【もくじ】

50歳になってもなお、グラビア現役続行を宣言する中島史恵さん。女優やタレントなど著名人たちが足繁く通うスタジオ「avity」の、人気ヨガインストラクターとしても注目が集まっている。そんな彼女がいま、いちばん力を入れているのが「逆トレ」。

逆トレってなに?

「逆トレ」とは、中島史恵が考案した、重力に負けないボディラインをつくるエクササイズ。

1(普段しない)逆のポーズをすること
2(普段使わない)逆の筋肉を使うこと


この2つのメソッドをベースにした、年齢を重ねた女性なら誰もが悩む、「胸」「おしり」「二の腕」「背中」「太もも」など、下がりやすく垂れやすい部位を集中的にケアするエクササイズだ。しかもうれしいのは、ほぼワンポーズで済むところ。

たとえば、多くの女性が悩む「バスト」の垂れには、このエクササイズが効果的。

まず床に座ってあぐらをかき、右手を後ろに回して腰に巻きつけるようにし、鼻から息を吸って吐きながら、左手で右手を引っ張る。そのときのポイントは「深く呼吸をすること」「肩をしっかり下ろすこと」の2つ。3~5回繰り返したら、反対側も同様にして行う。バストの土台となる大胸筋、大胸筋の深部にある小胸筋を鍛えるエクササイズです。

目標は3週間!新しい動きをするのに、脳から筋肉へと指令がきちんと届くまで3週間といわれているうえ、実践者からの声も3週間目がとても多いのだそう。

マネージャーが実践!!

本当に「逆トレ」は効果があるのか。そこで「ぽっこりお腹」に悩んでいた、中島史恵のマネージャーが「お腹まわり」の逆トレを中心に3週間実践。
すると・・・・・。

何歳からでも遅くない!

逆トレのうれしいところは、何歳から始めても効果が実感できること。

体は年齢とともに垂れてしまうものですが、鍛えたら鍛えたぶん、きちんと引き締まることも事実。実際に90歳の女性がトレーニングを始めたら、ちゃんと筋肉量が増えたというデータがあるほど、何歳から始めても遅いということはない。

「50歳でも脱げる体」「魅了する体」を目指すことは、体はもちろんのこと、精神的にもアンチエイジングにつながります。

年末太り&正月太りを解消するには「逆トレ」!

お正月はついつい食べ過ぎ、年始は「新年会」続き…。食べて、飲んで、騒いで、寝る。そんな日々が続き、気づいたらあっという間に体重増!そんなシーズンだからこそ、体のケアは怠れないところ。何歳になっても、ボディラインをあきらめないためにも、この時期にぜひ自分の体と向き合ってみては?

書籍詳細

たった3週間で下がらない体をつくる 最強逆トレ』(大和書房刊/中島史恵著)
http://amzn.asia/d/4oBhWmu

あわせて読みたい