【もくじ】

代謝アップ! 腸の働きを活発化させる"水"

5月に入って気温も上昇し始める時期。実は熱中症が一気に増えるのはこの5月。皆さん、意識して水分補給してますか?

水分を摂取すると腸の働きが活発化し、老廃物などの不要なものを外に排出するので、むくみ防止対策やデトックスの助けともなります。また、巡る体へと導き、代謝アップにつながります。

1日の摂取量は1~2リットル程度。コップ1杯(200cc)を朝起きたらまず1杯! そのあと毎食時と食間に1杯ずつ。そして寝る前に1杯。これを習慣化することで1リットルの水準は満たすことができます。

しかし、ただの水はなかなか手が伸びない。よく聞く話ですね。

そんな人には、「ベジフルウォーター」がおすすめ!

手間要らずで簡単美味しく栄養補給をしながら、水分補給が可能です。何より美味しいので、気がついたら1日の摂取量を無理なくクリアすることができます。ベジフルウォーターを味方に付けて、今年の夏は、ヘルシーなボディを手に入れましょう。

ベジフルウォーターとは?

フルーツ、野菜、ハーブなどをミネラルウォーターに入れて2時間から一晩ほど漬けた水のことをいいます。

ベジフルウォーターで水分補給! メリットは?

①低カロリーで間食防止につながる
ベジフルウォーターは、ジュースなどに比べて断然低カロリーです。ダイエット中の人も進んで飲むことで間食防止に繋がります。

②ビタミンやミネラルが補給できる
フルーツや野菜などに含まれるビタミンやミネラルは水分に溶け出します。ベジフルウォーターを飲むだけ栄養補給も可能なのです。

③代謝を上げて、老廃物や毒素を外へ出す腸活につながる
無理なく水分摂取できると、巡りが良くなる他、汗や排泄により、老廃物が外に出やすくなります。また、食事で摂取した食物繊維を腸内細菌のエサとしたり、腸内の滞留時間を短くさせるためにも水分は必須となります。

④むくみ対策になる
塩分過多でむくみがちな体はカリウムを摂取することでむくみが緩和されます。むくみが気になる時は、カリウムの多い野菜やフルーツを使用しましょう。

⑤フレーバーつきで飲みやすい
ほんのり甘みと香りがするベジフルウォーターは、普段なかなか進んで水分摂取できないという人にも飲みやすく、無理なく継続することができます。

⑥手軽に作れる簡単さ!
切ったフルーツや野菜を水に漬けるだけで完成なので、手間もかからず、どなたでも今すぐに始めることができます。

⑦マイボトルで持ち運びができる
ご自宅でピッチャーやサーバーで楽しむだけでなく、蓋つきの容器に入れればどこでもいつでもベジフルウォーターを楽しむことができます。

用意するもの

・水
ミネラルウォーターをおすすめします。
水道水を使用する場合は煮沸して、冷蔵庫で冷やしてから使いましょう。

・炭酸水
炭酸水で作ることもできます。炭酸があまり抜けないよう、2~3時間くらいで飲み切ることをおすすめします。

・容器
特に決まりはありません。清潔でふたつきであれば、ガラス、プラスティックどちらも使用可能。持ち歩く場合は衛生面を考え、保冷機能があるものをおすすめします。

・お好きな野菜、フルーツ、ハーブ
まずは、野菜、フルーツ、ハーブ1種類ずつを選び、水に入れてみましょう。悩み別にセレクトすることもできます。

作り方

①清潔な容器を準備します。
②使用する水分を用意します。(ミネラルウォーター、炭酸水)
③お好みの野菜、フルーツ、ハーブを1種類ずつ用意し、よく洗います。
④野菜、フルーツは薄切りします。そうすることで栄養素がよく水に溶けだします。
⑤容器に③、④を入れ、水分を注ぎます。
⑥蓋をしっかりとし、2時間ほど冷蔵庫で冷やします。

⑦その後、水分を継ぎ足しながら、24時間楽しむことができます。

作るときのポイント

皮ごと使える無農薬フルーツや野菜をセレクトしましょう。

フルーツがないときは冷凍フルーツやドライフルーツも使用可能です。その場合、ドライフルーツはオイルや砂糖でコーティング加工されているものがあります。その場合は熱湯にくぐらせてから使用するのがおすすめです。

基本は野菜、フルーツ、ハーブを1種類ずつ。簡単手軽に作るのが継続できる秘訣です。

野菜、フルーツの種類によってはピーラーを使用すると見た目もキレイになります。

どなたでも楽しめるドリンクですが、カリウム摂取制限のある人は、使用する野菜やフルーツに制限がありますので気をつけましょう。

お悩み別おすすめ食材

より美味しく効果的なベジフルウォーターを楽しむために、お悩み別に食材を選んでみましょう!

むくみにアプローチ!

野菜:きゅうり、生姜、セロリ、
フルーツ:レモン、りんご、ゆず、すいか、メロン
ハーブ: ローズマリー、レモンバーム、シナモン、しそ

便秘解消したい!

野菜:きゃべつ、大根、セロリ、人参、レタス
フルーツ:ブルーベリー、りんご、レーズン、キウイ、パイナップル、プルーン、マンゴー
ハーブ:クローブ、ペパーミント、レモン グラス、フェンネル

紫外線対策したい!

野菜:トマト、パプリカ、アスパラガス、キャベツ、ミニトマト、ラディッシュ
フルーツ:イチゴ、ラズベリー、オレンジ、キウイ、レモン、グレープフルーツ
ハーブ:パセリ、ペパーミント、 ローズマリー、ハイビスカス

疲労解消したい!

野菜:アスパラガス、ミニトマト、人参、セロリ
フルーツ:甘夏、グレープフルーツ、パイナップル、ゆず、ライム、ぶどう
ハーブ:ミント、レモングラス、セージ、レモンバーム

無理なく続けることが大切。むくみ知らずのヘルシーライフへ

ベジフルウォーターに細かい決まりは何もありません。簡単、美味しい、続けられることがいちばん大切です。

目に、体に、心にも楽しくうれしいベジフルウォーターをライフスタイルに根づかせ、心身ともにむくみ知らずのすっきりヘルシーライフを手に入れていきましょう!

次回は、夏に向けて準備開始! 「縦へそを目指す!腸活&隙間時間ストレッチ」をご紹介します。お楽しみに。

執筆/中島 真知子
編集/アットコスメ編集部