【もくじ】

みんなが太鼓判を押す冷え対策アイテムをチェック☆

身体の冷えは、ダイエットにはもちろん、美容や健康にとっても避けたいところ。今回は、発汗を促して身体を芯から温めてくれる入浴剤や、温感効果が期待できるボディケアアイテムの中から、クチコミ評価が★4.5以上のものをピックアップ! 手軽に汗を流せるおすすめアイテムをご紹介します。
※クチコミ評価は2019年9月10日時点のものになります。

身体をポカポカ温める入浴剤5選

希少な温泉の温浴効果を自宅で体感!

薬用 BARTH 中性重炭酸入浴剤
BARTH
価格 9錠・900円 / 30錠・2,500円 / 90錠・6,000円
発売日 2017/2/8

健康維持や疲労回復などによいとされる希少な中性重炭酸泉を、独自の技術によって再現した入浴剤です。高濃度の重炭酸イオンの効果で血行を促し、冷えや疲労感などにアプローチ。まるで温泉に浸かっているかのような極上のバスタイムを満喫できます。

ponponyaさんの投稿写真

入浴後も温かさが長時間続く!

エプソルト
NEHAN TOKYO
価格 400g・2,280円 / 800g・2,800円
発売日 2019/6/28

発汗やデトックスを促す硫酸マグネシウム(エプソムソルト)を、99.99%という高い純度で配合。すぐれた温熱効果で、身体を芯から温めてくれます。さらに、高い保温性も備えているので、入浴後もぬくもりが持続。寒い季節も湯冷め知らずで過ごせそう!

思わず長風呂したくなる上品な香り

バスソルト ローズ
SABON(サボン)
価格 350g・2,593円
発売日 2018/3/15追加発売

ミネラル豊富な死海の塩に、ローズの香りをプラスしたバスソルト。高い温浴効果で身体を温めながら、上品な香りで優雅なバスタイムを楽しめます。しっかり発汗できるので、リフレッシュにもぴったりです。

rikochenさんの投稿写真

和漢植物エキスのチカラで身も心もほっこり

生姜香草湯
アユーラ
価格 25g・190円 / 25g×10包入・1,800円
発売日 2014/9/23

生姜や陳皮、桂皮など、厳選された和漢植物エキスを使用した粉末タイプの入浴剤。スパイシー&フレッシュなジンジャーオレンジの香りでリラックス効果を誘い、心身ともにほっこりと温めてくれます。

お手入れしながらぽかぽかに! 温感アイテム5選

自然の恵みでトータルケアできる万能オイル

LILAY ALL YOUR OIL
LILAY(リレイ)
価格 30ml・980円 / 150ml・3,500円
発売日 2019/4/4追加発売

これ1本でクレンジング、バスオイル、ボディケア、ヘアケアとして使えるマルチプレイヤー。天然由来成分を98%以上配合し、身体の引き締めや冷え対策、エイジングケアなどにチカラを発揮してくれます。ベタつかないサラッとしたオイルなので、使い勝手のよさもGOOD!

ふじこ9720さんの投稿写真

温感&スクラブで思わず触りたくなる美肌をゲット

トウガラシエキスなどの天然ホット成分で、発汗を促すボディ用スクラブジェル。ミネラル豊富な焼丸塩や海藻(ヒバマタ)エキスで引き締め成分も配合しているので、もっちりスベスベの肌へと導きます。

ださ子〇さんの投稿写真

機能性抜群のポーチインアイテム

たった1分程度コロコロ転がすだけで、温かさを長時間キープ! 温感・引き締め・揉みだしの3役をこなすハイスペックなボディジェルです。コンパクトでありかつ、洗い流す必要もないので、いつでもどこでも手軽にケアできます。

mamamayu3527さんの投稿写真

温かさをうるおいをもたらすオーガニックコスメ

ウォーミングサルブ
ニールズヤード レメディーズ
価格 45g・3,500円

トウガラシやジンジャーなどのハーブを配合した、ボディ用固形オイル。身体の冷えや、首・肩などコリを感じるパーツに塗り込めば、マッサージ効果でじんわりと温まり、ホッとリラックスできます。

(-ω-)さんの投稿写真

引き締めも角質ケアもこれ1つで完了!

ボディ ホット&スクラブ マッサージジェル
Ayurbio(アーユルビオ)
価格 200g・1,200円
発売日 2015/9/16

温感・発汗・脂肪分解の3方向から美ボディへと導くインバスケアアイテム。ゲルマニウムや4種類のホット成分で、血行を促してボディラインを引き締めます。また、天然塩スクラブも使用しているので、角質ケアが同時にできるのもうれしいところ。

*ぴず*さんの投稿写真

冬本番に備えて万全の冷え対策を

身体を温めることは美しさを保つための近道。みんなのクチコミを参考に手軽に取り入れられる温感アイテムを取り入れて、底冷えする冬の寒さに負けない身体を手に入れましょう!

(アットコスメ編集部)

あわせて読みたい