2016年2月23日 更新

つい口にした一言がケンカの元に!彼氏を怒らせるNGワード

あなたの何気ない言葉が彼氏を怒らせてしまって、ケンカになってしまう!そんな最悪な状況を回避するために、言ってはいけない怒らせてしまう一言をまとめてみました。

1,364 view

その一言が大変なことに…!

彼とはずーっと仲良しでいたいですよね?
普段の会話の中での何気ない一言が彼の機嫌を損ねちゃったみたい。でも、何が悪いのかわからない。
そんな場面ってありませんか?そこで、彼を怒らせてしまう一言をまとめてみました。もしかするとあなたも言ってしまっているかも知れませんよ!

友達の彼氏や自分の父親と比較する

自分も比べられたら嫌ですよね?
「○○ちゃんの彼氏は外車を持っているんだよ」「うちのパパはあなたの年齢の時には役職に就いていたよ」などの言葉は彼のプライドを傷つけてしまいます。また、相手がどんな男性だとしても彼以外の男性を褒めるのは彼にとっては気に入らないこと。どんなことがあっても身近な人と比較するのはやめましょう。

「言わなくてもわかるでしょ?」と言いたいことをはっきりと言わない

あえて口には出さないけど…
男性は女性よりも人の気持ちを察するのが苦手なため、言葉や表情で訴えても気づいてくれないことが多いです。特に「言わなくてもわかるよね?」なんて言ってしまうと彼にしてみれば「わかるわけないだろ!」となってしまい、イライラさせてしまうことも。何か言いたいことや気になることがあれば、はっきりと口にするようにしましょう。

彼の失敗に対して「だから言ったのに…」

失敗を追い詰めないように!
彼があなたの言うことを聞かずに失敗してしまった場合、あなたは「だから言ったのに…」と思いますよね。でも、それは絶対に口に出さずに心の中に留めておきましょう。なぜなら彼だってそのことは十分にわかっているので、あなたがその言葉を言うことで追い討ちをかけてしまい、プライドを傷つけることになるのです。言いたい気持ちはぐっと抑えて、彼の気持ちを落ち着かせるように優しい言葉を掛けるようにしましょう。

元カレの話をする

ついつい話しちゃうけどNGです!
「今の彼とは何でも話せるような関係がいい!」と思って、過去の恋愛のことを話題にしてしまうことが多い方は要注意です!意外なことに男性って彼女の過去の恋愛事情に寛容になれない人が多いんです。なので、過去の恋愛について話されるとイライラモヤモヤしてしまい、不満が溜まっている場合もあるので、気をつけてくださいね。

彼の友達の悪口は絶対NG!

悪口は絶対ダメ!
もし、あなたの大切な友達のことを彼が悪く言ったら、あなただってイラッとしませんか?それは彼だって同じこと、お互いの友達の悪口は絶対に言わないようにしましょう。例えば彼のお友達がちょっと変わった人だった場合、「あの人、ちょっと変わってるよね。」なんて彼に言っちゃってる人って多いかもしれませんが、彼にとっては悪口に聞こえているなんてことも。この場合は「個性的な人」や「面白そうな人」とオブラートに包むようにしてくださいね。

口に出そうになったらひと呼吸

彼を怒らせないようにしましょうね♪
彼氏を怒らせる一言はどうでしたか?あなたもつい言ってしまいがちな言葉があったかもしれないですね。彼との良好な関係を保つためにはお互いのことを尊重しあうことが大切です。少しの意識で彼を怒らせることがなくなるので、ぜひ気をつけてみてくださいね♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
目指せ愛され女子♡彼氏に「めんどくさいなぁ…」と思われる言動

目指せ愛され女子♡彼氏に「めんどくさいなぁ…」と思われる言動

彼氏に「めんどくさい」と言われたことはありませんか?なかなか理解できない男心、理解されない女心…。それでもうまくやっていくための7つのポイントをご紹介します!
すな | 60,772 view
彼女にしたくない…!「察してちゃん」になっていませんか?

彼女にしたくない…!「察してちゃん」になっていませんか?

女性からしても面倒くさい女子“察してちゃん”は、男性からするとさらに面倒くさい存在…。あなたは察してちゃんになっていませんか?そんな察してちゃんの特徴を紹介します。
ちょび花 | 60,234 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

hana* hana*