2015年12月21日 更新

乾燥は美髪の敵!シャンプー&頭皮ケアでさらつや髪を手に入れる

乾燥するこの時期。肌だけじゃなく、頭皮もカサついています。放っておくと痒くなったり、抜け毛やフケの原因にも。毎日できる頭皮ケアの方法やおすすめシャンプーやアイテムなどを紹介します。

2,284 view

乾燥が気になるこの時期、頭皮も乾燥しています

肌だけじゃないんです
乾燥するこの時期は、肌だけじゃなく頭皮もカサついています。頭皮の乾燥は痒みやフケ、抜け毛など様々な髪の毛や頭皮トラブルの原因になってしまいます。肌に比べて乾燥がわかりにくい頭皮ですが、この時期には、しっかり乾燥対策を行ってあげることが大切です。頭皮の乾燥を防ぐための毎日のケアやおすすめアイテムなどをお伝えします。

まずはシャンプーを見直してみよう

シャンプー選びも大切
あなたはどんなシャンプーを使っていますか?シャンプーには、汚れを落とすために洗浄力の高いものが使われていることがあるんです。洗浄力の高いシャンプーは、頭皮の保湿成分まで洗い流してしまいます。また、刺激も強いので、かぶれや痒みの原因になってしまうことも。頭皮ケアを行うには、刺激の少ないシャンプーを選ぶことが大切です。

頭皮ケアにおすすめのシャンプー

頭皮のケアや乾燥を防ぐためには、アミノ酸系の界面活性剤が使われているシャンプーが良いといわれています。天然由来の成分が配合されているため、洗浄力がマイルドで頭皮を痛めにくいのです。少し値段は張りますが、髪にはとってもおすすめです。そんな頭皮や髪に優しいシャンプーを紹介していきます。
頭皮の健康を考えたら低刺激のアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーを選ぶのが良いでしょう。アミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーは値段が高いのが難点ですが、頭皮の健康を考えたら高いからとためらっている場合ではありませんね。ここは惜しまないほうがあとでいい結果を期待できるでしょう。
アミノレスキュー / シャンプー/トリートメント
1,450円(税抜)
優しい洗い心地のシャンプー。髪と地肌への影響も少ないので安心して使うことができます。
アンファー / スカルプD ボーテ 薬用シャンプー/トリートメントパック
3,612円(税抜)
CMなどでもおなじみのアンファーが、女性の頭皮ケアを考えて作ったシャンプーとトリートメント。乾燥を防ぎ、ハリのある髪に。
乾燥状態から潤うようになり、大分フケがでなくなってきました。
乾燥肌の私にはぴったりのケア方法でした。
びっくりするほどの効果。
スカルプケアはやるとやらないでは大違い。

ツヤあるヘアで居たいから、月に一度のサロンケアより、毎日のケアの重要性を感じてます。
FIOLE(フィヨーレ) / F.プロテクト ヘアシャンプー リッチ
1,500円(税抜)
保湿力が高く、シャンプーなのにリンスを使った後のような指通りに。ゆずの優しい香りも◎。
適度に泡立ち,洗い心地がいいです。洗い上がりの髪もぱさぱさしません。カラーの色持ちもいいです。

正しいシャンプー方法をマスターしよう

優しく丁寧に洗うことが大切
シャンプーをするときにごしごし擦ったりしていませんか?強く擦ることで髪に多大なダメージを与えてしまったり、抜け毛の原因にも。頭皮を洗うときには、指の腹を使って丁寧に優しく洗うことが大切です。またシャンプー後はしっかり洗い流してあげましょう。シャンプーの洗い残しがあると、髪の毛が痛んでしまったり、頭皮トラブルを引き起こしてしまう可能性も。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
髪の美しさを取り戻す! シャンプー前のオイルパックが有効!?

髪の美しさを取り戻す! シャンプー前のオイルパックが有効!?

最近髪にツヤがない、パサつく…とお悩みの人は、シャンプー前にオイルパックをしてみませんか? ひと手間かけることで、髪の美しさを取り戻す方法をご紹介します。
momotan | 10,887 view
潤いが失われやすい冬☆傷んだ髪のスペシャルケアがマスト!

潤いが失われやすい冬☆傷んだ髪のスペシャルケアがマスト!

冬は寒くて家にいる時間が多くなったりしますよね。そんな時間を利用して、傷んだ髪を集中ケアしませんか?乾燥しがちな季節は髪にしっかり潤いを与えましょう。さまざまなお手入れ方法をご紹介します!
momotan | 2,218 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

saimai saimai