2017年2月2日 更新

大阪駅発! 日帰りで行ける関西女子旅スポット4選☆

気軽にリフレッシュできるおでかけがしたい! そんなあなたに大阪駅から日帰りで行けちゃう、関西のオススメ女子旅スポットをご紹介します。次の週末にいかがですか?

25,348 view

リフレッシュしにどこかへ行きたーい♡

おすすめスポットをご紹介
リフレッシュしたいけどなかなか友達と予定が合わない・・・。なんて忙しい女子のために、日帰りでも楽しめちゃう関西のおすすめ女子旅スポットをご紹介します。お休みの日にちょっとでも暇ができたら、行ってみてくださいね。

和歌山マリーナシティ 「ポルトヨーロッパ」

A photo posted by Tomoya Aihara (@_aitomo) on

アトラクションも完備
和歌山マリーナシティは、いろいろな楽しい施設があるリゾートアイランド! 中でも有名なポルトヨーロッパは、カメラ女子も必見のお洒落な街並みが魅力なんです。

A photo posted by Koji Sasaoka (@koji_1219) on

異国にきた気分に…
フランス・イタリア・スペインに分かれた街並みは、本当にヨーロッパに来たような美しさ! 海外旅行気分で、リフレッシュできちゃいますよ。

A photo posted by aotan1567 (@aotan1567) on

夕焼けも素敵
夕日に照らされた街並みは、さらにロマンティック♡ 女子旅お約束の恋バナにも花が咲きます♪
<基本情報>
住所 和歌山県和歌山市毛見1527番地(JR海南駅からバスで15分)
電話 0570-064-358
時間 09:00~22:00(※日によって異なる)
料金 入場無料

大阪駅から海南駅までは、くろしおに乗って1時間半ほどなのでトータル2時間弱で行けちゃいます!

ナガシマスパーランド

世界最大級の木製ジェットコースター、ホワイトサイクロンがあるナガシマスパーランドは、絶叫系のアトラクションがいっぱいなので、アクティブな女子旅にぴったり。
海水プールなので海に来たみたい
とっても広いジャンボ海水プールは、10種類以上のスライダーや有名な波の出るプールなど…ずっといても飽きない工夫がいっぱいなんです。
アウトレットでお買い物も♪
女子旅に欠かせないショッピングも、アウトレットが横にあるのでできちゃいます。
<基本情報>
住所 三重県桑名市長島町浦安333(桑名駅からバスで20分)
電話 0594-45-1111
時間 10:00~17:00

大阪駅から桑名駅までは、途中で近鉄線に乗り換えて2時間半くらいで行けます。

神戸ハーバーランド

A photo posted by mayo555 (@ma_yo555) on

エリア内一面オシャレな景色が広がる
神戸駅から徒歩すぐの場所にある神戸ハーバーランドは、ショッピングにグルメ、映画や観光などなんでも揃う神戸屈指のオシャレエリア。とっても広くてさまざまなショップや観光スポットがあるので、何度来てもいろんな楽しみ方ができるんです。

A photo posted by Tatsuya Nimura (@tatsu_11_) on

日本じゃないみたい…
神戸煉瓦倉庫では、オールドアメリカンテイストなインテリアのレストランやおしゃれなデザイン家具屋さんなど、神戸らしい異国情緒を味わえます。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

コスメを使い終わるたび、次は何を使おう…と毎回悩んでいる人はいませんか?今回は、そんな迷えるみなさんのために、コレならお墨付き!という人気ブランドの定番コスメを大特集。メイク初心者さんも、コスメ好きさんも、指名買いリストとしてぜひ参考にしてみてください♪
女子旅は気軽に日帰りで行こう♡ 関東のおすすめスポット

女子旅は気軽に日帰りで行こう♡ 関東のおすすめスポット

思い立ったらそのままGO! いつもの荷物と恰好でも、気軽に行けるのが日帰り旅行のいい所。日帰り女子旅にもピッタリな関東のプチ旅行スポットをご紹介!
Reet | 49,223 view
国内で女子旅を楽しむならここ! 友達と行きたいスポット4選

国内で女子旅を楽しむならここ! 友達と行きたいスポット4選

女子旅には、恋人や家族旅行とは違った楽しさがあります。縁結びのパワースポットを訪れるなど、女性ならではのプランを練りたいものですね。そこで今回は、国内で女子旅におすすめのエリアと楽しみ方をご紹介します。
Reet | 8,892 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet