【もくじ】

つらい腹筋運動や腕立て伏せ。毎日続けるのはなかなか難しいですよね。
でも、全身を効率よくシェイプアップするのに、腕立て伏せや腹筋は実は効率があまり良くないって、知っていましたか?

スクワットダイエットなら、簡単に美脚作りができて、その上全身のシェイプアップにも効果大! なんです。
今回は、スクワットのダイエット効果、正しいスクワットの方法をご紹介します。
少しの時間で簡単に、美脚とキレイなボディラインを手に入れられるスクワットダイエットにチャレンジしてみましょう!

腹筋よりも痩せる? スクワットで痩せる理由

下半身の筋肉を鍛える運動の定番である、スクワット。誰でもできて、道具もいらない簡単な運動ですが、実は腹筋よりもダイエット効果が高いんです。

スクワットで鍛えられる太ももの筋肉は、全身の筋肉の中でも、カロリー消費が大きいからです。全体の筋肉量を増やすことが、より効果的なダイエットに繋がります。筋肉がついている体はそうでない体に比べ、カロリーが多く消費されるのです。

腹筋運動はお腹の筋肉が鍛えられているように感じると思いますが、鍛えられているのはお腹の筋肉と背筋のみ。それに対してスクワットは、太ももやウエスト周りなど、下半身全体の筋肉を鍛えることができます。同じ筋肉量を増やすために、スクワットなら15回で済むところ、腹筋運動では500回必要だという説もあるほど。元からある程度筋肉量があり痩せている人が腹筋を割るためには、腹筋運動は効果的です。ですが、ダイエットという目的を考えると、スクワットの方がより効率よく痩せることができます。

スクワットのダイエット効果

腹筋よりも痩せやすいといわれているスクワット。先ほどあげた痩せる理由以外にも、スクワットは非常にダイエット効果が高いんです。

スクワットは、太もも痩せなど、下半身痩せに効果絶大。特に、太ももの裏側が鍛えられるので、太もものたるんだお肉を引き締めることができます。筋力、体幹力アップ、それに加えて体温が上がることによる免疫力アップの効果もあるので、ダイエットだけではなく健康ボディ作りにも最適です。

太ももなどの下半身痩せだけでなく、ぽっこりお腹の脂肪を燃焼させる効果もあります。筋肉量を増やし脂肪燃焼率を高め、お腹やウエスト周り全体の引き締めることで、くびれボディ作りにも。スクワットは、ヒップアップ効果も絶大。お尻は本来筋肉量が多い部分でもあるので、鍛えた分だけお尻は引き締まります。スクワットを正しいやり方で行うことで、キュッと引き締まり、ヒップの形がキレイになりますよ。

また、スクワットで太ももなどの下半身の筋肉を鍛えることで、基礎代謝アップが期待できます。基礎代謝アップすることで、太りにくい体質作りに。結果として、冷え改善や便秘解消にも繋がります。それだけでなく、血行不良改善やむくみやゆがみを取り除く効果もあり、疲れにくい体にしてくれます。

正しいスクワットのやり方

スクワットのダイエット効果をより高めるためには、正しいやり方でスクワットを行うことが重要。
そこで、オーソドックススクワットの正しいやり方をご紹介します。

効果を早く実感したいからといって、むやみに回数を増やし、毎日行ったりするのはNG。
1回の回数は、15~30回を1セットとし、2~3セット行うのがベスト。また、毎日行うよりも、2、3日に1回行った方が、効果的といわれています。筋肉をつけるには、使った筋肉をきちんと休ませてあげることも重要なのです。

ダンベルを持って行えばよりダイエット効果があるはず! と考える人もいますが、ダイエット目的の場合はそこまでハードに行う必要はありません。スクワットは筋肉がつきやすいので、負荷をかけすぎると筋肉太りに繋がる可能性もあります。

オーソドックススクワット

やり方:

① 足を肩幅に開いて立つ

② 膝が前に出すぎないようにしながら、ゆっくりと腰を下ろす

③ そのままゆっくりと腰を上げる(×10回 3セット)

下半身を鍛える方法としてよく知られているスクワット。
上記のようにポイントをおさえた正しい内容で行うと、10回行うこともハードに感じる人もいるはず。
膝を前に出しすぎない、ゆっくりと動く、この2つのポイントに注意して、より効果的なスクワットダイエットを行ってみましょう。

スクワットなどの筋トレに関する記事もたくさんご紹介していますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

膝に注意。スクワットダイエットで気をつけること

スクワットダイエットは、下半身痩せに非常に効果的なダイエット方法です。
ですが、急激に行い、膝を痛めないように要注意。膝を痛めるなどの怪我をしないためにも、先ほどご紹介した、正しいスクワットダイエットのやり方を意識して行いましょう。
スクワットは両脚に体重の負荷をかけて行う、全身運動。誤ったフォームで続けていると、思いもよらないところに影響が出ることもありますので、一度フォームを鏡で見てチェックしながら行うことをおすすめします。

また、スクワットをしすぎて、筋肉太りにならないように気を付けましょう。やり過ぎてしまうと筋肉がつきすぎて体重が増えてしまいます。ダイエット目的の場合は、かえって逆効果になってしまいますので、筋肉への負担をかけすぎないように、自分のペースで行ってください。

より効果的な、スクワットダイエットを!

美脚を手に入れるためのスクワットダイエットの方法、いかがでしたか? 色んなエクササイズの中でも、非常にダイエット効果の高いスクワット。
回数や頻度を増やし、やみくもに頑張るよりも、正しいフォームとより効果的なやり方で、効率よく美脚を手に入れてくださいね。

文/@cosmeダイエット編集部