時代を作る美人コスメ 第三回 - アットコスメ(@cosme)

@cosme  >  特集インデックス  >  時代を作る美人コスメ 第三回

COSMETICS × the AGE

時代を作る美人コスメ第三回

1992年の誕生以来、愛され続ける理由 美しい肌の理想は変わることがないからこそ、モイスチュアリポソームは“変わらない” 研究力が支える「コスメデコルテ」のスキンケア この秋、ブランド誕生45周年を迎える「コスメデコルテ」。時代とともに多くのスキンケア、メイクアップ製品を世に送り出し、多くの女性から支持されています。その中でもロングセラーを誇るのが1992年発売の『コスメデコルテ化粧液』。その潤いの鍵を握る独自の“リポソーム テクノロジー”について、誕生から、未来につながる新しいアプローチまでをご紹介します。

日々進化するスキンケア技術。毎年のように新しい技術を搭載した美容液や化粧水、クリームなどが登場しています。しかし、1992年のデビュー以来、一度も処方を変えることなく、ロングセラーを続ける保湿美容液があります。それが「コスメデコルテ」の『コスメデコルテ化粧液』
“変わらないのは、変わる必要がないから”
肌の美しさの土台となるのは潤い。スキンケアの基本は保湿であり、いかにすばやく肌のすみずみまでを潤いで満たし、そしてその潤いを持続させるかがポイントになります。『コスメデコルテ化粧液』に用いられている、独自の“リポソーム テクノロジー”とは、まさにその保湿アプローチの核心に迫るもの。みずみずしい使い心地とあふれるような潤いの実感は、世代に関係なく多くの女性たちに支持されています。そして、時代が変わってもその処方が変わらないのは、決して「守り」の姿勢ではありません。先進のリポソーム研究と技術開発において、“変わらないことがベスト”であるというのが答えなのです。

2015年、秋。この“リポソーム テクノロジー”を搭載した、待望の化粧水『リポソーム トリートメント リキッド』が登場します。日本女性のみならず、世界の女性にあふれる潤いを! “リポソーム テクノロジー”によるアクティブな保湿アプローチが、スキンケアの新しい時代を切り拓いていきます。

1

ブランド誕生から45年。変わらない研究と技術開発への情熱

「コスメデコルテ」の歴史は常に“挑戦”とともにあります。1970年のブランドデビュー時、初任給は4万円程度だった時代に3万円のクリームや24金のコンパクトに入った11万6千円ものフェイスパウダーなど、最高峰の品質、最上のエレガントにこだわった製品で、世間の注目を集めました。その後も多くのヒットコスメを世に送り出していますが、その背景には先進の皮膚研究と成分や処方技術への積極的な挑戦の姿勢があります。1986年には、生体類似成分であるリン脂質に着目したスキンケア『デュモール』ラインを発売(写真)。医学の分野で研究が進められていた、リン脂質からなる多重層カプセル「リポソーム」の研究、開発とも密接に結びついており、1992年の『コスメデコルテ化粧液』の誕生へと繋がっていきます。

2

約0.1ミクロンの超微粒子カプセル「多重層リポソーム」

“モイスチュアリポソーム”の愛称でも親しまれている『コスメデコルテ化粧液』。リン脂質でできた約0.1ミクロンのマイクロカプセルである「多重層リポソーム」の技術を化粧品に応用し、洗顔後すぐに使うブースター美容液の先駆けともいえる保湿美容液です。「多重層リポソーム」はその名の通り、たまねぎのように幾重にも重なる層の中に、潤いと美容成分がぎっしりと詰められており、肌と同化するようになじみ、角層深くまでスムーズに浸透。<写真は「多重層リポソーム」の電子顕微鏡写真(直径1/10,000mm)>カプセル内の成分は、時間差でゆっくりと放出されるため、潤いの実感が長時間続きます。乾燥による角層のダメージ部分にもぴったりと密着する、超微粒子マイクロカプセル。乱れたキメやかさつきをなめらかに整え、潤いあふれるみずみずしい肌へと導きます。もともと医療の分野では、投薬のための素材として注目を集めていた「多重層リポソーム」。「コスメデコルテ」では1984年に化粧品への応用の取り組みに着手しましたが、繊細でデリケートなカプセル構造の維持や安全性など、クリアするべき課題も多く、発売までに8年もの年月がかかりました。肌なじみのよい使い心地、深い浸透の手応え、潤いの持続感は、クチコミで広がっていき、1992年の発売以来、販売本数は累計580万本に到達。長年の愛用者も多く、親子3代のファンも珍しくはありません。

