ELLA K / ベゼドフローレンス 口コミ

アットコスメ > ELLA K > ベゼドフローレンス > 口コミ一覧 > doggyhonzawaさんの口コミ

クチコミ

クチコミ1件中 1件目を表示

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにお気に入り登録されています認証済

4購入品

2022/7/16 07:36:11

その大聖堂は、600年の時を紡ぎ、多くの建築家と美術工芸家の手によって完成した。

イタリアの至宝、街全体が巨大な屋根のない美術館ともいうべきフィレンツェ。その中心にある巨大なドーム屋根、世界最大の石積みクーポラをもつ大聖堂。それがサンタマリア・デル・フィオーレだ。

エラ・ケイの香水、ベゼドフローレンスの香りを嗅いでいると、この「花のマリア大聖堂」の荘厳な威容、そして美しきテラコッタオレンジのフィレンツェの街並が目の前に浮かぶ。

べゼ・ド・フローレンス。それは「フィレンツェのキス」の意。調香師として香料会社ジボダンに勤務しつつ、自身のブランド、エラ・ケイを興したソニア・コンスタンがこの香水に描いた旅の風景は、大聖堂をいだくフィレンツェの街並、そして昔からトスカーナ地方に自生し、数多くの香水の原料となってきたアイリス(ニオイアヤメ)が咲き乱れる姿だ。2018年に彼女が来日した際にも、この香水の色イメージはうす紫のアイリスと語っている。

歴史と文化が色濃く残る街フィレンツェ、そしてフィレンツェを代表する花アイリス。この2つにインスパイアされたベゼドフローレンスとは、どんな香りだろうか?

べゼドフローレンスを肌にのせる。その瞬間、まず立ち上ってくるのは、ドライなインセンスのベース香だ。と言っても日本の線香のような感じではない。まさに教会のエントランスをくぐり、うす暗く天上の高い身廊を歩き始めたときにどこからともなく香ってくるミステリアスな乳香の煙だ。すぐさまその上から少しくぐもった酸味のある樹脂香が広がってくる。これはミルラの香りだ。どちらも神の子イエスが誕生した際に東方の3賢者から贈られた品。まさにカトリック教会の大聖堂を思わせる香り。この2つが二重唱しながら広がってくるトップ。ドライかつバルサミックなオープニング。

2分もすると、ミルラのこんもりした酸味はややうすらぎ、乳香のスパイシーなエッジが立ってくる。さらに、乾いたお香の下からほんのりパウダリーな香りが立ち上ってくる。少し粉っぽくて、わずかに菫のメランコリックな気配を感じさせるアイリスの香りだ。割合でいうと、インセンス:アイリス=7:3くらい。そしてこのバランスを保ったまま、ミドルとなって香りが落ち着いてゆく。

持続時間は3〜5時間ほど。ラストはヘリオトロープの黄色い花粉系パウダリー感やヴァニラ感を醸し出しながらドライダウン。全体にオードパルファムにしては香り立ちが柔らかく、インセンス香もきつくはない。ただ、ミドルでフローラルがほぼ感じられないので、昨今のフルーティー香に慣れた日本の若い女性にはやや敬遠されるタイプの香りかもしれない。

ソニア自身のインタビューやブランドの紹介文を見ると、この香水には、夫婦でフィレンツェを訪れたソニアが、ご主人の粋な計らいで一面紫のアイリス畑を見せてもらったときの感動や、その際2人が感じた「永遠の愛」に対する思いが描かれているようだ。フィレンツェのキス。まさにそういう特別プライヴェートな時間から生まれた香りだったのだろう。

そのせいだろうか。

2021年秋、残念ながらこのベゼドフローレンスは廃番となってしまった。2人の特別な香りだからなのか、香料調達の関係なのか、はたまたセールス的な影響かはわからない。ただ、永遠の愛を謳った作品がなくなってしまったことはとても淋しい。ネットではまだいくらか買えるかもしれない。70mlボトル税込28600円。

永遠とは、一瞬一瞬の長い長い積み重ねだ。大聖堂は、人生の全てをかけて建築、細工、装飾を作り続けた人々が、何百年にもわたって悩みと焦りと不屈の闘志をリレーし続けて生まれた魂の集合建築体だ。ケン・フォレットの群像歴史小説「大聖堂」は、そうした事実をこれでもかとたたみかけてくる、人生でも10本の指に入るほど読み応えがあるすばらしい小説だった。

サンタマリア・デル・フィオーレ大聖堂は、何百年も未完成だった正面ファサードのデザインと建築が終了して完成したとき、600年という時間がたっていた。その完成の歓喜の一瞬のために、どれだけ多くの職人が命を削ってきたことだろう。どれだけ多くの大司祭が祈りを捧げたことだろう。

人は「一瞬」という時間の中に、永遠を感じることもあるのだ。

何百年にもわたって美の創造を重ね、進化し続けて完成した大聖堂。その壮大な時間を感じさせるインセンスの匂い。そして、郊外に広がる紫一面のアイリスの花畑から採れた根茎を何年も寝かせることで生まれる、魔法のように美しいパウダリー香。

今 この2つの香りが重なり合い、1つになる。

ベゼドフローレンス。そのキスは600年の時を越える。

  • フィレンツェと大聖堂 by doggyhonzawaさん
  • ベゼドフローレンス by doggyhonzawaさん
使用した商品
  • 現品
  • 購入品

doggyhonzawaさんのクチコミをもっとみる

ELLA Kについて

メーカー関係者の皆様へ

より多くの方に商品やブランドの魅力を伝えるために、情報掲載を希望されるメーカー様はぜひこちらをご覧ください。詳細はこちら

ベゼドフローレンスページの先頭へ