キリアン / ア キス フロム ア ローズ オード パルファム 口コミ

アットコスメ > キリアン > ア キス フロム ア ローズ オード パルファム > 口コミ一覧 > 新真昼さんの口コミ

クチコミ

クチコミ2件中 1件目を表示

新真昼さん
新真昼さん100人以上のメンバーにお気に入り登録されています認証済

5購入品

2021/11/26 13:08:26

ローリングインラブに引き続き真っ赤なボトルデザインで販売された「ア キス フロム ア ローズ」。キリアン・ヘネシー曰く「バラの花弁と棘を表現したかった」とのこと。担当調香師はキリアンの不動のベストセラーであるグッドガールゴーンバッドを完成させたアルベルト・モリヤスだ。


トップに拡がるのはムスキーなグリーン。これがひとくせあるというか、かなり特徴的。よくある嗜好性の高いすっきりした青葉の香りではなく、セロリのような好き嫌いの分かれそうな野菜を思わせる清涼感のあるグリーンだ。

トップから続くムスクを漂わせながら、タイトルにもあるローズが展開していく。真っ赤なボトルのイメージからフェミニンなローズの香りだと思っていたが非常にドライでクールな辛口のバラ。甘さがほとんどないグリーンローズ。辛口なローズというと、ブラックペッパーやクローヴのスパイシーさを添えた香りはよくあるけれど、これにはそういった香辛料っぽさは感じられない。例えるなら蕾は付いているけどまだ咲いていないバラ。

ドライダウンになると、トップからずっと続いていたムスクが主体になる。あとはほんのちょっとだけウッディなアコードを感じるくらい。fragranticaにはシプリオルオイルとあるけれど、言われてみればそうかな、という程度。トップからミドルまででニ、三時間、ドライダウンは五時間ほど。


クセのある清涼感のグリーンに甘さのないバラを合わせた香りは、キリアン・ヘネシー氏の言う通り、バラの棘という表現によく合うと思う。ローズの香りが欲しいけどフェミニンな香りは苦手、でもスパイシーなローズは飽きた、という方にはオススメ。


トップ:ブラックカラント、グリーンノート
ミドル:メイローズ、ジャスミンサンバック
ベース:ホワイトムスク、シプリオルオイル
調香師は、アルベルト・モリヤス。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

新真昼さんのクチコミをもっとみる

キリアンについて

メーカー関係者の皆様へ

より多くの方に商品やブランドの魅力を伝えるために、情報掲載を希望されるメーカー様はぜひこちらをご覧ください。詳細はこちら

ア キス フロム ア ローズ オード パルファムページの先頭へ