【もくじ】

下半身ダイエットには、骨盤ストレッチが効果的

実は、骨盤が左右に広がると、おしりが大きくなる、
太ももが太くなるなど、下半身太りを引き起こしやすいと言われているんです。

骨盤を正しい位置に戻し、股関節を柔らかくしてあげることが、
下半身ダイエットへの近道!

ここでは、ソラーチェ代官山 山崎麻央さんに
下半身ダイエットにおすすめの
骨盤&股関節ストレッチを教えてもらいました。

下半身が太くなる原因は、骨盤と股関節にあった⁉

骨盤は、

左右1セットの寛骨(腸骨、坐骨、恥骨)
仙骨
尾骨

で構成されています。骨盤で囲まれる空間に

子宮
膀胱
直腸

などの臓器が入っています。

片足重心で立ったり
同じ足ばかりを組む癖がある方
デスクワークが多く
同じ姿勢で長時間いることが多い方・・・

骨盤が歪みやすく、結果、
腰痛をひきおこしたり
骨盤で包まれている臓器が下垂してぽっこりとしたお腹になったり。

運動不足や加齢などによって骨盤を支えている筋肉が衰えることも骨盤が歪む原因

「大腰筋」
「腸腰筋」
「骨盤底筋」

などの筋肉が衰えることも骨盤が歪む原因!!!


産後の方は、妊娠中に「リラキシンホルモン」という
全身の筋肉や関節を緩めるホルモンが大量に分泌され、
赤ちゃんが大きくなるにつれて、子宮を支える筋肉に負荷がかかるので
特に注意する必要があります。

骨盤を支えている筋肉は、インナーマッスル
つまり体の奥にある筋肉なので、
通常の筋トレでは鍛えにくく、
また同じ姿勢をとることによって
周りの筋膜が凝り固まってしまって
うまく使えないことが多いため、
ほぐしながら上手に鍛えていくことが大切です。

骨盤のゆがみチェックをしましょう

1. 床に仰向けになって両足を左右にぶらぶらとふる

2. 脱力して
3. つま先の左右の開き具合をチェック

4. どちらかのつま先が大きく開いている場合は骨盤がゆがんでいる可能性あり

あてはまるかたは、まずはストレッチからスタートし、
骨盤を支える筋肉や周りの筋膜をほぐす習慣をつけましょう。

骨盤をゆるめるストレッチ

1. 床に両膝を曲げて仰向けになります

2. 肩甲骨が離れないように、両膝をゆっくりと右に倒します

3. ゆっくりと最初のポーズに戻し、左側も同様に行います

骨盤を支える筋肉をほぐすストレッチ(前もも、股関節周り)

1.床に右足だけ折って正座から少しずらしたように仰向けになります

2.息を吐きながら、骨盤を後ろに倒すようにしながら右前の鼠蹊部周辺と前ももをのばします
3.左足も同様に行います

骨盤を支える筋肉をほぐすストレッチ(お尻、股関節周り)

1. 床に両足をのばして仰向けになります

2. 右足の膝を90度に曲げて持ち上げ、
平泳ぎをするときのよように大きく股関節を動かせて
横に開いてから元の位置に戻します。

3. 左足も同様に行います

下半身ダイエットに効果的な「骨盤ストレッチ」のまとめ

いかがでしたか?

骨盤を支えている筋肉、インナーマッスルを意識すること
気が付いたら出来る範囲のストレッチ、身体を動かす事
ほぐす事が大事という事が分かりましたね。

是非、今日からお家で朝や寝る前に
「ほぐしながら鍛える」
やってみましょう!

撮影/蘆田剛
取材・文/菊池由佳