【もくじ】

健康的なポトフダイエットとは?

たくさんの野菜が摂れるだけでなく、腹持ちも良い食事であるポトフ。野菜本来の味やスープを楽しみながら、健康的に美味しく痩せられるのがポトフダイエットです。カロリーダウンのみならず、ビタミンや食物繊維も摂れるなど、美容にも期待が持てるダイエット方法なんです。

ポトフとは

ポトフは、もともとフランスの家庭料理で、キャベツ、ニンジン、じゃがいも、玉ねぎなどが入った野菜スープのこと。これを入れなければいけないと言うものはありませんので、冷蔵庫に残っている野菜でも作ることができます。季節の野菜を入れて楽しむこともできますので、例えば春が旬のブロッコリーや秋が旬のカボチャなどを入れても美味しく食べることができます。

美味しく楽しくダイエットができる

ポトフは野菜の素材そのものを活かしたスープですので、野菜の持つ栄養をたっぷりとることができます。美味しく食べられるので無理せずに続けられるダイエット方法でもありますし、それ以外でも野菜不足を十分に補うことができてメリットがたくさんあります。おいしく楽しく痩せられるダイエット方法としておすすめです。

自宅で簡単!ポトフダイエット

自宅でも簡単に作ることができるポトフは、一度に野菜をたくさん摂取できる健康的なスープとしてダイエットにも最適の食事です。たくさんの野菜とスープにより腹持ちも良いのが特徴です。そして、ポトフダイエットとしてポトフを食べるのは、夕食がおすすめとなっています! 

腹持ちを良くして食べ過ぎを防ぐ

たくさんの野菜によるカロリーダウンな食事はもちろんですが、ポトフは具だくさんのスープですのでとても腹持ちが良い料理です。スープにも野菜やお肉のエキスが詰まっていますので、栄養素を取り逃してはいけません。野菜たっぷりのポトフを食べることで、腹持ちをよくすることができ、総じて食べ過ぎを防ぐことにつながります。

ポトフダイエットで期待できる効果

ポトフには、その季節の旬の野菜を入れたり、好きな野菜を入れたりと、具材に決まりはありません。ですが、痩せることを目的にするなら、その具材にどんなダイエット効果があるのかは知っておきたいところ。ここからは、ポトフに使われる代表的な野菜、キャベツ、ニンジン、じゃがいも、玉ねぎのダイエット効果をご紹介します。

キャベツで便秘改善

キャベツには食物繊維が豊富に含まれており、これは便秘へのアプローチに期待が持てるものです。キャベツに多く含まれる食物繊維は不溶性食物繊維であり水に溶けません。それにより、水分を吸収してふくらみ、腸のぜん動運動を活発にし、排便を促します。溶けないので単純に便のカサを増やすことにもなります。食物繊維は、腸の運動と排便をスムーズに行う役目を担っているので、便秘改善のサポートに期待が持てるのです。

ニンジンでむくみ改善

むくみ対策をするのに効果的と言われている成分にカリウムがあります。ニンジンには、この栄養素が含まれているのでポトフに入れて摂取することでむくみ対策に期待が持てます。

むくみの原因は、細胞内液に多く存在するカリウムと細胞外液に多く存在するナトリウムのバランスです。通常は、濃度が一定のバランスに保たれていますが、塩分の過剰摂取などにより体内の塩分濃度が上がったり、カリウム不足が生じることでバランスが崩れます。そうなると体はナトリウム濃度を下げるために水分を蓄えますので、むくみを生じさせます。

玉ねぎで肥満予防

玉ねぎに含まれる硫化プロピルという成分は、加熱されることによりトリスルフィドという成分に変化します。このトリスルフィドは、コレステロールや中性脂肪値を低下させ、血液をサラサラにする働きが期待できる成分です。あわせて肥満予防や生活習慣病予防に期待が持てます。ダイエットには欠かせない成分と言えます。

じゃがいもで美肌効果

炭水化物が多いことで知られるじゃがいもですが、主食の米やパンを抜いた代わりに、じゃがいも入りのポトフを取り入れることで食事全体の炭水化物割合を減少させることもできます。

また、じゃがいもには“ビタミンC”が豊富に含まれています。その量はみかんに匹敵するほどの含有量。 さらに、通常は加熱に弱いビタミンCですが、じゃがいものビタミンCはでんぷんに守られていますので加熱に強いのです。

なぜ、ビタミンCが美肌効果に期待が持てるかと言うと、肌の弾力やハリをつくるコラーゲンを体内で合成するにはビタミンCが必要不可欠な栄養成分だからです。女性に欠かすことのできない美しい肌を手に入れるには、ビタミンCは無くてはなりません。しっかりと摂取しなければならないとりわけ重要な栄養素です。

