【もくじ】

お酒を飲むときにおすすめの食べ物は?

基本的に、アルコールの吸収を抑えるもの、もしくはアルコールの分解を助けてくれるものがおすすめです。アルコールを飲む少し前からこれらの食品で準備しておくと、あとの体調が整ってきます。

アルコールの吸収を抑えるのにおすすめなのは、冷ややっこや湯豆腐などの豆腐料理です。植物性のたんぱく質が豊富で、お酒の吸収を緩やかにして肝臓を守ります。また、アルコールの代謝をすすめてくれるビタミンB1やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも含んでいます。特に枝豆は、ビタミンCが含まれているので、おすすめの豆類です。

アルコールの分解を助けるのにおすすめなのは魚介類。魚介類には良質のたんぱく質が含まれる他、たこ、いか、アサリなどにはタウリンというアミノ酸が含まれます。タウリンはアルコールの代謝を助けることが知られています。お刺身やアサリの酒蒸しなどもおすすめです。カロリー高めなので少量であれば、チーズやナッツもおすすめです。

お酒を飲んだ後や次の日におすすめの食べ物は?

お酒を飲むと、尿がたくさん出る傾向になるので、体内の水分が減って脱水気味になります。このため、まず大切なのは、適度に水を飲むこと。これにより、体内からお酒が排泄されます。次におすすめなのが、体内から失われたミネラルを適切に補うこと。

また、アルコールをいつもより多く飲んだ時には、飲んだアルコール量に応じてアルコールの代謝に伴い糖が消費されるため、翌日には血糖が下がり気味になります。このため、糖分とミネラルを同時に取ることができ、食べやすい果物などがよいでしょう。
具体的には手に入りやすくカリウムの豊富なバナナやりんご、そして、カリウムやマグネシウムなどを含むキウイなどがあげられます。

二日酔いの症状には、アミノ酸やビタミンB群、特にお酒の代謝により使われ減少するビタミンB1を補うことも大切です。

おすすめなのがお味噌汁です。塩分やミネラルを豊富に含んでおり二日酔いにも最適! とくに、しじみ汁は、肝臓の代謝を助けるアミノ酸のオルニチンを始め、アミノ酸がとても多く含まれ、そして、ビタミンB1だけでなく、ビタミンB12も豊富に含まれることがわかっており、昔から二日酔いへの効果が経験的に知られていたことがわかります。

今回は、少し食べ過ぎ、飲みすぎてしまったときにおすすめの食べ物についてご説明しました。これらの食べ物を摂ることで、体調を整えて宴会や友人家族との集まりを楽しく過ごしませんか。

執筆/飛田 砂織

(アットコスメ編集部)