【もくじ】

夏は基礎代謝が下がることも。体調管理を第一にダイエットを心掛けましょう

実は、私たちの基礎代謝は夏に低下しているんです。外気の温度が高いと、体温を保つために体内に備わっているエネルギーを使うことが少なくなるので、夏にダイエットを行うと、冬より体重が変化しにくいと感じることもあるかもしれません。
また、暑さでもともと減りやすくなっている体内の水分や、汗の成分でもあるミネラルが十分に補給されずに、体調をくずしたり、悪化すると熱中症になるリスクも。夏は、水分や食事を無理に減らしてやせようとせず、十分に水分や食事をとったうえで、バランス良い食事でダイエットを行うことが大切です。

糖の代謝を助けるビタミンB1を含む食べ物を積極的に摂りましょう

暑いとどうしても冷たく、のど越しの良い物や冷たいそうめん、冷えたジュース、アイスクリームなどを食べたり、それだけで食事を終わらせてしまうこともありませんか。実は、こういった食べ物や飲み物には意外と糖質が多く含まれているのです。
夏はこれら糖質の代謝に役立つビタミンB1が欠乏しがちになり、疲労がたまる夏バテの原因にもなります。ビタミンB1を補充するためには、豚肉やうなぎ、大豆などを積極的にとりましょう。

また、これと関連して、熱中症対策にはスポーツドリンクが薦められることも多いですが、熱中症予防に必要なミネラルを含んでいますが、糖質が多く入っていることがあります。ミネラルを含んでいるけれどカフェインレスで甘くない麦茶などに、必要に応じて塩を1つまみ入れるなどして飲んでみるのもおすすめです。

タンパク質をしっかり摂りましょう

夏は麺類だけで食事を済ましてしまうなど、栄養バランスが崩れてしまうことも。タンパク質をしっかり摂って筋肉量をできるだけアップし、代謝をあげることがダイエットを健康的に行うことにつながります。たんぱく質とビタミンB1が豊富に含まれる食品には、納豆、豚肉、レバー、さんまなどがあげられます。

良質な睡眠をとることを心掛けて

夏はただでさえ寝苦しく、睡眠の質も落ちるし、睡眠不足になりがちです。良い睡眠がとれていると、睡眠サイクルもしっかり作られ、その中でも特に深い睡眠の間には、成長ホルモンが分泌されるといわれています。成長ホルモンは身体の修復をしたり、筋肉を作ってくれるので夏のダイエットには特に必要ですね。まず、睡眠時間は個人差がありますが8時間前後はとりましょう。12時前に眠れると成長ホルモンの分泌の点からもよいですね。質の良い睡眠をとるためには、夜は眠る1~2時間前に湯船にゆっくりつかり、軽いストレッチで心身の緊張をほぐすなど、寝る前にリラックスすることも効果的。寝る前にスマホやテレビは見ないようにすることで、睡眠に入りやすくなります。

まとめ

今日は夏に行うダイエットのポイントについて解説しました。外の暑さと冷房の寒さ、この気温差もあり疲れやすく、体調を崩しやすい季節。あまり食事を制限するよりは、熱中症に気を付けながら、適度な筋トレなどで筋肉をつけて代謝を高め、タンパク質、脂質、ビタミン(特にビタミンB群)、ミネラルをバランスよく摂って、良質な睡眠で身体をいたわりながら、健康にダイエットをおこなっていきましょう。

(アットコスメ編集部)