ポトフダイエットのやり方

効率的なポトフダイエットをするには、やり方と理由をしっかりと結びつけて知っておくことが大切です。どうしてそうするのかを理解しておくことで、具材の選び方や食べ方も意識的に変えることができるからです。

ポトフダイエットは、炭水化物を制限するダイエット方法です。どこでどのように制限をするのかをしっかりと確認していきましょう。

3食のうち1食をポトフに

一般的なポトフダイエットの方法は、1日3食のうち、1食をポトフにするという方法です。もちろん、それだけではなく、サラダなどを追加してもOKです。主食の炭水化物を抜いて、替わりに野菜いっぱいのポトフを食べるだけ。食事制限の観点で言えば、1食分の炭水化物を抜くという程度で、ポトフで十分な満足感は得られます。

また、他の2食はいつもの食事で問題ありません。脂っこいものを摂りすぎないように注意が必要ですが、炭水化物も適度に摂取したバランスの良い食事を心がけてください。ストレスをためないこともダイエットには重要です。

食べる時間は夕食がおすすめ!

ポトフを食べる時間としておすすめなのは、夕食です。ポイントとなるのは、“1食の主食をポトフにする”ということです。つまり、主食の炭水化物が1食分ポトフと入れ替わります。昼に比べて運動量の少ない夜に炭水化物を摂取してしまうと、消費しきれずに蓄積してしまう恐れがあるので、夕食にポトフを食べるのです。

夕食のカロリーは朝や昼より低いカロリーが理想です。ポトフダイエットは、その点からも最適なダイエット方法と言えます。

ポトフの美味しいアレンジレシピ

ポトフダイエットをさらに美味しく楽しく続けられるように、自宅で簡単に作れるおすすめのレシピをご紹介します。定番のポトフからお肉を使ったヘルシーなポトフまで、アレンジレシピをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!  

定番ポトフ

定番ポトフでしっかりダイエット! 

○材料(2食分)
・ニンジン 4cm
・玉ねぎ 1/4個
・キャベツ 4枚
・じゃがいも 1個
・ベーコン 2枚
・水 2カップ
・コンソメ 小さじ1
・塩・こしょう 少々      

○作り方
1)ニンジンを乱切りにし、玉ねぎをくし切りにカットします。キャベツとじゃがいも、ベーコンは食べやすいサイズに切り準備します。

2)ベーコン以外の切った材料を耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで約3分加熱していきます。

3)鍋に水とコンソメを入れて沸騰させ、2)の野菜とベーコンを加えて煮込みます。

4)塩とこしょうで味を整えたら完成です! 

白菜入りポトフ

1日に必要な野菜をこのひと皿で半分以上とることができる! 

○材料(2食分)
・白菜 2枚
・ニンジン 5cm
・玉ねぎ 1/2個
・じゃがいも 1個
・ショルダーベーコン 2枚
・コンソメ 小さじ1
・塩・こしょう 少々
・水 1・1/2カップ
・あれば、ローリエ 適量

○作り方
1)ニンジンを乱切りに、玉ねぎをくし切りにカットし、白菜とじゃがいもは食べやすい大きさに、ショルダーベーコンは2~3等分にカットします。

2)鍋に水とコンソメ(あればローリエを加える)を入れて沸騰させ、1)で切った野菜などを加えて加熱します。

3)塩とこしょうで味を調えて完成です! 

豚もも肉のロールポトフ

豚もも肉を使った、美味しくヘルシーなロールポトフ! 

○材料(2食分)
・豚もも肉 140g
・玉ねぎ 3/4個
・ニンジン 8cm
・白菜 2枚
・Aコンソメ 小さじ1
・A塩・こしょう 少々
・水 1/2カップ
・あれば、ローリエ 1枚

○作り方
1)豚もも肉を2~3枚重ねて丸め、たこ糸で縛ったものを2つ作ります。

2)ニンジンは乱切り、玉ねぎはくし切り、白菜はざく切りにカットします。

3)鍋に1)と2)の材料と水を入れて沸かし、コンソメと塩・こしょうで味を整えます(有ればローリエを加えます)。アクを取りながら煮込みます。

4)豚もも肉のたこ糸を取り、容器に盛り付けて完成です! 

冬のポトフ

体を心からじんわりと温める! 冬に美味しい冬ポトフ! 

