2016年1月21日 更新

目を大きくする運動で叶える!生まれつきのようなぱっちり瞳♡

大きなクリッとした目は生まれながらのものだと思っていませんか?でもあきらめないで!目を大きくする運動やむくみ改善で、クリクリの大きな瞳に近づけます♪

クリッと大きな瞳は女子の憧れ♡

もとの目が大きくなりたい☆
くりんとした大きな瞳は女の子たちの憧れ。「生まれつきのものだから今更どうにもならないでしょ」なんて思っていませんか?メイクで目を大きく見せることもできますが、日々の生活の中でちょっとした運動や習慣を変えるだけで瞳を大きくすることも不可能ではないんです♪

ゆっくりウインクをして眼輪筋の運動♪

ウインクは目のいい運動になります!
目の周りの筋肉をほぐすことは瞳を大きく見せるための重要なポイント。まずはゆっくりとウインクして、目の運動をしましょう。ウインクすることで下まぶたの眼輪筋を鍛えられるのと同時に、涙袋をはっきりさせることも期待できるんだとか☆

ギュッと目をつぶって筋肉を鍛える!

ぎゅーっと目をつぶって目の奥を刺激します
コチラも眼輪筋を鍛える運動のひとつ。思いっきりぎゅーっと目をつぶります。目をつぶった時、眉間にシワが寄ってしまう人はシワができないように指でおさえて行いましょう。思いっきりつぶったら10秒間キープ!
これを1日5~10回行ってくださいね♪

むくみで目が小さく見える?

むくみはデカ目の大敵☆
出典 ameblo.jp
むくみはデカ目の大敵☆
目が小さくみえてしまう原因には、むくみも関係しています。周辺のまぶたなどの脂肪がむくんでいれば、目は小さく見えてしまいます。目を大きく見せるには、目の周辺のむくみをとるのがとても重要なポイント。

目のむくみを予防する生活とは

不規則な生活は目だけでなく全身のむくみの原因に!
出典 vk.com
不規則な生活は目だけでなく全身のむくみの原因に!
むくみは生活習慣や食生活の乱れと大いに関係があります。まずは早寝早起きを心がけましょう。塩分の多い食事もむくみの原因のひとつ。なるべく薄味を心がけてくださいね!また、むくみ予防に水分を控える人がいますが、これは逆効果!脱水状態になると、かえってむくみの原因になることもあります。

ツボを押してむくみを改善♪

ツボが分からない場合は、押して気持ちいいところを探しましょう♪
眉頭の内側のくぼみ、目頭の下にあるくぼみはまぶたのむくみをとるために有効なツボがあります。ここを親指で3秒間押す動作を3回ずつ行いましょう。目を傷つけないように注意!親指でゆっくり押すと、血行が良くなったような気持ち良さを感じるはずです。

カリウムが豊富な食べ物をたくさん食べる♡

フルーツはカリウムがたくさん含まれている食品
むくみは代謝が悪いと起こります。まずは水分をたくさんとって、利尿作用を促すことが大事ですが、その手助けをしてくれるのが「カリウム」。塩分排出にもとても有効なので、むくみを根本的に解決してくれます♡カリウムは果物に豊富に含まれているので、積極的に食べるようにしましょう!
いかがでしたか?もとの目を大きくするなんて不可能だと思ってしまいがちですが、意外と簡単な方法で目が大きくなることがお分かりいただけたと思います。目の運動は目を大きく見せるだけではなく、眼精疲労などの解消にも有効。オフィスワークやスマホの見過ぎで疲れた目を休ませる時にもおススメです。早ければ1週間で効果が期待できるので、大事な予定がある1週間前からトライしてみるといいかもしれません☆

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
うるうる目元。アイシャドウで作るぷっくり涙袋でモテをゲット!

うるうる目元。アイシャドウで作るぷっくり涙袋でモテをゲット!

アイシャドウでつくるふっくらキュートな涙袋メイクのHow toを伝授! アイシャドウのカラー別にポイントを押さえてご紹介していきますよ。要チェックです!
腫れぼったい二重はメイクで解決!印象的な目元へチェンジ☆

腫れぼったい二重はメイクで解決!印象的な目元へチェンジ☆

日本人に多い、腫れぼったい奥二重。コンプレックスに思っている人も少なくないかと思いますが、実はメイクやまぶたのマッサージで解決できるんです。そこで、奥二重をぱっちりした目元に導く数々の方法をまとめました!

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

mayu♡ mayu♡