予防美容【肌編】topics5|お肌の曲がり角は2度やってくる!?

 >  > 予防美容【肌編】topics5|お肌の曲がり角は2度やってくる!?
予防美容【肌編】topics5|お肌の曲がり角は2度やってくる!?
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

シミ、しわ、たるみ、白髪、薄毛、ボディラインの下垂…これらが目に見えて現れる前に先手を打って、美しさと若々しさをキープしようというのが「予防美容」の考え方。ここでは、私たちがお手本にしたい、美容・健康のスペシャリストである美人ドクターに“今すぐ取り組むべき対策や美容法”について徹底取材しました。

お肌の曲がり角は2度やってくる!?

お肌の曲がり角といえば20代半ばと思いがちですが、実はもう1回あるんです!

「1回目の肌の曲がり角は20代半ば〜後半に。2回目は30代半ば〜後半にやってきます。20代半ばで水分量の低下が顕著になり、今までのスキンケアでは物足りなくなったり、肌荒れを起こすことがあります。30代半ばになると水分量だけでなく皮脂量も低下してくるため、より肌が乾燥しやすくなりますね。肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンをつくる線維芽細胞は20歳をピークに低下し、40歳で30%〜40%程度にまでなります。乾燥は線維芽細胞の働きをさらに低下させるので、常に保湿を意識したお手入れを心がけたいものです」(貴子先生)

年代別!見直すべき予防美容法!

【20代】
水分量が低下する時期。「ちゃんとスキンケアをしているのに乾燥が気になる」という人は、保湿力の高いローションにシフトチェンジを。

【30代】
水分量と皮脂量の両方が低下する30代は、これ以上自分の皮脂が奪われないためにも、まずはクレンジングを見直して。さらに目元の乾燥や法令線など部分的なトラブルが気になる年代でもあるので、目元用クリームや美容液などのスペシャルケアを投入する最適な時期ともいえます。

「今はまだ肌トラブルがないから大丈夫!」と思っていても、加齢とともに徐々にエイジングは進行していきます。エイジングケアに早すぎることはありません。5年後、10年後に、あの時ちゃんとお手入れしておけばよかった…と後悔しないためにも、早め早めのケアで将来の美肌を手に入れましょう。

\貴子先生おすすめ/松倉 HEBE DAIKANYAMAの美肌メニュー

【ケアシス】
エレクトロポレーション機器などを使い、一時的に細胞膜に隙き間を開け、ヒアルロン酸などの美容成分を肌の奥まで浸透させる導入法。15,000円

【高濃度ビタミンCサビ止め点滴】
肌荒れ改善、免疫力の改善、ストレス改善、細胞レベルの若返り、ニキビの緩和、シミ・くすみのないハリ肌へ。点滴15g〜 15,000円〜 ※初回はG6PD検査(7,400円)が必要です。

お話を伺ったのは…

【貴子先生】
美容外科・美容皮膚科・メディカルエステのクリニック『松倉 HEBE DAIKANYAMA』院長。日本形成外科学会認定専門医。抜群の美貌と患者の目線に立つ治療方針には多くのファンを持つ。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

マイベストコスメを教えて

春夏新作コスメ

みんなの思い出コスメをまるっと大解剖!

UVCUT

変わる私と、変わらない私。