【もくじ】

女性の一大イベント、妊娠・出産が終わったあと体型がなかなか戻らない

女性は人生の中で妊娠と出産という一大イベントを迎えることがあります。新しい命を産み育てるというとても大事な仕事ですが、赤ちゃんを第一に考えていたため栄養を蓄えすぎて出産後も体型が元に戻らない! ということも多々あります。

産後ダイエットで大切なこと

多くのママさんが悩んでいる「体型が戻らない」。改善するにはダイエットしかありませんが、産後のダイエットにおいてはいくつか大切なことがあります。

・始める時期
産後1ヶ月は体を労わる期間です。ダイエットを始めるなら体調が安定してくる産後1ヶ月〜1ヶ月半の時期から始めてください。

・無理はしない
産後はホルモンバランスが乱れがちです。「〜までに痩せる!」など無理な計画は立てずあくまでも体調を見ながら行ってください。

・急に体重を落とさない
自然に落ちるなら問題ありませんが、過度な運動や食事制限による急激な体重減少は良くありません。母乳育児をしているならなおさら栄養を取らないといけないので注意しましょう。

・上手くいけばスタイルを見直すこともできる
産後ダイエットは母体の回復や体型を妊娠前に戻す目的があります。しかし無理のない計画によって目標体重を以前より低くしたり、ボディラインを整えるなど、スタイルを見直すことも可能です。

子育てに忙しくても続けやすい効果的なダイエット方法

ダイエットしたいけど、出産後は子育てに追われなかなか時間を取ることも難しいですよね。しかし今回紹介するのは子育て中でも毎日続けやすい、効果的なダイエット法なので大丈夫です!
隙間時間を見つけてやってみましょう。

これが一番肝心かも!? ダイエットに欠かせない骨盤矯正

脂肪燃焼やボディメイクをするなら「骨盤矯正」がとても重要です。産後3〜4か月ほどで出産により広がった骨盤は徐々に戻りますが、妊娠前から歪みがあると正常の位置に戻りづらくなります。セルフ骨盤矯正で骨盤の戻りをサポートしましょう。

運動は赤ちゃんを連れてウォーキング

骨盤矯正をスタートさせたら、運動も日常生活に取り入れたいですよね。赤ちゃんから目を離すことはできないので、生後1ヶ月が経ったらスリングやベビーカーを利用して一緒にウォーキングしましょう。

ウォーキングによる全身運動は基礎代謝を上げる効果があるので、脂肪燃焼しやすい体になれます。産後は筋肉が衰えるのでウォーキングによる軽い運動から筋肉量をアップさせたいですね。外の空気を吸うことはリフレッシュにもなります。お散歩する感覚で20分程度歩いてみましょう。

過度な食事制限をせずにバランスの良いものを口にする

ダイエットには運動と食事のバランスが大切ですが、産後においては一つの栄養素だけを極端に減らすような食事制限はNGです。お米・野菜・果物・乳製品・肉や魚などそれぞれバランス良く食べるようにしましょう。

・お米
炭水化物は産後に必要な栄養素。食物繊維、ミネラル、ビタミンが豊富な玄米に変えてもOK。

・野菜、果物
ビタミン類が豊富。バナナ、プルーン、レーズン、ドライフルーツなどをおやつ代わりにすると良いです。

・乳製品
たんぱく質は体を作るのに必須。カロリーが気になるなら低脂肪ヨーグルトなどを食べましょう。また、チーズはアミノ酸が豊富です。

・肉や魚
たんぱく質が豊富。肉の脂身はカロリーが高いのでむね肉やヒレ肉などを食べるとOK。

今回は産後ダイエットについてまとめてみましたが、いかがでしたか? まず大事なのは無理のない範囲でスタートさせるということ。体調の良し悪しは個人差があるので自分で判断してください。産後1ヶ月くらいで母体が回復したら骨盤矯正・ウォーキング・食事の3つでダイエットを始めます。子育てしながらは大変だと思いますが、隙間時間を見つけたり、赤ちゃんと一緒にできるダイエット法を選んで頑張ってみましょう。