2015年11月17日 更新

ウンザリ…男が「面倒くさい!」と叫びたくなるオンナの特徴3つ

こちらは親切でしていたつもりなのに、実は男性にとっては迷惑な話だったなんてこと、過去にあったりしませんか?今回は男性が思わず「面倒くさい」と叫んでしまう女性の特徴をご紹介いたします。

2,448 view

内心は嫌がってる…!?

ハァ…面倒くせぇ。。
これからクリスマスに向けて急激にカップルが増える季節。
フリーの人も、すでに彼氏候補生をみつけている人も、肝心なのはお付き合いがはじまってから!

付き合う前は出来女ぶっていても、付き合った瞬間にボロがでてしまっては、それまでの努力も台無しに…。

なかには彼氏ができた瞬間に恋愛モード100%になる人もいますが、相手はもしかしたら、あなたの知らないところで「コイツ、面倒くさい!」と感じているかもしれませんよ。
そこで今回は、男が思わず「面倒くせぇ!」と叫びたくなるオンナの特徴3つをご紹介いたします。

自分が正解だと思い込んでいる

私は間違ったことなんてしてないわ!
どんなに仲がよくても、男と女は全く違う生き物である以上、ときには大きくすれ違うときがあります。そういうときは当然、彼と話し合うわけですが、自分の価値観を無理やりおしつけると「面倒くさい女」と判子を押されてしまいます。二人の間に溝ができたときは、どちらかが正しくて間違いか一方的に決めつけることはできません。自分が正解と思い込みすぎるのは、問題をさらに複雑にさせるだけ…。

話し合いがヒートアップすればするほど、客観的な視点を見失ってしまいますが、どんなときも自分の価値観が正しいと思い込まずに、常に相手の立場になって物事を考えてみましょう。

感情の起伏が激しい

笑ったり、怒ったり、泣いたり。
女性である以上、感情の起伏が激しいのは仕方のないこと。でも、怒りの感情をぶつけるときは、きちんとタイミングを見極めなくてはいけません。たとえば、明らかに彼氏が仕事で繁忙期を迎えているときにヒステリックになってしまうと、いくら器の大きい彼であっても、すぐにキャパオーバーに。

「私の話を聞いてよ!」と感情的になったままメールやLINEを送るのではなく、一晩だけ寝かしてみましょう。昨日はあれだけ怒っていたけど翌朝になって落ち着きを取り戻したという経験が少なからず、あなたにもあるはずです。少しでも精神的なバランスがとれるように意識してみましょう。

仕事や友達より恋愛を最優先

彼との時間がイチバン♡
自分のことを大切にしてくれる気持ちはありがたいですが、男性はいざ追いかけられると逃げたくなってしまうもの。全てのエネルギーを一ヵ所に集中させていると、必ず失敗します。友達との用事をドタキャンしてまで彼氏を優先させていませんか?あるいは、仕事中にも関わらず、彼に連絡を入れたりしていませんか?

優しい彼であればあるほど、本当は迷惑に思っていても、あなたには言えないんです。いきなり別れを告げられる前に、恋愛以外のことにもしっかりと目を向けていきましょう♡

独りよがりの恋愛は卒業するべき!

彼のためではなく自分のために成長しよう!
いかがでしたか?
せっかく素敵な彼をみつけても、長く続かない…。

それはもしかしたら、あなたが勝手に一人で盛り上がっているのかもしれませんよ。男性にとって手放したくないと思える女性は、その人自身、しっかりと自立していて、彼にあまり寄りかかっていないものなのです。独りよがりの恋愛を卒業するためにも、今一度、自分自身と向き合って、お付き合いの仕方を改善してみましょう!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
目指せ愛され女子♡彼氏に「めんどくさいなぁ…」と思われる言動

目指せ愛され女子♡彼氏に「めんどくさいなぁ…」と思われる言動

彼氏に「めんどくさい」と言われたことはありませんか?なかなか理解できない男心、理解されない女心…。それでもうまくやっていくための7つのポイントをご紹介します!
すな | 62,280 view
彼女にしたくない…!「察してちゃん」になっていませんか?

彼女にしたくない…!「察してちゃん」になっていませんか?

女性からしても面倒くさい女子“察してちゃん”は、男性からするとさらに面倒くさい存在…。あなたは察してちゃんになっていませんか?そんな察してちゃんの特徴を紹介します。
ちょび花 | 62,290 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Erica Erica