2015年5月22日 更新

もう結婚式のお呼ばれで困らない!ネイルマナー&デザイン集

結婚式にお呼ばれ、ドレスも髪型もバッチリだけど、そういえばネイルってマナーあったかな?そんな状況にならないために、ネイルマナーとオススメのデザインを合わせてご紹介します。これで次の結婚式の準備は完璧♪

3,352 view

ネイルマナー【親族編】

お祝いする側として控えめに
結婚式に親族として出席する場合は、特に「お祝いする側」ということに配慮して控えめにするよう心がけましょう。洋服も控えめにするのが基本です。基本的にネイルはNGですが、仕事などの関係で汚れてしまっていたりする場合は、ベージュやクリアなど清潔感のある色を使用しましょう。

ネイルマナー【挙式編】

基本はベージュ、ピンク、クリア
ネイルはオシャレ感覚ではなく、身だしなみとして清潔感のあるものが◎。新婦よりも目立たない控えめカラーのベージュ、ピンク、クリアなどの色をベースにしましょう。爪は小さい範囲であるため、花嫁カラーの白を使うのも可能です。その場合には白い範囲が狭くなるようなフレンチネイルなどがベストです。

オススメのデザインは、あくまでシンプル!

アレンジはフレンチやワンポイントがオススメ
チャペルや神社の挙式は神聖な儀式なので、ネイルはあくまでもお手入れとして考えます。基本は一色塗りですが、どうしてもアレンジしたい場合は、フレンチや同系色のグラデーション、控えめなワンポイントがオススメです。ラインストーンは大きすぎると目立つので、サイズや個数に注意しましょう。

ネイルマナー【披露宴編】

式よりは華やかでOK!
披露宴のネイルは、結婚式よりは華やかなものでもOKです。ですが、主役はあくまで新郎新婦なので、控えめを心掛けましょう。おすすめカラーは式と同じくベージュ、ピンク、クリアで、オススメデザインはフレンチやラインストーンのワンポイントなどです。

披露宴にはこんなデザインがおすすめ♪

ベージュの逆フレンチとパールで控えめさと華やかさを両立
フレンチの境目にシルバーのラインが入ることによって、シンプルながら華やかな印象のネイルです。フレンチやストーンだけではなく、控えめなアートをするのもOKです。主役より目立たないことを念頭に置いて、オフィスでも大丈夫な控えめなネイルのデザインから選んでみるといいかもしれませんね。
ちなみに二次会のネイルは、主役より目立たなければ比較的自由です。暗いネイビーやブラックなどの色は避け、晴れの日にふさわしい明るい色使いのデザインにしましょう。どんなネイルにしたらいいかすごく迷う時には、鉄板のベージュ、ピンク、クリアのカラーで単色塗りかフレンチをすれば、どんな場面でも間違いなしです!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
大切な友人の結婚式♡ 招待状の返信は“はがきデコ”でとびきりかわいく!

大切な友人の結婚式♡ 招待状の返信は“はがきデコ”でとびきりかわいく!

友人から届いた「結婚式の招待状」。どうせ返信するなら“はがきデコ”でとびきりかわいくしてみんなと差をつけませんか? そこで今回は
ちょび花 | 37,825 view
冬の花嫁におすすめ! ロマンチックでかわいいブライダルネイル

冬の花嫁におすすめ! ロマンチックでかわいいブライダルネイル

ロマンチックな冬の挙式は最近人気があるそう。そんな冬の花嫁さんの手元に似合うブライダルネイルデザインをチェックしてみました。冬の挙式を考えている方、必見です。
ゆか | 521 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

honami honami