2016年4月22日 更新

おしゃれさは世界共通♡ ご当地限定スターバックスタンブラー集

世界中に多くのファンをもつスターバックス。タンブラーは新製品が発売される度に注目されていますよね。そこで、その国でしか手に入らないご当地限定タンブラーをまとめました。各国の個性が表れたステキなデザインをチェックしてください♪

3,398 view

持っているだけでテンションが上がるスターバックスのタンブラー

その国でしか手に入らないレア感も欲しくなるポイント!
おしゃれなデザインに定評があるスターバックスのタンブラー。日本の店舗にもかわいいデザインのものがたくさん販売されていて、季節限定品などを集めている方も多いのではないでしょうか? そんなタンブラー好きな方たちにおすすめしたいのが、海外のご当地限定タンブラー。その国でしか手に入らないデザインはかなりレア! それぞれの国の個性が垣間見られるステキなものばかりです。今回は、6カ国のご当地限定タンブラーをまとめてみました。

マトリョーシカがかわいいロシア

マトリョーシカ
ロシア限定のタンブラーはマトリョーシカ。これは地域性が出ていて良いですね! デザインもかわいらしく、色は2種類あるようです。
ホイップクリームの入ったドリンクを入れると…
このタンブラーで注文するとこのようになります。マトリョーシカの頭からクリームが出ているようでこれはかわいすぎます...!
インパクトのあるデザイン
大胆に描かれたマトリョーシカが印象的。「RUSSIA」と書かれているので、ひと目でご当地タンブラーと分かるのも良いですね! 非常に人気が高いですが、今でもゲットできるようです。

おしゃれなトロピカルデザインのハワイ

波をデザインしたタンブラー
ハワイらしく波が描かれたタンブラー。大きさもハワイサイズで、日本の倍はあるそうです! これを持っておけばヴェンティサイズも余裕で入りそう。
セラミックタンブラー
こちらはタンブラーの素材では珍しいセラミックタイプ。軽くて持ち運びしやすいのがポイント。カラーもハワイらしい鮮やかな色使いです。
サーフボードタンブラー
こちらもハワイらしさ満点のサーフボードをモチーフにしたデザイン。サーフボードに「HAWAII」と書かれています。ポップな色使いが魅力の一品。

乙女心をくすぐるキュートなデザインの韓国

ピンクのラメがかわいいタンブラー
ラメがキラキラときらめく韓国限定のタンブラー。歩いたり、ちょっと傾けるだけできらめくのがとてもかわいい♡ ガーリーなピンク色が女子のハートを惹きつけます。
桜タンブラー
桜で埋め尽くされたキレイなタンブラー。大きいサイズの方は夜桜をイメージしていて、幻想的な印象のタンブラーです。こちらも女の子に大人気!
フラワータンブラー
鮮やかな花柄がフェミニンなフラワータンブラー。韓国のタンブラーは全体的に女性をターゲットにしたデザインが多いようです♪

スタイリッシュなデザインのカナダ

カナダ一号店限定タンブラー
シックでスタイリッシュなデザインのこちらのタンブラーは、カナダ限定。しかも、カナダ国内でも一号店にしかないレアなアイテムなんです! 男性でも使いやすいデザインなのでお土産にしたら喜ばれそう。
ステンレスタンブラー
こちらもカナダ一号店限定のタンブラー。真ん中に描いてある絵は、普段私達が目にするスターバックスのマークとはちょっと違いますよね。カナダでしか見ることのできないデザインなのかもしれません。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
スタバ愛好家がこっそり伝受! ホットドリンクのカスタム術5選

スタバ愛好家がこっそり伝受! ホットドリンクのカスタム術5選

スターバックスが大好き♪ そんな方はぜひ、カスタマイズにもチャレンジしてみてください。今回はスタバ好きさんにおすすめな、カスタムホットドリンクをご紹介します!
mexican | 1,733 view
驚きのスタバ・カスタム術「#スタバラ部」を要チェック!

驚きのスタバ・カスタム術「#スタバラ部」を要チェック!

スタバ好きがSNSにアップする「#スタバラ部」では、さまざまなスタバのカスタムが掲載されています。今回はそんなスタバをより楽しむことができる#スタバラ部について紹介♪
赤井れん | 1,181 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

きいろ きいろ