【もくじ】

ダイエットをするためには食事制限が必要なことはわかっていても、流行りの糖質制限はちょっとキツそう。断食なんてもっとキツそう…。
そんなあなたにぜひおすすめしたいのが、楽にダイエット効果を出せるという野菜スープダイエット。

なんとこのダイエット方法はお腹いっぱい食べても痩せられちゃうとか。
しかもそれだけではなく、健康にもうれしい効果が満載。
ここでは、脂肪燃焼力を高めてくれるという野菜スープに秘められたパワーに迫ります!
ダイエット効果抜群の脂肪燃焼スープのレシピや毎日のバリエーションレシピもご紹介。

おいしくて健康な満足ダイエットを今日から始めましょう!

野菜スープダイエットとは?

野菜スープダイエットは肥満の心臓疾患者が手術の前に短期間で脂肪を落とす必要があるため、その際に病院での食事療法として行われていました。
栄養不足や体調不良などを起こすことなく、健康的に痩せるためのダイエット方法としてそれが注目されたのです。

野菜スープダイエットの方法

そんな野菜スープダイエットとは、野菜たっぷりのスープを作って食べるだけ。
その食べ方と毎日のバリエーションにおすすめの野菜スープレシピをご紹介します。

野菜スープを食べるタイミング

食事の前にしっかり野菜スープを食べます。そうすることで満腹感を得られるので食事の量を抑えることができるのです。

野菜スープを食べる量

基本的にお腹いっぱい食べてOK! ただ具材や味付けによってはカロリーが高くなってしまっている場合も。牛乳や生クリーム・バターを使ったポタージュ、イモ類・ブロックベーコンたっぷりのスープなどは調節が必要。

おすすめ! 野菜スープレシピ5選

おいしくてヘルシー、体がポカポカ温まる体にうれしい野菜スープ。全国の料理教室を検索できる「クスパ」より、お料理教室の先生が考案したレシピをご紹介したいと思います。

甘酸っぱい冬瓜スープ

冬瓜は疲れやむくみを取ってくれる野菜。甘酸っぱい味付けが食欲をそそる冬瓜スープです。

野菜たっぷり!ラタトゥイユ風トマトスープ♪

野菜たっぷり栄養満点のトマトスープ。最初に野菜を炒めることで甘味が引き出されます。

豆乳根菜クラムチャウダー

根菜類がたっぷり入った冬にピッタリのチャウダー。豆乳を使うことでカロリーカットできます。

ベジタブルスープ

バジルやニンニクが香っておいしい野菜スープ。脂肪燃焼力をアップする野菜がたっぷり入っています。

タマネギ丸ごとサンラータンスープ

血液をサラサラにする効果がある玉ねぎを丸ごと使ったスープ。鶏ガラスープの素とお酢でサンラータン風に。

野菜スープダイエットが痩せる仕組み

でも、一体なぜ野菜スープを食べるだけで痩せることができるのでしょうか?

野菜スープとして食べるメリット

人が健康に過ごすために望ましい野菜の摂取量は、成人で1日350gと言われています。これが生野菜だとなかなかの量。しかもサラダなどは体を冷やしてしまうことも。

野菜スープにすることでボリュームを減らせるため、たっぷりの野菜を食べることができるようになります。煮込む過程でにじみ出たビタミンやミネラルを丸ごと摂り入れられるのもポイント。スープとして食べることで体が温まり、豊富な栄養素で血行促進・基礎代謝のアップ・脂肪燃焼力アップの効果に期待できるのです。
さらに生野菜に比べると消化吸収もしやすくなります。

低カロリーだからお腹いっぱい食べてOK

野菜スープダイエットのメリットはもうひとつあり、お腹いっぱい食べられるという点です。これからスープにメインで使用する野菜をご紹介しますが、これらは野菜の中でもカロリーが低いもの。
また、味付けもコンソメや和風だし・鶏ガラだしと塩コショウなどでシンプルにします。

野菜が持つ脂肪燃焼力アップ効果!

野菜には脂肪燃焼力を高めてくれる様々な栄養素が含まれています。
豊富な食物繊維によって腸内環境を整えてくれることや、体を温めて血行を促進してくれることはダイエットに大きな効果をもたらします。

◆玉ねぎ
血液をサラサラにしてくれます。血行が良くなることで代謝をアップさせ、脂肪燃焼しやすい体に。
利尿効果や消化液の分泌を促進させる効果もあります。
高血圧、動脈硬化の予防にも。

◆キャベツ
ビタミンC、食物繊維が豊富。
腸内環境を整え、便秘の解消に効果が。さらに免疫力を高める効果や、老化防止の効果も。
ビタミンUによって胃腸の粘膜を正常に保つ働きもあります。

◆トマト
リコピン、ビタミンが豊富。
リコピンは強い抗酸化作用を持ち、中性脂肪・悪玉コレステロールを減らしてくれる作用が。
脂肪燃焼の向上や老化防止・がん予防にも効果を発揮します。