○材料(1食分)
骨付き鶏もも肉(ブツ切り)300g
塩麹 大さじ2
ニンジン 1/2本
白ねぎ  1/2本
玉ねぎ 1/2個
キャベツ 1/8個
かぶ 2個
じゃがいも(小) 1個
ローリエ 1枚
黒粒こしょう 3粒
チキンスープ 400ml
塩 適量
黒こしょう 適量
粒マスタード 適量

○作り方
1)骨付き鶏もも肉に塩麹を揉み込みます。

2)鍋の中に斜めに切ったニンジンと3等分に切った玉ねぎ、白ねぎ、キャベツ、そして1)の鶏もも肉を入れてチキンスープを加え、ローリエと黒粒こしょうを入れます。

3)強火で沸騰させたら中弱火にし、10分を目安にコトコトと煮込んでいきます。

4)10分たったら皮を剥いたかぶと皮を剥いて半分に切ったじゃがいもをお鍋に加え、さらに5分間ほど煮込みます。塩とこしょうで味を調えていきます。

5)皿に盛り付けて粒マスタードを添えたら完成です! 

効果はどのくらいの期間ででる?

ダイエットにチャレンジする上で気になるのは、どれぐらいの期間でその効果がでるのか、ということではないでしょうか。ポトフダイエットの効果が出始める目安について、モチベーションを保つためにも知っておきましょう。

最低2週間は続ける

ポトフダイエットは、最低でも2週間は継続して行うようにしましょう。無理な食事制限ではないので、十分現実的な期間です。しかし、どんなダイエットにも効果がでるまでは個人差が生じます。健康的に痩せられるとはいえ、実現にはしっかりとしたダイエット方法の実践と継続が必要になってきます。

ポトフで健康ダイエット

ポトフダイエットは、1食分の炭水化物を抜くものの、無理な食事制限をかけずに健康的に痩せられるダイエット方法です。しかし、あくまでも“健康的に”痩せる方法ですので、急激に痩せることはできません。もちろん効果には個人差もあります。

ポトフダイエットの魅力は、体に負担を余りかけずにダイエットすることであり、それによりリバウンドのリスクも少ない点です。野菜をたくさん摂取し、むくみや便秘にアプローチして、身体をスッキリさせましょう!

ポトフダイエットで気を付けること

健康的に痩せられるポトフダイエットですが、気をつけたいこともあります。それは、“バランスの良い食事”と“ストレスを溜めない”ということです。なぜそれがポイントなのか、理由について確認しておきましょう。

バランスの良い食事

1食を炭水化物からポトフにかえるポトフダイエット。しかし、炭水化物を抜いたからと言って他の2食で必要以上にカロリーを摂取していては話になりません。もちろん、炭水化物を他の2食でも抜くと言った食事も、栄養バランスの面から適していません。

夕食をポトフメインにしたときは、他の2食では炭水化物もしっかりと摂取してバランスの取れた食事を取るようにします。日頃からバランスの良い食事を心がけることが大切です。

ストレスを溜めない

ダイエットに禁物なのは食事に対するストレスです。どうしても付きまとってくるものですが、それを感じないように工夫することがダイエット成功の鍵となります。

ポトフダイエットだからといって、無理にポトフのみを食べる必要はありません。バランスやストレスを考慮してサラダをセットにしたり、フルーツヨーグルトをセットにしたりして楽しむことが大事です。ダイエットは“我慢”だけでは続きません。

ポトフダイエットの体験談&クチコミ

ポトフダイエットを効果的に行うためのポイントや注意点などはおわかりいただけたと思います。ここからは、実際にチャレンジされた方の体験談をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

3~4キロのダイエットに成功したのはすごいですね。自宅で簡単に作ることができるポトフはダイエットにおすすめの料理です。たくさんの野菜による食物繊維が便秘へのアプローチをサポートしてくれるのが嬉しいですね。

冷蔵庫に残っている野菜を無駄なく活用できるポトフは、経済面でもとても助かる料理です。残ったポトフの活用法としてカレーやシチューにするなど、さまざまなアレンジレシピもあります。アレンジをする場合はカロリーが高くなりすぎないか注意が必要ですが、ポトフダイエットを美味しく楽しく続けられるポイントになりますね。

ポトフダイエットのまとめ

一度にたくさんの野菜をとることができる、優秀なスープ料理あるポトフ。それを使ったダイエット方法やメリット等をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 具材である野菜の豊富な食物繊維が便秘にアプローチし、美容効果も期待できるポトフはダイエットに最適の料理。健康的に痩せることができ、体に負担をかけすぎないダイエット方法であることも魅力です。バランスの良い食事をとることが重要ですので、ポイントを押さえてぜひ、ポトフダイエットにチャレンジしてみてください!