹介していきます。
赤井れん | 614 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

momotan momotan