◆セロリ
セロリに含まれるカリウムはむくみの解消に有効。なおかつ他のカリウムを含む野菜と比べて低カロリー。
セロリの香り成分は血行促進効果があり、冷え性の改善や代謝の向上効果も。他にもビタミン類や食物繊維が豊富に含まれているため、美肌効果や腸内環境の改善に役立ちます。

◆パプリカ
カプシエイトという成分に深部体温を上げ代謝をアップする効果や脂肪燃焼を促進する効果があると言われています。
血行を促進し冷え性の改善にも。ビタミン類が豊富なので女性には嬉しい美肌効果も期待できます。

野菜スープダイエットの健康効果

野菜スープを毎日食べることでダイエットだけではなく健康面でもメリットがあるんです。
先ほどもご紹介したように、野菜に含まれる様々な栄養素によって、体の血液をサラサラにしたり代謝をアップさせたりしていくことができます。また、温かいスープで摂り入れることでよりその効果を高めているとか。野菜の食物繊維によって腸内環境を整えデトックス作用も。
そのため次のような症状に効果があるとされています。

・冷え性、肩こりの改善
・便秘の改善
・生活習慣病予防

食事制限では栄養バランスが崩れたり体調不良を起こしたりしてしまうこともある中、野菜スープダイエットはそんな心配がいらないだけでなく健康な体づくりにも一役買ってくれるんです。

野菜スープダイエットの注意点

ダイエットはもちろん様々な体にうれしいメリット満載の野菜スープダイエット。
ただ、始めるにあたって事前に知っておきたい注意点もあります。

味付けや具材でカロリーは変わる

野菜スープにすることで野菜の栄養素を豊富に摂取することができますが、味付けや具材には気を付けましょう。
例えば、ポタージュスープなどはバターで炒めた後、牛乳などを入れます。するとカロリーは一気に高くなります。

具材もジャガイモ・サツマイモ・カボチャなどのイモ類や、豆類はカロリーが高めです。ベーコンやウィンナーを入れるレシピも多いので注意が必要。
もちろんメインにしなければアクセントとして入れてもOK。ただお腹いっぱい食べられるからといってこれらの食材を食べ過ぎては意味がなくなってしまうので気を付けましょう。

先ほどご紹介した、脂肪燃焼力をアップしてくれる野菜をメインにした野菜スープがおすすめです。
コンソメや和風だし、鶏ガラスープの素などを使って、あとは塩コショウなどでシンプルに。

◆おすすめの味付け◆
・醤油
・味噌
・ポン酢
・豆乳
・カレー粉 など
(カレールーはカロリーが高くなるので注意!)

タンパク質をしっかり摂るようにする

野菜スープダイエットでは野菜スープをお腹いっぱい食べることで他の食事を控え、カロリーや脂質をカットしていくダイエットです。
ただ、野菜スープのみ食べていると体に不可欠な栄養素であるタンパク質が不足してしまうことも。タンパク質は体の筋肉や骨、皮膚、髪の毛、爪などを作る材料となる成分。タンパク質が不足してしまってはキレイで健康的に痩せることはできません。

ダイエット中もなるべく脂質の少ないタンパク質をしっかり摂るようにしましょう。
鶏肉・赤身肉・鮭・豆腐・納豆・卵などがおすすめです。

抜群のダイエット効果 脂肪燃焼スープとは?

ここまで野菜スープダイエットの効果やレシピをご紹介してきましたが、高いダイエット効果が期待できるという野菜スープがあります。
それは脂肪燃焼スープ。野菜の中でも脂肪燃焼効果が高いとされている5つの野菜を使ったスープです。
今回は健康な体作りのために様々な情報を発信している「あすけん」から脂肪燃焼スープのレシピをご紹介します。

脂肪燃焼スープの材料

玉ねぎ      3個
パプリカ     1個 
セロリ      1本
キャベツ     1/2本
ホールトマト   1缶 もしくは生トマト 3個 
チキンスープの素 1個

脂肪燃焼スープの作り方

材料をすべて鍋に入れ、スープの素を入れて煮込みます。

脂肪燃焼スープ7日間ダイエットプログラム

このスープを使った7日間の集中ダイエットプログラムがあります。
その日その日でメニューは変わり、野菜スープ+果物のみ、野菜スープ+野菜のみという献立を7日間続けて短期集中ダイエットを行うというものです。野菜スープは好きなだけ食べてもOK。それ以外の食べ物はすべて制限がかかるというダイエット方法です。

野菜スープでおいしく楽しくダイエット!

野菜スープダイエットについてお届けしてきましたがいかがでしたか? お腹いっぱい食べられて、ダイエットにも健康にも良い野菜スープ。アレンジ自在の野菜スープダイエットならおいしく楽しく満足なダイエットが続けられそう! ぜひあなたも始めてみてくださいね。