3

多くの可能性を秘めた“リポソーム テクノロジー”の新しい一歩

スキンケアの基本である、保湿をみつめた『コスメデコルテ化粧液』。“潤いを届け、持続させる”という、揺らがない保湿アプローチだからこそ、季節や年齢、肌質などを問わずに、多くの人が潤いの手応えを感じることができます。2002年には『ML クリーム』、2011年には『ML アイクリーム』が誕生。そして2015年秋、「多重層リポソーム」の化粧水『リポソーム トリートメント リキッド』が仲間入り。化粧液の愛用者からも「リポソームの化粧水が欲しい」という声は高く、研究者にとっても長年の夢でありましたが、ブランド誕生以来、品質も使い心地も最高峰のものを作り出すことを自らに課している「コスメデコルテ」だけに、化粧液同様に開発には12年もの年月を費やし、まさにブランド誕生45周年を飾るのにふさわしいデビューとなりました。みずみずしいテクスチャーで、角層のすみずみへ瞬時に浸透。すばやく潤いの手応えを感じることができます。この新しい化粧水のアイコンには世界で活躍する、トップモデルのケイト・モスを起用。リポソーム テクノロジー”の潤いのアプローチを、日本国内のみならず世界に向けて発信します。

( PICKUP ITEMS )

美容のプロが注目☆
“リポソーム テクノロジー”の
保湿スキンケアをチェック!

私が試してみました!

ビューティエディター・ライター 小林賢恵さん

編集プロダクションを経て独立。長年、女性誌や美容誌において、企画、編集、執筆までを手がける。肌、髪にとどまらない、トータルビューティを提案していきたいと考えている。

SELECT 1

コスメデコルテ
コスメデコルテ化粧液
(モイスチュアリポソーム)

40ml・10,000円
60ml・13,500円

小林'S REVIEW

使い続けるごとに、日々潤いが深くなっていくのを実感。肌なじみがとてもよく、ベタつき感がないので、次に使う化粧品がずるずるすることなく、しっとりなめらかに整います。
 

PICKUP クチコミ

浮気してもこれに戻ってきます。その場しのぎの保湿ではなく、長時間潤います。保湿は大切なんだと痛感した一品です☆

k.tちゃんさん
29歳|混合肌

もっと詳しく

SELECT 2

コスメデコルテ
リポソーム
トリートメント リキッド

170ml・10,000円

小林'S REVIEW

まず、さわやかな香りにうっとり。みずみずしい感触で、肌にすばやく浸透していきます。かなりの乾燥肌ですが、ゴクゴクと水を飲んだあとのような、潤いの満足感を得られました。
 

PICKUP クチコミ

感触に感動しました。全ての水分が入り、肌がふっくらします。香りもきつくなく大好き! とにかく1回使ってみてほしいです。

たぬねなさん
32歳|乾燥肌

もっと詳しく

SELECT 3

コスメデコルテ
ML クリーム

50g・10,000円

小林'S REVIEW

潤いは欲しいけれど、ベタベタと重いクリームは苦手という人に、ぜひ使って欲しいみずみずしい使い心地。乾燥している肌に潤いがしっかりチャージされ、翌朝の肌はもちもちしっとり。

PICKUP クチコミ

べたつかないのにしっかりと潤ってくれます。肌の中から水分が復活してる!って感じで、乾燥も気にならなくなってきました。

☆:::☆あこたん☆:::☆さん
31歳|乾燥肌

もっと詳しく

SELECT 4

コスメデコルテ
ML アイクリーム

15g・7,000円

小林'S REVIEW

細かな目の周りの小ジワにも、スーッと入っていって、ぴったりと密着。ふっくらと整えてくれます。ベタつかず、他の化粧品を重ねても重くならないので、朝のメイク前にも使いやすい。

PICKUP クチコミ

保湿力がしっかりとしているので、優秀なアイクリームだと思います。目元を印象付けることが出来て、とても気に入っています!

彩ンティさん
29歳|普通肌

もっと詳しく

撮影/吉沢康夫 文/小林賢恵 構成/石山照実(beautyeditor.jp)

注目トピックス

2019年間ベストコスメ発表!大賞をチェック

ベスコス受賞コスメ現品プレゼント!

2019秋冬新作スキンケア特集

ほっこりメイク&コスメ特集

2019クリスマスコフレ冬新作コスメ特集