【もくじ】

オフィスでできる! 首すじを伸ばすストレッチ

デスクワークなどでこり固まった首や肩をほぐすストレッチです。心地いいと感じる程度で、日頃伸ばしていない部位をしっかりと伸ばしていきましょう。

1.右手を左の肩にのせます。

2.首を右真横に倒します。

3.そのまま顔を右下に向けてストレッチしましょう。左の首筋が伸びていることを意識して!

4.次に顔を右上に向けてストレッチしましょう。

それぞれ5秒間ずつ、ゆっくりストレッチしましょう。反対側も行いましょう。

肩・肩甲骨まわりをほぐすストレッチ

肩こりの改善や、背中の筋肉にもアプローチしてくれる、肩や肩甲骨まわりのストレッチです。

背中の後ろで手を組み、組んだ手を上へ下へと上げ下げします

1セット10回を目安に、肩のこりが気になるときに行いましょう。

寝る前のリラックスタイムに! 脚の後ろを伸ばすストレッチ

ももの後ろを伸ばして猫背にアプローチ! 姿勢を意識したストレッチです。

1.右足を真っ直ぐにのばし、左足は膝をまげて足の裏を内太ももにつけます

2.のばしている右足の膝が曲がらないように、股関節から曲げる様に意識して前に倒していきましょう。
10秒倒したらゆっくり戻りましょう。反対側の足も行いましょう。

ポイントは、呼吸は止めないよう深呼吸を意識すること!

体側を伸ばすストレッチ

内蔵機能を整え、さらにリンパの流れにアプローチしてくれるストレッチです。深い呼吸を意識できるようになります。

1.右足は横に伸ばし、左足は膝をまげ足の裏を太ももにつけます。

2.伸ばした足の方へ体を倒していきます。

10秒倒したらゆっくり戻ってきましょう。反対側も行いましょう。

倒した手が前にかぶらないようにしっかりと横に倒していきましょう。倒した時に、膝を曲げた側のお尻が浮かないように注意しましょう。

オフィスや寝る前、気がついたときに身体をの姿勢を意識したストレッチを行うだけで、血行の流れが良くなり腰痛・肩こりなどの軽減にもつながります。一種類だけでもいいので毎日トライしてみることが大切です。

執筆/栗本 奈央

(アットコスメ編集部)