2015年10月30日 更新

日帰りで行ける♡都内近郊おすすめプチ旅行スポット

仕事や家事をしていると時間はあっという間に過ぎていきますよね。知らないうちに疲れやストレスが溜まる。そんな時は日帰りで行けるプチ旅行がおすすめです!近くても普段と違う場所を訪れるだけで、気分がリフレッシュできます。

友達や家族、彼氏と一緒にプチ旅行♪

週末はプチ旅行でリフレッシュ!
秋は1年の中で最もホッコリ出来る季節。この時期にプチ旅行をすれば、紅葉は綺麗だし、空気はイイ、食べ物だって美味しいですよね。年末までは長期休みはおあずけだけど、日帰りプチ旅行ならなんとかなります。天気のいい日はちょっと先まで遠出してリフレッシュしちゃいましょう♪家族や彼氏といい時間が過ごせればきっと癒されるはず♡おすすめの場所を10選ご紹介します!

ほったらかし温泉(山梨)

露天風呂から感動の日の出が見れる!
ほったらかし温泉とは、その名の通り「自然の立地のまま」ほったらかしにしてある場所で、富士山を見ながら甲府盆地を見下ろす絶景と、星空が天井と謳われる夜景が好評の天然温泉です!ここに行けばあとはほったらかし!入場料はたったの800円。子供は400円。浴場は全て男女が別になっています。おすすめは温泉に入りながら日の出を見ること。その為に営業時間が「日の出1時間前~22時」に設定されているんですよ♡
開放的な露天風呂から見る夜景は格別でした。皆様書かれているように施設は綺麗とは言い難いですが、絶景を楽しみながら入る温泉はやはりいいですね。
バスタオル1000円でしたので、200円の小さいタオルか、タオル持参をオススメします。
夜景を見下ろしながら入る温泉は最高!に違いありません。すぐにでも行きたいですね♡

那須やぎ広場「がらがらどん」(栃木)

新聞に掲載されてから土日は大混雑
今行くならおすすめは平日です。ここはたくさんのヤギと犬がいてのどかな場所です。かわいい子ヤギもいるので、お子様がいるご家庭にもぴったり。カップルで行っても、ヤギのかわいらしさに二人でほっこりできちゃいそうですね♡元々、ヤギ乳の良さを認知してもらうために作られた場所なので、ヤギ乳製品が豊富です。ただし、製品は土曜日にでき上がってくるそうのなで、タイミングを合わせないと人気製品にありつけない場合も。石鹸は今のところ数カ月待ちだそうです!

市原ぞうの国(千葉)

象が中心の動物園
市原ぞうの国は水と緑に囲まれた小規模の動物園です。都内からプチ旅行として日帰りに持って来いの場所ですね。園内には9頭のぞうをはじめ、キリン、かば、らくだ、カピバラ、レッサーパンダ、ライオン、とら、など100種500頭羽の動物がいます。小規模ながらかわいい動物がたくさん集まっているんです。ここでは直接餌をあげたりと触れあうことができ、ぞうさんショーでは9頭のぞうさんがサッカーをしたり、楽器を演奏したり、迫力満点ですよ♡
園内は小規模ながら多くの動物がいます。 動物によっては至近距離、もしくは触れ合うこともできます。 象のショーはたっぷりと楽しむことが出来ました。半日は遊べます。 個人的にはカピバラが可愛かった。カピバラにも餌やりが出来ます。

もの知りしょうゆ館(千葉)

無料で楽しめるのでお財布にも優しい♪
千葉県野田工場にあるキッコーマン「もの知りしょうゆ館」では、しょうゆの製造工程を映像や展示で紹介してくれます。普段何気なく食卓に並んでいる醤油がどうやって作られているのか、原料にはどんなものがあるのか…、もろみのことやしょうゆの色・味・香りを体験できるんです。入館料は無料でおみやげまでもらえるそう!併設カフェで醤油味のソフトクリームも堪能できます。小さいお子様にはもちろん、大人が行っても楽しめる工場なんです♡

堂ヶ島クルーズで洞窟めぐり

時間は短いけど中身は濃い
堂ヶ島(どうがしま)は、静岡県賀茂郡西伊豆町にある景勝地のことです。景色が大変美しい島であることから「伊豆の松島」と呼ばれているそう。堂ヶ島クルーズは25分と乗船時間が短いのですが、天気が良ければ西伊豆の海から富士山を眺めることだってできるんです!あの有名な”青の洞くつ”と呼ばれている「天窓洞」へ手軽にクルーズをお楽しみいただけるスポットなんです。

