2015年9月28日 更新

ありすぎてわからない?ヘアートリートメントの正しい選び方♪

キレイな髪をキープするのに欠かせないヘアートリートメント。たくさん種類があって、迷ってしまいますよね。今回は、髪質に合うヘアートリートメントを選ぶポイントをご紹介します!

6,586 view

私の髪にピッタリのヘアートリートメントはどれ?

なかなか自分に合ったトリートメントが見つからない
あなたはヘアートリートメントをどんな基準で選んでいますか?洗い流すものや流さないもの。シリコン入りやノンシリコン。たくさんありすぎて、どれがいいのかわからない!そんなあなたにヘアートリートメントを選ぶヒントをお教えします!

ヘアートリートメントとコンディショナーって何が違うの?

似ているようで全く違うヘアートリートメントとコンディショナー
ヘアートリートメントは髪の内部まで浸透して、傷んだ部分を修復するのに対し、コンディショナーは髪の表面をコーティングして、指通りをよくしてくれます。お肌のお手入れに置き換えると、ヘアートリートメントは美容液、コンディショナーは乳液と考えるとわかりやすいですね。

ヘアートリートメントって本当に必要?

髪のダメージを修復できるのはヘアートリートメントだけ
前述したようにヘアートリートメントは痛んだ髪の内側まで浸透して修復する作用があるので、やはり定期的に使用することをオススメします。ただ、使うときには注意したいことが一つあります。それはヘアートリートメントは髪の中間から毛先にだけ使用し、根元にはつけないようにすること!これだけは絶対厳守!

結局どれを選ぶべき?私にピッタリのヘアートリートメント

種類が多すぎて選ぶのも一苦労
ひと言でヘアートリートメントと言っても、洗い流すタイプ、洗い流さないタイプ、シリコンが含まれているものやノンシリコンのものなど、その種類は様々。どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。まずは自分の髪質やダメージの程度をしっかり把握することから始めましょう。
今までパーマやカラーリングをしたことない髪の毛なんですが、艶のある髪の毛になりたいと思っています。
その一つとしてトリートメントに最近興味があります。
一部の髪の毛の一本、一本が跳ねている感じなんです。
これを全部同じ方向にサラサラにしたいのですが…
口コミを見ていても、みなさん何かしらパーマやカラーリングをしている方のようで、私に合うトリートメントかが分からないのです。

これだけは覚えておこう!ヘアートリートメントの種類と特徴

種類によってそれぞれ特徴が異なります
洗い流すトリートメントは、髪の内部からダメージを修復するのに対し、洗い流さないタイプのものは、摩擦やドライヤーの熱から保護するのに適しています。また、痛んだ髪をコーティングして指通りをよくしたいときはシリコンが含まれているもの、頭皮に優しいものを使いたいのであればノンシリコンのものを選びましょう。

髪の悩みに合わせてヘアートリートメントを使い分けよう♪

髪の悩みは人それぞれ

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
お風呂上がりのケアで美髪に♡アウトバストリートメントの選び方

お風呂上がりのケアで美髪に♡アウトバストリートメントの選び方

髪の美しい女性は、それだけで魅力的。バスルームでのコンディショナーはもちろん、お風呂上がりにも出来る洗い流さないトリートメントを、髪質別の選び方とともにご紹介します。
サニーサイド | 9,407 view
パサパサ髪はもういらない!うる艶さらさらヘアを手に入れる♪

パサパサ髪はもういらない!うる艶さらさらヘアを手に入れる♪

潤いのあるさらさらヘアはいつの時代も女の子の憧れ。でも、ダメージのない髪の毛を保つのは意外と難しいもの。まずは普段のお手入れを見直すことから始めてみませんか。
biche | 10,847 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

biche biche