2016年4月20日 更新

部屋を好きな色で彩る。インテリアカラー別お部屋コーディネート

心地いい部屋を作るにはインテリアカラーを意識したコーディネートが重要です。お気に入りのカラーで理想の部屋を作るには、具体的にどうすればいいのかまとめてみました。

3,594 view

毎日お気に入りの色に囲まれて暮らしたい

好きな色で部屋を彩る
毎日過ごす部屋、あなたの部屋はいま何色に染まっていますか? 仕事から帰ってくつろぐ家時間、大好きな彼と過ごす時間。家は自分にとっていつも安らぎと元気を与えてくれる場所でなければなりませんが、そこが何色になっているかは気持ちに大きく影響します。季節に会わせて色を模様替えする人もいるでしょうし、いつも同じ色系統の人は、好きな色で性格も分かってしまうかもしれません。どんな色にどんなインテリアが合うのかをご紹介します。

心地良い空間作りにはコツがある

どんな色に包まれたいですか?
毎日過ごす部屋は気分に大きく影響するものです。明るい部屋にいれば明るい気分になりますし、暗い部屋にいれば何となく気が滅入ってきます。ピンクに囲まれればホルモン分泌が活発になって女性性がアップするとよくいわれますし、赤を見ると元気が出る反面、興奮して短気になりやすいともいわれます。視覚情報である色と心理は密接に関連しているのです。部屋づくりの際にはこうした色効果を考えた上で、上手にカラー選択する必要があります。ポイントはベーシックカラー、アソートカラー、アクセントカラーと三色にしぼって部屋の色を考えること。三色使いが基本と覚えておきましょう。
ベーシックカラー(基調色)とは、アソートカラーの背景となり、アソートカラーを美しく映えさせるための色で、空間の70%を目安に使うのがポイントです。
アソートカラー(協調色)とはお部屋の中で、印象づけたい色の事をそう呼びます。空間のおよそ25%を目安にコーディネイトします。
アクセントカラー(強調色)とは、部屋全体を引き締めたり、変化をつけたりするために使うカラーです。目安は、空間のアクセントとして、5%程度と考えておいてよいでしょう。

シンプルなイメージのある「白」

何にでも合う万能色
ホワイトベースはインテリアの基本中の基本です。広い範囲で使っても圧迫感がないですし部屋を明るく見せる効果があるので壁紙に一般的に使われる色です。どの色とも調和するので部屋の模様替えも簡単。ただし、白で統一した部屋づりはシンプルなだけに上級者向き。白は質感も大事になりますし、あまり白ばかりでは明るすぎる場合もあります。そこで、赤や黒などといったアクセントカラーを取り入れるとよいでしょう。
白が好きな人は、「フレッシュでピュア」または「誠実で善良」だとみられたい願望があり、シンプルで無駄がない生活スタイルを好みます。

「黒」でシックに決める

配色バランスが大事
モノトーンがお好きな人も少なくありません。白×黒はインテリア上級者の配色です。モダンインテリアが好きな人に好まれる配色です。黒の配色が多いと部屋が暗くなりすぎますから、どのくらいの分量にするかをよく計算しましょう。分量によってリビングに向いていたり寝室に向いていたりします。ベッドだけ、ソファだけに黒を使うというのも上手な使い方。部屋を引き締める効果があります。

リラックス効果のある「グリーン」

自然の色はやはり落ちつく
植物をイメージさせるグリーンは部屋に安心感を与えてくれます。リビングに使うのももちろんいいですが、寝室や書斎にもふさわしい色です。ポイントは明るいグリーンにすること。暗いグリーンが多いと重い印象になって気が滅入りやすくなることもあります。また、部屋に観葉植物を置くとリラックス効果も高まるのでおすすめです。
唯一温度を感じない中間色なのでインテリアに一番使いやすい有彩色です。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
ステキインテリアを取り入れて! ラグでくつろぎ空間作り♡

ステキインテリアを取り入れて! ラグでくつろぎ空間作り♡

部屋の大きな面積を占めるラグ。選び方一つで、部屋の雰囲気がガラリと変化しますよね。どんな色や素材があるのか、お手入れ方法など、今みなさんが一番知りたい情報をお伝えします。
あやか | 353 view
今が旬の西海岸インテリア。リラックスできるお部屋づくり

今が旬の西海岸インテリア。リラックスできるお部屋づくり

セレブやおしゃれな人たちの間で人気の西海岸インテリア。そのインテリアの魅力は開放感とリラックス感。貴女のお部屋も西海岸風に変身させませんか? 西海岸風インテリアのコツ5つと、おすすめアイテムをご紹介します!
Reet | 1,892 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

cocotan cocotan