九十九里浜 本須賀海岸

まるで映画のような綺麗な海辺
“天地の四方の寄合”と伊藤左千夫によって詠われたこともある歴史ある海岸と言えば九十九里浜。砂と空と海とが造り出す雄大な自然は、綺麗な砂と重なって、都会で疲れた心を一気に癒してくれるんです。南は太東崎から約66km,北の刑部岬にいたる海岸線は岩礁一つない砂浜なんですって。彼氏とのデートにもってこいの場所です!
お天気のいい日で、浜沿いの道にはたくさんの車が駐車されていました、サーフィンを楽しんでいる人や、蛤を掘っている人がいました。砂浜の砂は黒っぽいのであまり透明度はよくありませをんが、遠浅のきれいな浜です。
海に入ることがメインではなく、ドライブに持って来いなのが、秋の九十九里浜。秋の季節でも、潮の香りを嗅ぎながら、リフレッシュが出来そうです。帰りにははまぐりなど、美味しい海鮮にも出会えそうですね!

府中市美術館

都会のオアシス、1階は無料
府中市美術館は都会では珍しい緑がたくさんある場所、都立府中の森公園の中にあり、近所の人が気軽に美術と出会うことができます。なんと1階はどなたでも無料で利用できるスペース。他には美術図書室、市民ギャラリー、販売店、cafeがあります。2階は落ち着いた展示空間で、古いものなら江戸後期から、現代にいたるコレクションを随時紹介してくれているんです。

3ヶ月に1度くらい訪れると、仕事のインスピレーションをもらえる気がします♡駅からはちょっと遠いので、電車なら歩ける靴で行くことをおすすめします!

三宅島(みやけじま)

意外と近い!身近なアイランド
東京から三宅島へのアクセスは、東海汽船で夜に竹芝桟橋から22:30発で出港し、船内泊をし、早朝5時に三宅島に到着することができるんです。つまり、 金曜の夜に出発すると日曜の午後東京へ戻ることができるので、有給を消化しなくてもOK!東京・関東地方からなら週末を利用して行くことができる、身近な離島アイランドです。豪華海鮮料理も堪能できるので、幸せな時間になること間違いなしですね♡

イルカと泳げる!「御蔵島(みくらしま)」

秋でもイルカと泳げる
東京ダイビングセンターから申し込むと、御蔵島に生息する野生のイルカと泳ぐツアーが開催されています。しかも、御蔵島ドルフィンスイムツアーは、4月中旬~11月中旬まで。秋から初冬にかけてでもまだチャンスがあるんですよ♡
・宿について、大人数ならバンガロー&自炊という手もありますが、親子3,4人でしたら民宿が便利。私の場合、いつも「民宿しげを工房」にお世話になってました。
・御蔵のイルカは野生ですので、触ったりすることも、触ろうと手を伸ばすだけでもイルカは嫌がります。でも普通にしていれば、体がぶつかるぐらい近くに来てくれることもあります。
野生のイルカと触れ合える数少ないチャンスになるかもしれませんね!

WILD MAGIC(ワイルドマジック)

おしゃれなBBQが楽しめます!
出典 tabit.jp
おしゃれなBBQが楽しめます!
WILD MAGIC(ワイルドマジック)は、ゆりかもめ新豊洲駅前出来た未来型アウトドア施設です。三角の白いテントを借りれば、家族や彼とゆっくり時間をかけて炭火焼きやお酒を楽しむことができます♪
とにかく雰囲気が抜群!
だんだん陽が沈むのを眺めながら、酒が飲めて最高でした!
夜は高層ビルの夜景が綺麗でしたよ。
少人数で利用しても楽しそうですね!これは彼と二人で行ってみるのもありですね♡

探せばイイ場所はたくさんある!

車や電車さえあれば日帰り旅行もすぐいける!
いかがでしたか?どこも、一度は訪れてみたい、興味深い場所ですよね。その日の気分に合わせて、図書館やBBQ、温泉や海など、選びながらぜひ楽しんでみて下さい♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
秋の女子旅は紅葉を観に行こう♪全国の名所6選ピックアップ

秋の女子旅は紅葉を観に行こう♪全国の名所6選ピックアップ

今年の秋の女子旅は、思い切って遠出して紅葉を見に行こう♪全国各地で紅葉が名所のスポットを6選ピックアップしました!
日帰り女子旅におすすめ。次の週末は「おふろカフェ」に行こう!

日帰り女子旅におすすめ。次の週末は「おふろカフェ」に行こう!

最近話題の「おふろカフェ」! と言われてもよく分からない。そんなあなたに今回は、友達同士でもカップルでも一日楽しめる「おふろカフェ」についてまとめてみました。

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

mashroomcat mashroomcat