【もくじ】

日々の習慣や姿勢次第で、首は長く見せられる!

凛とした印象を与えるスラッとした首元は、スタイルをよく見せてくれるもの。

首元がスラッと見えない原因は、肩が内側に入っていたり首が前に出ていたりといった、日々の習慣や姿勢によるものが大きいといえます。

首が長く見えるのは、生まれつき首が長い人ばかりではなく、首を長く見せる方法を知っている人なのです。

スラッとした首元に見せる3つのポイント

美しい首元を目指すためには、下記の3つがポイントです。

・首の筋肉をしっかりとのばす
・左右の肩甲骨を寄せて下げるように意識し、デコルテを開く
・頭頂部が天井から糸で引っ張られているような感覚で、首をぐっと上へのばす(耳と肩の距離を離すイメージ)

今回は、コリをほぐして美しい首元を目指す簡単エクササイズをご紹介します。

美しい首元を目指すエクササイズ

① 胸鎖乳突筋ほぐし

こり固まった胸鎖乳突筋は、フェイスラインのたるみの一因にも。ほぐすことでフェイスラインがすっきりすると同時に、肩こりや頭痛の緩和にもつながります。

胸鎖乳突筋をつまみながらほぐしましょう。頸動脈が近いので、力を入れすぎずにやさしく行ってください。

②首のストレッチ

首の根元である肩が固くなって盛り上がってしまうと、首が短く見える原因に。しっかりとのばしてあげましょう。

1. 首を横に倒します。

2. そのまま斜め下に倒します。

3. そのまま斜め上に倒します。

4. 元に戻り、反対側も同様に行いましょう。

左右3~5セット行います。

ゆっくりと丁寧に「気持ちがいいなぁ、しっかりとストレッチされてるなぁ」と感じながら行うのがポイントです。

③肩甲骨寄せ

1. 両側に壁がある場所で、ひじを曲げて壁に手をつきます。

2. そのまま体を前に倒しながら、肩甲骨を寄せましょう。

3. 始めの状態に戻ります。

背中の筋肉には、褐色脂肪細胞という脂肪を燃焼する細胞が集まっているといわれています。背中の筋肉を刺激することで、全身の代謝アップにもつながりますよ。

④肩甲骨まわし

1. 写真のように腕を前後にのばします。

2. 前の腕を耳の横を通りながら後ろにまわします。同時に、後ろの腕を下ろしながら前にまわします。

3. 反対側も同じように動かします。

左右60秒間ずつ行いましょう。

普段あまり動かさない部分かつ、なかなかしない動作なので、最初はキツく感じるかもしれませんが挑戦してみてください。

さらにできる方は、前から後ろにまわす手に顔をつけてみましょう。

1. しっかり肩甲骨を下げて、首を引きのばしながら動かします。

2. 顔が一周するように動かしましょう。

首のラインがグッとのびて、エクササイズ効果がUPしますよ。

日々の生活のなかで習慣づけよう!

日頃から意識することで、美しい姿勢や美しいデコルテライン、スタイルアップにつながります。日々の生活習慣は、知らず知らずのうちに自身の身体に刻まれていきます。よい習慣をクセづけられるようにしていきましょう!

執筆/栗本 奈央
編集/アットコスメ編集部