【もくじ】

ヨガで即効やせができる理由は?

―ヨガで即効やせできるって本当ですか?

「はい。本当です。体重はすぐには変わりませんが、サイズや見た目はすぐに変えられます。正しく筋肉を使って、姿勢を整えれば、体型は簡単に変わります」(中村先生)

今、流行している「ゼロトレ」や、5秒でウエストマイナス10㎝と話題になった「どSストレッチ」など、多くの即効ダイエットのポイントとなっているのが”姿勢“です。

姿勢でどのくらい体型が変わるか、ちょっと試してみましょう。いま立っている方は、身長が、座っている方は座高がもっとも高くなるように、頭のてっぺんについた糸で天井にひっぱられるイメージで、姿勢を整えてみてください。すると、ウエストがきゅっと細くなりますよね。

出来ない人は要注意!

それはわかるけど、そんな姿勢は続けられない? それは、筋肉が硬くなったり、ゆるみすぎたりして、正しい姿勢を維持できなくなっている証拠です。すると体のバランスが崩れて、負担がかかる部分に必要以上の筋肉がついて太くなったり、使わない部分が冷えてむくんだり、たるんで太くなってしまうことも。

即効やせヨガは、筋肉と関節の動きに注目して、体の柔軟性と筋力をアップ。正しい姿勢でスッキリボディを取り戻します。

今が変えどき!正しい姿勢とは?

まずは正しい姿勢を確認してみましょう。
かかとを壁から2~3センチ離して自然に立ってみてください。

まずは姿勢チェック

・「耳・肩・腰骨・膝・くるぶし」の5点を結んだ線が、まっすぐになっていますか?
・「頭・背中・おしり」が壁に着いていますか?
・腰の高さに手のひら1~2枚分のすき間ができていますか?
・膝が伸びていますか?

NG例① 頭が壁につかない

NG例② 腰の高さにすきまがない

NG例③ ひざが曲がってしまう

「現代の生活は、どんどん動く機会が減っています。電車に乗る。エレベーターに乗る。1日中パソコンやスマホを見つめている。もともと人の体は350万年もかけて、”直立二足歩行“に適したつくりに進化してきました。だからじっとしていると、どんどん筋肉が硬くなり、立ち方や歩き方がおかしくなってしまうんです」(中村先生)

では、筋肉の柔軟性を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか?

ストレッチは害になるってホント?

―体を柔らかくするには、どんなストレッチが効果的ですか?

「基本的にはストレッチなんてしなくていいんです。みなさん、柔軟という言葉に惑わされていますが、ストレッチばかりやっていると、筋肉がゆるくなってしまいます。すると関節の安定感がなくなったり、正しい姿勢を維持するのが大変になります」(中村先生)

健康のためにも、きれいで引き締まった体のためにも必要なものが、柔軟性のある筋肉。ただし、ふにゃふにゃで使い物にならないゆるんだ筋肉ではダメ。スムーズに伸び縮みできる筋肉、正しい姿勢を維持できるハリのある筋肉が必要だと中村先生はいいます。

理想はメリハリのある筋肉

「体が硬くなるのは、体を動かさないことが原因。普段、脚を開いていないから、脚の筋肉が硬くなる。うつむいてスマホばかり見ているから、首や肩の筋肉が硬くなる。だからストレッチなんてしなくても、筋肉をしっかり動かしてあげれば体は柔らかくなるんです」

「痛気持ちいい」はやりすぎなの?

―では、ストレッチはしない方がいいんですか?

「ストレッチをするのが気持ちいいということであれば、やってもかまいません。ただし、あくまでも気持ちよさを感じる範囲にしてください」(中村先生)

気を付けなければいけないのが「オーバーストレッチ」。人に押されて「痛いっ!」「がまん、がまん」なんていう、ムリなストレッチは論外。気を付けたいのが「痛気持ちいい」という強度です。

「痛気持ちいいというのは、微妙な感覚なので、かなりの人がオーバーストレッチになっています。強すぎるストレッチは、筋肉が傷つき、かえって体を硬くしてしまいます」

「あ~、効く~」「伸びる~」といいながらやっているようなストレッチは伸ばし過ぎ。筋肉が傷つき、かえって体が硬くなると中村先生はいいます。

ストレッチの強度の目安は気持ちよさを感じる範囲。息を止めず、自然に呼吸ができていることも目安となります。

頑張らないことがダイエット成功のカギ

即効やせヨガの3ステップは、

①自分の体の状態を確認する
②ヨガのポーズで動きにくくなった筋肉に刺激を加える
③快適で正しい姿勢で見た目もスッキリ

これが即効やせヨガの3ステップです。
ここで、ポイントとなるのが「頑張らないこと」。

痩せたい!という目的があると、つい頑張ってしまいがちですが、それこそがダイエットが続かない、体が変わらない原因だと中村先生はいいます。

時間の目安はどのくらい?

「はじめて即効やせヨガをやるときは、1ポーズ30秒程度を目安にするといいと思います。徐々に時間を長くして、楽にできるようになったら1分程度キープしてみましょう。ただし、この時間もあくまでも目安。きつく感じる人は、もっと短い時間で大丈夫です。もちろんポーズも心地よい範囲で。人の顔がそれぞれ違うように、人の骨格にも違いがあります。あくまでムリせず、心地よさを感じる範囲で行ってください」(中村先生)

まとめ

頑張ることはいいことと思いがちですが、体にとっては強すぎる刺激に。即効やせヨガは、気持ちよく、快適に感じる程度にポーズをとることが大切です。

続けていくうちに、体が軽い、疲れにくくなった、快食・快便・快眠になったなど、体がどんどん快適になり、動くのが楽しくなっていきます。

痩せたい人はもちろん、自分の体が好きになれない人、どこかに不具合を感じている人も、ぜひ即効やせヨガをお試しください。

中村尚人先生プロフィール
理学療法士として病院、老人保健施設、訪問リハビリなどでの臨床経験を経て、八王子に予防医学を目的としたヨガ・ピラティス・ウォーキングスタジオTAKT EIGHT(タクトエイト)を立ち上げる。豊富な知識をもとに、ヨガインストラクター、ピラティスインストラクター、予防運動アドバイザーとして活動。ヨガの解剖学講師、指導者育成、執筆、講演等に携わる。著書に『ヨガの解剖学』(BABジャパン)など多数。http://www.takt8.com

あわせて読みたい